Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.10.01

AMERICAN BOOKS カリフォルニアを巡る物語 Vol.46
『ビッグ・サーとヒエロニムス・ボスのオレンジ』×ビッグ・サー

LAとサンフランシスコのちょうど中間の沿岸に位置するビッグ・サー。開拓や産業化からあえて距離をおいた、辺境ともいっていいこの土地でヘンリー・ミラーが産んだ文章や哲学は輝きを帯び、今でもその精神はこの地に息づいている。旅とはなにか。衣食住の本質とはなにか? ミラーのまっすぐな物言いが旅人の琴線に触れる。風光明媚な町と美しい大自然の魅力に浸りながら、ミラーのライフスタイルを堪能してみたい!



美しいビッグ・サーの記憶と
“暮らし方の神髄”が染み渡る1冊!


ビッグ・サーはLAとサンフランシスコのちょうど中間に位置する風光明媚な町。ネイティブアメリカンの聖地でもあり、スペイン語でもともと“大きな南”を意味するが、“偉大なる南”と意訳しても差し支えないだろう。本書は、このビッグ・サーに残る美しさに魅了され、1944年から'62年まで彼の地で暮らした作家ヘンリー・ミラーが、その生活をユーモアと風刺たっぷりに克明に描き、'57年に発表したものだ。

まず興味深いのは、対にして語られることの多い彼の代表的作品『北回帰線』と『南回帰線』では、自らの漂流と放浪、あるいは退廃と停滞を綴っていたミラーだが、ここではビッグ・サーに定住し、その喜びを見出していることだ。当時の西海岸は世界的な産業化・消費社会へと邁進する真っただ中。さらにはビッグ・サーの200マイル先には消費社会の象徴であるハリウッドが鎮座する。それにもかかわらず、当時のビッグ・サー一帯はほとんどが原生地帯。'50年代初期にカリフォルニア電力グリッドが設立されるまで人々の多くは電力に頼らずに暮らしていたという逆行の地だ。

劇場もブティックも気の効いたカフェもない。だからこそ、「教訓的な、豊かで充実した一つの世界がある」と作中に書き残したように、ここで彼とその家族は多くのものを得た。たとえば仲間だ。この作品が内省的ではある半面、決して封建的ではない理由に、彼ら多くの風変わりな友人の存在がある。行間からはミラーが彼らに抱く呆れや、彼ら自身の持つねじれや狂気が散見されるが、しかしそれよりも大きな愛でミラーが彼らを包む。なによりも、ミラーがここに落ち着いた理由は、ビッグ・サーの原風景が彼らにもたらす“平和と孤独”にある。

パシフィック・コースト・ハイウェイから望む切り立った断崖絶壁とその周辺に立ち上る霧が織りなす幻想的な景観、年に数度、遊びに来るコククジラの姿、ビーチに咲き狂うカリフォルニアポピー……。ビッグ・サーをここまで詳細かつ詩的に綴った本がほかにあるだろうか? また、ジャック・ケルアックやリチャード・ブローティガンらの作家もこの町に魅せられ、土着したその精神はビートジェネレーションやヒッピーカルチャーへと姿を変え、連綿と伝わっていく。本書はこの偉大な南のバイブルであり、旅情を誘う極上の啓蒙書であることに疑いの余地はないだろう。

この猛暑でエアコンに睡眠を助けてもらった方も多いだろう。便利で快適だ。しかしそれは文明に保障されたかりそめの生活であることも確か。ある種の自由や楽しみを失っている可能性もある。「問題は、ぼくらはどこへ行きたいのか? である」

ミラーは我々にそう問う。理想郷や楽園論についての思考を促す作品としての機能が、またロングセラーとして長く読まれているゆえんでもある。

Information

●『ビッグ・サーとヒエロニムス・ボスのオレンジ』
ヘンリー・ミラー 著 田中西二郎 訳 文遊社 2800円

雑誌『Safari』11月号  P337掲載

文=竹田聡一郎 text : Soichiro Takeda
〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!
PR
2018.10.05

〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!
大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!

LA流スポーツミックスにトライしたいと思っても、“それって運動着!?”な〜んて突っこまれるのが怖くてなかなか着られない。そんな人、意外と多いのではないだろうか。でも、ご安心を。〈アンブロ〉のスタイリッシュな白黒アイテムを取り入れれば、大人…

TAGS:   Fashion
〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!
PR
2018.10.04

〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!
スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!

9月22日からはじまった〈マリン アンド ウォーク〉のイベント、“カリフォルニアウィーク”。今年創刊15周年を迎えた雑誌『Safari』の特別企画として、ファッションスタイリングショーやスペシャルゲストが登場するトークショー、〈フェンダー…

TAGS:   Fashion
Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?
PR
2018.09.22

Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画
特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?

【Sponsored by Audi Japan】 「プレミアム」それは特別な時間であり、上質な体験を表現した言葉と言えようか。そんなプレミアムを知り尽くした日本のメンズライフスタイル誌3誌の編集長がThe new Audi A7 Spo…

TAGS:   Cars Lifestyle
〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!
PR
2018.09.22

〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!
大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!

なにげないカジュアルの着こなしに、大人らしい品格をもたらすのが靴やバッグ。しっかりとしたクオリティがあって、洗練されたデザインを選びたいけど、重厚で 堅苦しいのも避けたいところ。そんなときにぴったりなのが、イタリア発の〈トッズ〉。大人に…

TAGS:   Fashion
〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!
PR
2018.09.22

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシック…

TAGS:   Watches
〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!
PR
2018.09.25

〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!
大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!

アウトドアテイストのアイテムは男らしくアクティブな雰囲気を出せ、男の週末スタイルに最適だけど、ともするとワイルドすぎて洗練した雰囲気に欠けるのが難点。でも、〈トミー ヒルフィガー〉の新作は、男らしさがありながらモダンにアレンジしたアイテム…

TAGS:   Fashion
特集 カリフォルニアLAカジュアルを着て、LAを歩く。
PR
2018.09.22

特集 カリフォルニア
LAカジュアルを着て、LAを歩く。

『Safari』読者であれば、だれもがこの響きに憧れるはず。もう何度も現地を旅したという人も多いかもだけど、LAは本当に広く、やりたいこともいっぱい。そこで、『Safari』創刊15周年を記念して、現地取材を敢行!西海岸らしさ溢れるものづ…

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!
PR
2018.09.22

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!
大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!

秋アウターの主力になってくれるのは、街に映えるスマートさがあって、なおかつ大人ならではのヒネリが効いた1着。ブリティッシュトラッドをベースにした〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉なら、そんなアイテムが豊富に揃う。都会の洗練された空気を…

TAGS:   Fashion
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!
PR
2018.09.22

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!
欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!

カジュアル好きにとって普遍の定番アイテムである、デニム。とはいえ、定番がゆえに人と差をつけにくいという一面も。そこで頼れるのが〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉のデニムパンツ。ほかにはないシルエットやディテールのこだわりが満載で、自分ら…

TAGS:   Fashion Denim
週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!
PR
2018.09.25

週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!
ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!

何着持っていてもつい新作に手が伸びてしまうのは、ダウンジャケならではの魔力!? 今季も様々なダウンが登場しているが、アップデイトするなら小僧に見えない1着を狙うべき。ならば、〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注したダウンに注目。上質ウール…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16

ページトップへ