Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.10.01

AMERICAN BOOKS カリフォルニアを巡る物語 Vol.46
『ビッグ・サーとヒエロニムス・ボスのオレンジ』×ビッグ・サー

LAとサンフランシスコのちょうど中間の沿岸に位置するビッグ・サー。開拓や産業化からあえて距離をおいた、辺境ともいっていいこの土地でヘンリー・ミラーが産んだ文章や哲学は輝きを帯び、今でもその精神はこの地に息づいている。旅とはなにか。衣食住の本質とはなにか? ミラーのまっすぐな物言いが旅人の琴線に触れる。風光明媚な町と美しい大自然の魅力に浸りながら、ミラーのライフスタイルを堪能してみたい!



美しいビッグ・サーの記憶と
“暮らし方の神髄”が染み渡る1冊!


ビッグ・サーはLAとサンフランシスコのちょうど中間に位置する風光明媚な町。ネイティブアメリカンの聖地でもあり、スペイン語でもともと“大きな南”を意味するが、“偉大なる南”と意訳しても差し支えないだろう。本書は、このビッグ・サーに残る美しさに魅了され、1944年から'62年まで彼の地で暮らした作家ヘンリー・ミラーが、その生活をユーモアと風刺たっぷりに克明に描き、'57年に発表したものだ。

まず興味深いのは、対にして語られることの多い彼の代表的作品『北回帰線』と『南回帰線』では、自らの漂流と放浪、あるいは退廃と停滞を綴っていたミラーだが、ここではビッグ・サーに定住し、その喜びを見出していることだ。当時の西海岸は世界的な産業化・消費社会へと邁進する真っただ中。さらにはビッグ・サーの200マイル先には消費社会の象徴であるハリウッドが鎮座する。それにもかかわらず、当時のビッグ・サー一帯はほとんどが原生地帯。'50年代初期にカリフォルニア電力グリッドが設立されるまで人々の多くは電力に頼らずに暮らしていたという逆行の地だ。

劇場もブティックも気の効いたカフェもない。だからこそ、「教訓的な、豊かで充実した一つの世界がある」と作中に書き残したように、ここで彼とその家族は多くのものを得た。たとえば仲間だ。この作品が内省的ではある半面、決して封建的ではない理由に、彼ら多くの風変わりな友人の存在がある。行間からはミラーが彼らに抱く呆れや、彼ら自身の持つねじれや狂気が散見されるが、しかしそれよりも大きな愛でミラーが彼らを包む。なによりも、ミラーがここに落ち着いた理由は、ビッグ・サーの原風景が彼らにもたらす“平和と孤独”にある。

パシフィック・コースト・ハイウェイから望む切り立った断崖絶壁とその周辺に立ち上る霧が織りなす幻想的な景観、年に数度、遊びに来るコククジラの姿、ビーチに咲き狂うカリフォルニアポピー……。ビッグ・サーをここまで詳細かつ詩的に綴った本がほかにあるだろうか? また、ジャック・ケルアックやリチャード・ブローティガンらの作家もこの町に魅せられ、土着したその精神はビートジェネレーションやヒッピーカルチャーへと姿を変え、連綿と伝わっていく。本書はこの偉大な南のバイブルであり、旅情を誘う極上の啓蒙書であることに疑いの余地はないだろう。

この猛暑でエアコンに睡眠を助けてもらった方も多いだろう。便利で快適だ。しかしそれは文明に保障されたかりそめの生活であることも確か。ある種の自由や楽しみを失っている可能性もある。「問題は、ぼくらはどこへ行きたいのか? である」

ミラーは我々にそう問う。理想郷や楽園論についての思考を促す作品としての機能が、またロングセラーとして長く読まれているゆえんでもある。

Information

●『ビッグ・サーとヒエロニムス・ボスのオレンジ』
ヘンリー・ミラー 著 田中西二郎 訳 文遊社 2800円

雑誌『Safari』11月号  P337掲載

文=竹田聡一郎 text : Soichiro Takeda
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ