Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.09.25

セレブにズームイン!
デンゼル・ワシントン:「観客を楽しませてあげられる映画だ」 

30年以上のキャリアを持つデンゼル・ワシントンは、これまで一度も続編に出たことがない。「意図的じゃないよ。お願いされたことがなかっただけ。あるいは、意味がないと感じたか」と言うワシントンだが、『イコライザー2』には、その意味を見出したようだ。

2014年の1作め同様、監督はアントワン・フークア。今作には、ロバート・マッコール(ワシントン)が面倒を見る若者の役で、『ムーンライト』のアシュトン・サンダースが出演する。フークアによると、カメラの裏でも、ワシントンはしっかりとサンダースの世話をしてあげていたそうだ。



−今作も、アクションがたっぷりですが、ハリウッドにはすでにボンドやジェイソン・ボーン、リーアム・ニーソン演じる様々なアクションヒーローがいますよね。マッコールはどこが違うと思いますか?

わからないな。そういうのは、それらの映画を全部観た人に聞くべきじゃないかな。僕はそれらを全部は観ていない。それに、僕はキャラクターをそんなふうには見ない。比較して考えないんだ。僕は、この映画を、アントワン(・フークア)風のよい映画だと感じた。観客を楽しませてあげられる映画だともね。

−今作ではアシュトン・サンダースの指導者のような役割を果たしますが、あなた自身も若い俳優によくアドバイスをあげるのでしょうか?

僕は、実際に手本を示すようにしている。でも現場で僕の仕事は演技をすることで、指導することではない。聞かれたら答えるけどね。出し惜しみはしないよ。だけど、そのためにいるわけではない。

−若い俳優といえば、最近はあなたの長男ジョン・デビッド・ワシントンが、大活躍していますね。デンゼル・ワシントンの息子ということで、彼はどんなプレッシャーがあったと思いますか?

それは彼に聞いてもらわないとね。だけど、ひとつ僕らがやったのは、目立たないようにしたこと。この業界に彼が入った最初の1、2年、誰も彼が僕の息子だと知らなかったんだよ。彼は、そうしたかったんだ。自分で成功を収めるために。父としてもそれは賛成だよ。息子が「俺は1人でやってみる」と言ったら、父は「それはいい。俺もそれを望む」と言うよ。

−多様性がプッシュされる今、彼にとっては、あなたが出てきた頃より状況は楽だと思いますか?

もっとチャンスはあると思う。ただ、チャンスがあるから楽だとは限らないよね。その役を取らないといけないし、取れたら、今度はいい仕事をやってみせないといけない。それは逆にプレッシャーになるかもしれない。チャンスをもらったなら、ちゃんと結果を出してみせないといけないんだよ。



<プロフィール>
デンゼル・ワシントン:1954年生まれ。ニューヨーク出身。舞台俳優としてデビューし、‘90年『グローリー』でアカデミー賞助演男優賞を獲得。’01年には『トレーニングデイ』で、アカデミー賞主演男優賞に輝いた名優。
 

NEXT 最新作はこちらの『イコライザー2』

2/2PAGE

 
最新作はこちらの『イコライザー2』



元CIAエージェントで、世の裁けない悪人を19秒で抹殺していく“イコライザー”。そんな一面を持つロバート・マッコールの活躍を描いた’14年『イコライザー』。その続編となる今回では、CIA時代の上司が殺害される事件が発生。独自に調査するマッコールは、身内であるCIAが関与していることに気づく。10月5日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

文=猿渡由紀 text:Yuki Saruwatari
photo by AFLO
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ