Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.10.05

ビジネスエリートの愛する万年筆! Vol.45
言葉のディテールにこだわれるのが万年筆のよさ! 電子メールでは伝わらない 温もりある“思い”が届けられる!

ヨーロッパ、南アメリカ、アジアの3地域で総支配人を歴任してきた〈ANAインターコンチネンタルホテル東京〉総支配人のミシェル・シェルトー。30年におよぶホテリエとしてのキャリアは、〈インターコンチネンタル ホテルズ グループ〉一筋だが、愛用している万年筆も15年間同じものを使い続けているという。そんなふうに自分との“繋がり”や信頼関係を大切にするミシェルと万年筆との素敵な関係とは?

ミシェル・シェルトー
[ANAインターコンチネンタルホテル東京総支配人]

PROFILE
フランス出身。〈インターコンチネンタル ホテルズ グループ〉でキャリアをスタートし、2001年7月に〈インターコンチネンタル サンパウロ〉の総支配人に就任。’06年1月~ ’08年6月にはスペインの〈インターコンチネンタル マールメノール〉の総支配人となり、ヨーロッパ、南アメリカ、アジアの主要3エリアで総支配人経験を積む。’17年8月から現職。東京・沖縄を担当するリージョナル総支配人としても活躍中だ。


最愛の人への手紙

イソベさまへ

おかえりなさいませ。
〈ANAインターコンチネンタルホテル東京〉をご愛顧賜り、ありがとうございます。
素敵な滞在のひとときとなりますように

̶ミシェル


親友からの贈りものを15年も愛用中!

「幼少期の万年筆の思い出ですか? 少しほろ苦い記憶がありますね」

そう話すのが〈ANAインターコンチネンタルホテル東京〉総支配人のミシェル・シェルトー。彼が万年筆にはじめて触れたのは4歳のとき。生まれ育ったフランスでは、文字の書き方を学ぶ授業の一環として自然に使いはじめたという。

「私は左利きなので、インクが乾く前に書いた文字に手の甲や袖口が触れてしまい、苦労しました。汚さずに書けるまで長い時間がかかり、フラストレーションが溜まりました。そのせいもあって、万年筆には苦い思い出があるんです」

ミシェルが、日常的に万年筆を使いはじめたのは、ブラジルに滞在していた15年ほど前のこと。今でも親友関係が続いている当時の同僚から、総支配人就任のお祝いとしてプレゼントされたのがきっかけだという。祝ってくれた同僚の気持ちが嬉しくて使いはじめたが、そのおかげで幼い頃には気づいていなかった万年筆の魅力を発見できたという。

「万年筆は、決して早さを求めるための道具ではありません。キーボードを叩くときとは違い、言葉選びや個々の言葉にこめる思いといったディテールにこだわるようになります。だから、メールのような素早さを重視した文章では伝わらない気持ちが伝わる。そんな気がします」

ミシェルは、15年前に同僚からもらった万年筆を現在も愛用中だ。

「ほかにも自分で何本かの万年筆を買ってはみましたが、やはり自分との繋がりの深さを感じるこの万年筆が一番気に入っていて、手に取ってしまいますね」

ミシェルの万年筆に対する思いを聞いていると、彼自身が“繋がり”を大切にしていることが伝わってくる。

「万年筆は、主にゲストや親しい友人にメッセージを贈るときなどに使いますが、実際に書くときは、自分が伝えたいことだけでなく、その言葉を受け取る相手の気持ちも深く考えるようになります」

万年筆を手に取ることで、他人のことをおもんばかる時間を作れる。それが、ミシェルが万年筆に抱くかけがえのない魅力のひとつになっているようだ。


愛用の万年筆
モデル名不明
/ペドロ デュラン




ペン運びを安定させる
適度な重みとミニマルな
デザインがお気に入り!


マドリードを拠点に、良質なシルバー製品を生産しているスペインブランドが手掛けた万年筆。シャフトに走るアール・デコ調の装飾が特徴的で、しっかりとした重みが筆致に安定感をもたらしてくれるという。クリップには、ミシェルの名前がフルネームで刻印され、それがまた特別な愛着を抱かせる理由のひとつになっているんだとか

Vゾーンと手元のお洒落に
さりげない統一感を!


万年筆を握る手元からは、優しげな配色のカフリンクスもちらり。よく見るとネクタイの色と統一されていて、こうした部分にも細やかな配慮が行き届いている。ポケットチーフには必要以上に色は使わず白が基本で、清潔感のある“TVフォールド”で挿すのが好み。ちなみに時計は〈ブライトリング〉を愛用中

机上のステーショナリーも
思い入れのあるものを使用!


名刺入れやペン立てといったデスクまわりの書斎用小物は、すべてブラジルを代表するハイジュエリーブランド〈H.スターン〉のもので統一。リオデジャネイロでの支配人時代にホテル内での出店に立ち会い、その記念にブランドの創業者から直接いただいたものを今でも大切に使い続けている。


COMPANY DATA


ANA INTERCONTINENTAL TOKYO[ANAインターコンチネンタルホテル東京]
最高水準のサービスを提供するホテル

ラグジュアリーステイを求める国内外のVIPから指名される名門ホテル。昨年10月、高層階の4フロアを改装し、最高級の客室“クラブインターコンチネンタルルーム”が誕生。“金継ぎ”をイメージしたくつろぎの空間で、多彩な滞在特典とともに極上のステイを提供。

Information

雑誌Safari11月号  P342・343掲載

写真=川上 守 文=遠藤 匠
photo : Mamoru Kawakami text : Takumi Endo
〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!
PR
2018.10.05

〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!
大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!

LA流スポーツミックスにトライしたいと思っても、“それって運動着!?”な〜んて突っこまれるのが怖くてなかなか着られない。そんな人、意外と多いのではないだろうか。でも、ご安心を。〈アンブロ〉のスタイリッシュな白黒アイテムを取り入れれば、大人…

TAGS:   Fashion
〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!
PR
2018.10.04

〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!
スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!

9月22日からはじまった〈マリン アンド ウォーク〉のイベント、“カリフォルニアウィーク”。今年創刊15周年を迎えた雑誌『Safari』の特別企画として、ファッションスタイリングショーやスペシャルゲストが登場するトークショー、〈フェンダー…

TAGS:   Fashion
Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?
PR
2018.09.22

Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画
特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?

【Sponsored by Audi Japan】 「プレミアム」それは特別な時間であり、上質な体験を表現した言葉と言えようか。そんなプレミアムを知り尽くした日本のメンズライフスタイル誌3誌の編集長がThe new Audi A7 Spo…

TAGS:   Cars Lifestyle
〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!
PR
2018.09.22

〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!
大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!

なにげないカジュアルの着こなしに、大人らしい品格をもたらすのが靴やバッグ。しっかりとしたクオリティがあって、洗練されたデザインを選びたいけど、重厚で 堅苦しいのも避けたいところ。そんなときにぴったりなのが、イタリア発の〈トッズ〉。大人に…

TAGS:   Fashion
〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!
PR
2018.09.22

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシック…

TAGS:   Watches
〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!
PR
2018.09.25

〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!
大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!

アウトドアテイストのアイテムは男らしくアクティブな雰囲気を出せ、男の週末スタイルに最適だけど、ともするとワイルドすぎて洗練した雰囲気に欠けるのが難点。でも、〈トミー ヒルフィガー〉の新作は、男らしさがありながらモダンにアレンジしたアイテム…

TAGS:   Fashion
特集 カリフォルニアLAカジュアルを着て、LAを歩く。
PR
2018.09.22

特集 カリフォルニア
LAカジュアルを着て、LAを歩く。

『Safari』読者であれば、だれもがこの響きに憧れるはず。もう何度も現地を旅したという人も多いかもだけど、LAは本当に広く、やりたいこともいっぱい。そこで、『Safari』創刊15周年を記念して、現地取材を敢行!西海岸らしさ溢れるものづ…

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!
PR
2018.09.22

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!
大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!

秋アウターの主力になってくれるのは、街に映えるスマートさがあって、なおかつ大人ならではのヒネリが効いた1着。ブリティッシュトラッドをベースにした〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉なら、そんなアイテムが豊富に揃う。都会の洗練された空気を…

TAGS:   Fashion
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!
PR
2018.09.22

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!
欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!

カジュアル好きにとって普遍の定番アイテムである、デニム。とはいえ、定番がゆえに人と差をつけにくいという一面も。そこで頼れるのが〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉のデニムパンツ。ほかにはないシルエットやディテールのこだわりが満載で、自分ら…

TAGS:   Fashion Denim
週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!
PR
2018.09.25

週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!
ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!

何着持っていてもつい新作に手が伸びてしまうのは、ダウンジャケならではの魔力!? 今季も様々なダウンが登場しているが、アップデイトするなら小僧に見えない1着を狙うべき。ならば、〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注したダウンに注目。上質ウール…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16

ページトップへ