Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.10.26

今週末は、この映画にムネアツ!
『search/サーチ』『バグダッド・スキャンダル』

物語がPC画面の中で進行する新感覚映画『search/サーチ』と、ブレイク間近の若手スター、テオ・ジェームズ主演の『バグダッド・スキャンダル』をピックアップ!

物語で選ぶ編
『search/サーチ』

ムネアツなポイントは?
全編PC画面で進む新感覚スリラー!
高校生の娘の知られざる日常が明らかに!
冴えわたる脚本に思わず唸る!
自分のPCで事件を見守っている感覚に陥る!

これまでも映画は数多くのチャレンジで、新たなスタイルを完成させてきたが、今作も映画を革新する一作である。なんと全編がPCの画面(一部スマホ画面)だけで展開していくのだ! そう聞くと、なんだか“安易”なイメージも伴うが、このチャレンジは見事に成功。予想を上回る感覚を届けてくれる。
 

NEXT 高校生の娘が消息を断つ

2/11PAGE


高校生の娘が消息を断つ

妻を病気で亡くし、シングルファーザーとして高校生の娘を育てる主人公のデビッド。父娘の関係は微妙なのだが、ある日、“クラスメートの家に泊まって勉強する”とメッセージを残し、娘の消息が途絶えてしまう。デビッドは警察にも連絡し、必死にその行方を探すが、やがて父親でも知らなかった娘の日常が明らかになっていく。
 

NEXT 練られたストーリーに唸る!

3/11PAGE


練られたストーリーに唸る!

“PC画面のみ”というスタイルだけでなく、この失踪事件を描くストーリー自体もよく練られている。その点が今作の大きな魅力だ。父と娘の微妙な心の距離、妻を亡くした悲しみ、疑惑がかけられる人たちの怪しい言動、そして娘の秘密……。それぞれの要素が巧みに絡み合って、驚きのクライマックスを導いていく。普通の映画と同じように“実景”で撮っていたとしても、サスペンスのハラハラ感は満点だったはず。脚本自体が冴えわたっているのだ。
 

NEXT 自分のPCで事件を見守っている感覚になる!

4/11PAGE


自分のPCで事件を見守っている感覚になる!

とはいえ、やはり見どころはPC内での展開。亡き妻のPCに残された思い出の画像や動画にはじまり、父娘それぞれのSNSでのやりとりや過去の履歴、ビデオチャットによる外部との連絡、さらに監視カメラやPCで見るニュース。YouTubeの動画までを状況によってあざやかに駆使し、観客を自分のPCで事件を見守っている感覚に陥らせる。父親が娘のSNSのパスワードを推理する過程などは、PC画面ゆえの緊迫感とテンションが満点。買物から銀行振込み、外部との連絡など、あらゆる日常生活がネットで可能になっていき、映画もPC内で成立してしまう……。そんな現代社会への強烈な皮肉も今作で感じるかもしれない。
 

NEXT サンダンス映画祭で注目を浴びた作品

5/11PAGE


サンダンス映画祭で注目を浴びた作品

監督を務めたのは、27歳のインド系アメリカ人のアニーシュ・チャガンティ。初の長編となる今作でサンダンス映画祭観客賞を受賞したうえ、すでに公開されたアメリカでも予想以上のヒットを記録。一気にハリウッド期待の新星となった。デビッド役は『スター・トレック』シリーズで知られる韓国系アメリカ人のジョン・チョウ。2018年、ハリウッドのトレンドである“アジア系”の勢いを加速させる一作でもある。
 

NEXT 予告編はコチラ

6/11PAGE

 



『seach/サーチ』
監督・脚本/アニューシュ・チャガンティ 出演/ジョン・チョー、デブラ・メッシング、ミシェル・ラー、ジョセフ・リー 配給/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2018年/アメリカ/上映時間102分

10月26日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
 

NEXT 『バグダッド・スキャンダル』

7/11PAGE


セレブで選ぶ編
『バグダッド・スキャンダル』

ムネアツなポイントは?
ブレイク間近なスター、テオ・ジェームズ
演劇学校で学んだ確かな表現力!
本作で骨太な魅力も加わった!
実際の国連汚職事件を描く社会派サスペンス

テオ・ジェームズと聞いて、ピンとくる人は『Safari Online』読者には少ないかもしれない。彼を一躍有名にしたのは、ティーン向けベストセラー小説を映画化した『ダイバージェント』シリーズだからだ。ヒロインを指導する役柄で、世界的に注目を浴び、2015年には〈ヒューゴ・ボス〉のフレグランスのアンバサダーを務めるほどに。エキゾチックな雰囲気を持つ2枚目は、近い将来、ブレイクしそうな気配を感じずにはいられない。
 

NEXT 演劇学校で演技を学ぶ

8/11PAGE


演劇学校で演技を学ぶ

イギリス生まれのテオは、大学で舞台や短編映画の制作に携わったことで、プロの俳優を目指すように。その後、ブリストル・オールド・ヴィック演劇学校に入学し、本格的に演技指導を受けた。この学校はダニエル・デイ=ルイス、ジェレミー・アイアンズらを輩出した名門。在学中、ウディ・アレンの『恋のロンドン狂騒曲』に出演し、映画デビューを飾っているが、そのスター性は巨匠の折り紙つきというわけだ。
 

NEXT 本来のスマートさに、骨太な魅力が加わった!

9/11PAGE


本来のスマートさに、骨太な魅力が加わった!

そんな彼の魅力といえば、スマートさ。スタイルもシャープで、どちからといえば王子様キャラ。そこに武骨さを補完してくれるのが本作の役どころだ。未曾有の汚職事件を解き明かしていく国連職員役で、正義のために立ち上がる様は男性からも共感を得るに違いない。
 

NEXT 実際の事件を描く社会派サスペンス

10/11PAGE


実際の事件を描く社会派サスペンス

物語は、2000年初頭のイラクが舞台。経済制裁により苦しむイラク国民を助けるため、国連による食料配給計画が実施される。しかし、その裏では汚職がはびこっていて……。実際に起こった国連スキャンダルを描くもので、その内容を知るだけでも驚きの一言。ベテラン俳優ベン・キングズレーが、十八番の憎まれ役を好演している。
 

NEXT 予告編はコチラ

11/11PAGE




『バグダッド・スキャンダル』
原作/マイケル・スーサン 監督・脚本/ペール・フライ 出演/テオ・ジェームズ、ベン・キングズレー、ジャクリーン・ビセット 配給/アンプラグド
2018年/デンマーク、カナダ、アメリカ/上映時間106分

11月3日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED. 

文=斉藤博昭(『seach/サーチ』) text:Hiroaki Saito
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ