Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.10.29

AMERICAN BOOKS カリフォルニアを巡る物語 Vol.47
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 × サンフランシスコ

ちょうど50年前に発表されたSFの金字塔。映画『ブレードランナー』の原作ではあるが、物語は映画よりもかなり内省的で哲学的だ。バウンティ・ハンターのリック・デッカードの恐ろしく長く、示唆に富んだ1日は、読者に「自分はオリジナルか、そしてアイデンティティはどこにあるのか」と多くのものを突きつけてくる。核戦争後の地球の描写は、さもありなん。生命に対して異常なまでに執着する世界はそう遠くないのかもしれない。


人間とアンドロイドの違いとは、
人間らしさとはなんなのか考えさせる傑作


昨年、続編が公開され話題になった『ブレードランナー2049』の原点。そのキャッチコピーが、本作を最もポピュラーに彩るのだが、映画シリーズがSFアクションに分別されるなら、こちらの小説はSFヒューマンドラマに分類しても大きな齟齬はない。

もっとも、ヒューマンといっても物語を動かすのは人間よりもアンドロイドだ。舞台は最終世界大戦後、放射能灰に汚染され廃墟と化し、不安と鬱屈が覆う地球だ。生き残った人類の中には異星に安住の地を求め、移り住んだものも多い。

危険な労働の多くはアンドロイドが担うのだが、不法に逃亡してきたアンドロイドを処理するのが、主人公のバウンティ・ハンター、リック・デッカードだ。

彼らアンドロイドの中には自身を人間だと信じている個体も多い。思考や意見を持つ。食事もセックスもする。しかし、唯一、感情移入だけができない。そこをリックは「フォークト=カンプフ検査法」というテストで識別し、アンドロイドと判明すればレーザー銃で処分していく。荒廃した地球では電気羊に代表される人工のペットではなく、本物の動物を飼うことが最高のステイタスだ。リックは稼いだ賞金で牝の黒山羊を購入する一方で、オペラ歌手のアンドロイドを処分したことで迷いも生じる。「おれにはわからない。あれだけの才能が、どうしてわれわれの社会の障害になるわけがある? だが、問題は才能じゃない、と自分にいいきかせた。アンドロイドだってことが問題なんだ」

著者のフィリップ・K・ディックは作品の中で、しばしばアイデンティティについて触れる。リックの迷いもそこにある。人格があり、性欲がある。そしてアンドロイドは基本的に自衛以外では人間に脅威を与えない。だからこそ、アンドロイドの存在そのものが人間のアイデンティティをゆっくりと確実に蝕んでいく。

行間からはそのリスクが滲むが、一方でリックとは違うフェーズで懊悩を抱きながらこの世界を生き抜いているJ・R・イジドアは、アンドロイドたちと積極的に関わり友好関係を築こうと歩みよる。その差異は読者になにを問うのだろうか。

訳者あとがきで、ディックの「あなたがどんな姿をしていようと、あなたがどこの星で生まれようと、そんなことは関係ない」という談話が収録されている。レイシズムが世界的な問題である今、彼のこのセリフはもう一度、考えるべきではないだろうか。

余談だが、映画『ブレードランナー』の舞台モデルは来年、2019年11月のロサンゼルスだ。冒頭から幻想的で機械的、蠱惑的なビジュアルがあふれるが、本作を読了後、監督のリドリー・スコットと原作著者フィリップ・K・ディックの世界観、SF世界の2019年のロスと現実の2019年のロス、それぞれを改めて比較するのも、読者だけに許された特権のひとつだろう。

Information

●『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
フィリップ・K・ディック著 浅倉久志 訳 740円

雑誌Safari12月号 P271掲載

文=竹田聡一郎 text : Soichiro Takeda
〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!
PR
2018.10.25

〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!
品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!

軽くて暖かいのがダウンの利点だけど、一歩間違えると小僧っぽくなりがち。そんなダウンの弱点を克服した1着を〈ダンヒル〉で発見した! さすがラグジュアリーブランドだけあって品があるし、渋いカラーリングも絶妙。これなら大人らしいダウンスタイルが…

TAGS:   Fashion
〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!
PR
2018.10.25

〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!
アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!

現代の多様なライフスタイルをカバーしてくれる腕時計といえば、スマートウォッチ。とはいっても、変に現代的すぎるデザインでは大人にはちょっと気恥ずかしい !? そんな人には、〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作を。端正な顔立ちと高…

TAGS:   Fashion Watches
〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!
PR
2018.10.25

〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!
ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!

デニムの唯一の弱点ともいえるのが、寒さにそこまで強くないこと。毎日穿きたいけど、冬が近づくと敬遠しがち、なんて人も少なくない。そんなジレンマを解消するなら、〈ヤヌーク〉の新作はどう!? 裏起毛素材が毛布のようにカラダを温めてくれるので、寒…

TAGS:   Fashion Denim
素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!
PR
2018.10.25

素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!
大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!

男らしい反面、ガチすぎると近寄りがたい印象になる恐れもあるミリタリーアウター。でも、ご安心を。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作をまとえば、そんな不安要素なんて一瞬で吹き飛んでしまうから。素材や色使いのマジックで、男前かつとびき…

TAGS:   Fashion
波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!
PR
2018.10.26

波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!

波乗り男にとっては人の少ない冬こそ絶好のチャンス。でも、早朝の波チェックは想像以上に寒く、モチベーションも下がりがち。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉のダウンジャケにおまかせ。世界トップレベルの“河田フェザー”をたっぷり…

TAGS:   Fashion
〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉アピール上手な男は前も後ろも男前!
PR
2018.10.25

〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉
アピール上手な男は前も後ろも男前!

ペラペラと自慢話を語る軽薄な男はいただけないが、かといってムスッと黙っている男もそれはそれで古臭い。やっぱりさりげな~く自分らしさを語れるくらいが、 かっこいいよね。で、〈デウス エクス マキナ〉のアウターを。ご覧のとおり男らしい世界観…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!
PR
2018.10.25

〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!
週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!

いくらスマートウォッチが便利といっても、自分の見た目やファッションの世界観と合っていなければダメ。腕時計だけ浮いているのは問題外だ。で、ヴィンテージやデニム好きの本誌読者なら絶対合うのが〈ディーゼル〉のスマートウォッチ“フルガード2・5”…

TAGS:   Fashion Watches
オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?
PR
2018.10.25

オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!
二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?

デキる男ほどオフタイムは活動的。人生、仕事ばかりじゃ楽しくない。自分自身を解放できるオフタイムが充実してこそ、幸せが実感できるのでは? で、そんな考え方の人にうってつけなのが〈セイコー ガランテ〉の新作。上品さとは裏腹に、この時計は1日の…

TAGS:   Watches
週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!
PR
2018.10.25

週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!
爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!

小さなアイテムでありながら、着こなしのアクセントとして期待以上の効果を発揮するのが手元の“色”時計。それが遊び心たっぷりなデザインで存在感のあるデカ厚ケースだったら、まさに理想的。ならば、〈エンジェルクローバー〉の新作ソーラーを選べば間違…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ