Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.12.07

この映画にムネアツ!
『おとなの恋は、まわり道』『暁に祈れ』

1990年代のハリウッドを牽引したスター、キアヌ・リーヴスとウィノナ・ライダーが共演する、素直になれない大人の恋を描く『おとなの恋は、まわり道』と、地獄のような劣悪刑務所でムエタイを武器にサバイブする異色作『暁に祈れ』をピックアップ!

物語で選ぶ編①
『おとなの恋は、まわり道』

ムネアツなポイントは?
・今だから面白い! キアヌとウィノナの共演
・最悪な初対面! しかし次第に変わっていき……
・セリフがあるのは2人だけという巧みな演出!
・本音をぶつけ合う、そんな関係こそ理想!
・リゾート・ウェディングの舞台裏も楽しめる!
 

NEXT 今だから面白い! キアヌとウィノナの共演

2/14PAGE

 

今だから面白い! キアヌとウィノナの共演

キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーによる大人のラブストーリー。そう聞くと、ちょっと心がときめく人は多いかもしれない。現在52歳のキアヌも、47歳のウィノナも、それぞれ山あり谷ありの俳優人生を送りながら、どこかマイペースなところが好感度大。そんな彼らが4度めにして、初めてガッツリと共演したのが、この『おとなの恋は、まわり道』だ。
 

NEXT 最悪な初対面! しかし次第に変わっていき……

3/14PAGE


最悪な初対面! しかし次第に変わっていき……

リゾートでのウエディングに招待されたフランクとリンジー。ともに独身の彼らは、空港で初めて対面。すでに、ここから言い合いになって険悪ムードがプンプン。しかも小さな飛行機で隣同士の席。フランクは花婿の異父兄妹で、リンジーはその花婿の元婚約者だと発覚する。噛み合わない会話でさらに険悪なムードになるが、まさかの宿泊ホテルでの部屋や、パーティでの席も常に隣同士。ウエディングの週末、ふたりの関係はどうなるのか……。
 

NEXT セリフがあるのは2人だけという巧みな演出!

4/14PAGE


セリフがあるのは2人だけという巧みな演出!

この映画、空港や飛行機、ホテルで周囲に人物はいるのだが、セリフがあるのが、なんと主人公2人だけ! 結婚するカップルはもちろん、まわりの人々はすべて“背景”になっている。あまり気乗りしないウエディングに出席することになった、独身の、しかもいい歳をした男と女が本音をぶつけ合い、そして一緒にいるうちに相手に惹かれてしまう感覚が、超リアルな会話で展開。どちらかの気持ちにどっぷりと感情移入してしまう、というわけだ。
 

NEXT 本音をぶつけ合う、そんな関係こそ理想!

5/14PAGE

 

本音をぶつけ合う、そんな関係こそ理想!

とにかくこの2人、性格に問題あり。思いこみが強く、恋愛に興味なし(と勝手に宣言)、しかも無駄な物に絶対にお金を使いたくないドケチなフランク。そして元婚約者の花婿に対してはもちろん、他人の悪口を言い出したら止まらないリンジー。こんな風に説明すると、最高にイヤミなキャラに思えるが、キアヌとウィノナが演じるとなぜか観ていて親近感が湧いてくるから不思議! お互いを毛嫌いしながらも、ふとした瞬間に相手にときめく感じを、彼らが実に繊細に表現しているのだ。
 

NEXT リゾート・ウェディングの舞台裏も楽しめる!

6/14PAGE


リゾート・ウェディングの舞台裏も楽しめる!

そしてこの映画は、リゾート・ウエディングの雰囲気を楽しむ、というポイントもある。飛行機も超小型のプロペラ機で、ホテルもめちゃくちゃ豪華というわけではない。結婚式はワイン用のブドウ畑の丘だったりする。しかし、そんなやけに癒される空間が、観ているこちらもロマンチックな気分へと誘われてしまう。というわけで、慌ただしい年末年始に、一息ついてホッコリしたい人にはおすすめ。もちろん、デートムービーとしても最適だ。
 

NEXT 予告編はコチラ

7/14PAGE

 



『おとなの恋は、まわり道』
監督・脚本/ヴィクター・レヴィン 出演/ウィノナ・ライダー、キアヌ・リーヴス 配給/ショウゲート
2018年/アメリカ/上映時間87分

12月7日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
 

NEXT 『暁に祈れ』

8/14PAGE

 
物語で選ぶ編②
『暁に祈れ』

ムネアツなポイントは?
・刑務所を舞台にしたバイオレンスな格闘作品
・収監された先は殺人が横行する地獄の一丁目!
・本物の監獄と全身タトゥーだらけの元囚人たち!
・地獄に放りこまれたかのような演出が凄まじい!
 

NEXT 刑務所を舞台にしたバイオレンスな格闘作品

9/14PAGE


刑務所を舞台にしたバイオレンスな格闘作品

“生き地獄”と呼ばれるタイの刑務所に収監された英国人ボクサーが、ムエタイでのし上がっていく様を描く本作。単なるアクション映画かと思ったら大間違い。凄まじくバイオレンスで、あまりにも獰猛な内容に、観る者は終始、圧倒されるに違いない。そして驚きなのが、この作品が自伝小説を基にした実録映画だということ! 観た後は、海外の刑務所には絶対に入るまいと強く願うはずだ!
 

NEXT 収監された先は殺人が横行する地獄の一丁目!

10/14PAGE


収監された先は殺人が横行する地獄の一丁目!

タイで麻薬に溺れた生活を送る英国人のボクサー、ビリー・ムーア。自堕落な生活は長くは続かず、警察に目をつけられ刑務所に収監されてしまう。そこは監房で平然とレイプや殺人が横行する生き地獄のような場所。言葉もわからないビリーは、囚人たちの格好のターゲットとなってしまう。日々を生き抜くことに精一杯だったある日、所内で編成されたムエタイチームの存在を知る。地獄から抜けるには自分の拳しかないと決意した彼は、チームへの参加を願い出る。
 

NEXT 本物の監獄と全身タトゥーだらけの元囚人たち!

11/14PAGE


本物の監獄と全身タトゥーだらけの元囚人たち!

撮影に使用した刑務所はバンコク近くにある実際の監獄。そして、全身タトゥーだらけの凶悪な囚人役には、元囚人たちを起用しているのだとか。しかも、驚きなのが全身にあるタトゥーは本物なんだとか! これは、「壁にある傷や、元囚人たちの目つき、肉体がリアルな物語を語ってくれる」という監督のこだわりによるもの。確かにこれが演出なら過剰な気もするけど、本物と聞くと鳥肌ものの怖さだ!
 

NEXT 地獄に放り込まれたかのような演出が凄まじい!

12/14PAGE


地獄に放り込まれたかのような演出が凄まじい!

演出も独特で、囚人たちが話すセリフには字幕がほとんど出てこない。つまり、ビリー同様、観客も彼らが何を言っているのかわからないわけ。その中で、殺人やリンチが次々と起こるので、観ているこちらも恐怖でパニックに陥ってしまうほど。主演のジョー・コールが肉体改造をして挑んだムエタイシーンも本格的で見応え十分。しかしながら、そこが霞むほど囚人たちのキャラが強烈! トラウマ級のインパクトに襲われるので、彼女との鑑賞には注意して!?
 

NEXT 予告編はコチラ

13/14PAGE

 



『暁に祈れ』
原作/ビリー・ムーア 監督・脚本/ジャン=ステファーヌ・ソヴェール 出演/ジョー・コール 配給/トランスフォーマー
2017年/フランス・イギリス/上映時間117分

12月8日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。
©2017-Meridian Entertainment-Senorita Films SAS

NEXT この映画、見逃していない?

14/14PAGE


映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!
●詐欺犯罪映画5選
●もしものための人質奪還映画5選
●思わず歌って踊りたくなるミュージカル映画5選

●権力に挑んだ男の映画5選
●理想の男の引き際映画5選!
●出発(想定)前に観るべきSF映画5選!
●麗しき師弟映画5選
●展開から目が離せない冒険映画5選
●監督の作風がよくわかる映画5選!
●食欲をそそるグルメ映画5選!
●男の生き様映画5選!
●西海岸の風を感じる映画5選!
●ソーカイで、ツーカイな旅映画5選!
●怖〜いホラー映画5選!

文=斉藤博昭(『おとなの恋は、まわり道』) text:Hiroaki Saito
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!
PR
2018.11.24

〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!
ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!

海風やビル風が寒くなると、アウターが手放せない。だからといって、インナーで手を抜くのはいただけない。真冬でもアウターを脱ぐシーンは多いし、インナーでアウターのよさを引き出すこともできる。そんなとき頼りになるのが、〈ヴァンズ〉のロゴスウェッ…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ