Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.12.14

今週末は、この映画にムネアツ!
『マイ・サンシャイン』『グリンチ』

ハル・ベリーとダニエル・クレイグが共演する疑似家族の物語『マイ・サンシャイン』と、『ミニオンズ』のイルミネーションが手がける最新作『グリンチ』をピックアップ!

物語で選ぶ編①
『マイ・サンシャイン』

ムネアツなポイントは?
LA暴動に翻弄される疑似家族たちの姿にグッとくる!
  

NEXT ハートウォーミングな映画が一転、骨太な作品に!

2/14PAGE

 

ハートウォーミングな映画が一転、骨太な作品に!

オスカー俳優ハル・ベリーが、家族と暮らせない子供たちを引き取り、LAサウスセントラルで貧しいながらも賑やかで楽しい毎日を過ごす物語。こう聞くと、ハートウォーミングな映画に思えるでしょ? だけど、これは冒頭のみのお話。実は、作品の時代設定は1992年。あのLA暴動が起こった年だ。というわけで、実は本作は、笑顔あふれる大家族が暴動の大波に飲みこまれていく骨太作品なのだ!
 

NEXT 平穏に暮らす疑似家族をLA暴動が襲う!

3/14PAGE

 

平穏に暮らす疑似家族をLA暴動が襲う!

様々な事情から家族とともに暮らせない子供たちを育てているミリー。そこに母親が逮捕されて行き場を失った少年ウィリアムが仲間入りする。最初は幼い少年少女たちがいる環境に戸惑う彼だったが、次第に周囲に打ちとけていく。その姿に安堵するミリーだった。そんな矢先、白人警官4人が黒人男性に理不尽な暴行を加えた“ロドニー・キング事件”が結審。無罪の評決が出る。市民の怒りは沸点に達し、暴動にまで発展。そしてなんと、ウィリアムスも暴動に参加しようと家を飛び出してしまうのだ。
 

NEXT 社会派だがホッコリとさせられるシーンも!

4/14PAGE

 

社会派だがホッコリとさせられるシーンも!

本作はLA暴動を一般市民の視点から描いたもの。なぜいまLA暴動が題材かというと、アメリカでは人種問題と貧困が今日も解決されていないから。特に、人種問題はトランプ大統領の影響でさらにひどくなっていることもあり、作品を通じてそこを訴えているわけだ。では、終始重苦しい内容なのかといえば、それは否。ハル・ベリー演じるミリーら家族がとにかく明るいからだ。特にチビッコたちのユニークな行動には、思わず微笑んでしまう。
 

NEXT クライマックスは胸を揺さぶられる!

5/14PAGE

 

クライマックスは胸を揺さぶられる!

疑似家族の隣人役としてダニエル・クレイグも出演。『007』のボンド役とはまるで違う独善的なキャラクターなのが面白く、なんとも痛快な魅力を放っている。ファミリーものであり社会派でもあるという、その絶妙なバランスを保ちながら、クライマックスでは胸を揺さぶる感動的な展開も用意されている。監督は『裸足の季節』のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。前作で各国の賞を獲得した実力は、今回さらに磨きがかかったように思える。
 

NEXT 予告編はコチラ

6/14PAGE

 



『マイ・サンシャイン』
監督・脚本/デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン 出演/ハル・ベリー、ダニエル・クレイグ 配給/ビターズ・エンド、パルコ
2017年/フランス・ベルギー/上映時間87分

12月15日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
©2017 CC CINEMA INTERNATIONAL–SCOPE PICTURES–FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES
 

NEXT 『グリンチ』

7/14PAGE


物語で選ぶ編②
『グリンチ』

ムネアツなポイントは?
グリンチのひねくれた理由に思わず涙!
 

NEXT イルミネーション作品の最新作!

8/14PAGE

  

イルミネーション作品の最新作!

すっかり人気キャラとして定着した『ミニオン』のシリーズをはじめ、『ペット』、『SING/シング』など、このところ大ヒットが続くイルミネーション作品。アニメーションの一大ブランドになったわけだが、その新作が『グリンチ』。1957年の発刊以来、世界中で愛され続けている絵本の映画化だ。
 

NEXT 面倒な性格のグリンチが騒動を起こす

9/14PAGE

 

面倒な性格のグリンチが騒動を起こす

“フーの村”を見下ろす山の上の洞窟で、1人で暮らすグリンチ。全身、グリーンの毛に包まれた彼は、とにかく性格に問題あり。他人の幸せが気に入らず、毎朝のコーヒーの味にも細かくこだわる。要するに面倒くさいヤツなのである。クリスマスが迫り、フーの村の住民はやけに楽しそう。そんな光景にイラつくグリンチは、あるアイデアを思いつく。それは「クリスマスを盗んでしまう」という突飛なものだった。
 

NEXT 実写版よりもキャラ立ちは成功!

10/14PAGE

 

実写版よりもキャラ立ちは成功!

この『グリンチ』、2000年に実写化もされている。ジム・キャリーの特殊メイクが話題を呼び、アカデミー賞でもメイクアップ賞を受賞したのだが、作品自体の評価はイマひとつだった。やはり実写にするとグリンチはかなり奇怪で、ジム・キャリーのテンションも異様。“引いて”しまった人も多かったのだ。その点、今回のアニメ化はグリンチの奇怪さに、モフモフ感が加味され、ビジュアル的には大成功。グリンチの愛犬マックスもとにかくかわいくて、イルミネーション作品らしく“キャラ立ち”は満点だ。
 

NEXT 孤独な人生を選んだ理由が判明

11/14PAGE

 

孤独な人生を選んだ理由が判明

愛犬マックスが健気に作るカフェオレのマシンや、実は毎日着替えているグリーンの毛皮など、グリンチの私生活描写がいちいち面白すぎる。マックスに取り付けるドローン式カメラなど発明品も多かったりして、オタク心をくすぐる描写も多数。ひねくれ者のグリンチに、知らず知らずのうちに共感してしまうから不思議だ。孤独な人生を選んだ理由もチラッと描かれるので、『シザーハンズ』のハサミ男エドワードや、『美女と野獣』の野獣とも重なる部分があったりする。
 

NEXT クリスマス気分に浸れる一作!

12/14PAGE

 

クリスマス気分に浸れる一作!

とはいえ、基本はカラフルな映像とハチャメチャなノリで楽しませる一作。グリンチが一晩で村からクリスマスをなくす方法は痛快そのものだし、サンタを待つ村の少女のエピソードは微笑ましくて、心をホッコリさせる。間違いなく断言できるのは、クリスマス気分を盛り上げるのに、この年末、最高の映画だということ!
 

NEXT 予告編はコチラ

13/14PAGE

 



『グリンチ』
原作/ドクター・スース 監督/スコット・モシャー、ヤーロウ・チェイニー 声の出演/ベネディクト・カンバーバッチ、ラシダ・ジョーンズ、キーナン・トンプソン 配給/東宝東和
2018年/アメリカ/上映時間86分

12月14日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。
©UNIVERSAL STUDIOS

NEXT この映画、見逃していない?

14/14PAGE


映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!
●希望が持てるカムバック映画5選
●絶望的な状況でも希望が持てる大脱出映画5選
●詐欺犯罪映画5選
●もしものための人質奪還映画5選
●思わず歌って踊りたくなるミュージカル映画5選

●権力に挑んだ男の映画5選
●理想の男の引き際映画5選!
●出発(想定)前に観るべきSF映画5選!
●麗しき師弟映画5選
●展開から目が離せない冒険映画5選
●監督の作風がよくわかる映画5選!
●食欲をそそるグルメ映画5選!
●男の生き様映画5選!
●西海岸の風を感じる映画5選!
●ソーカイで、ツーカイな旅映画5選!
●怖〜いホラー映画5選!

文=斉藤博昭(『グリンチ』) text:Hiroaki Saito
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ