Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2018.12.14

今週末は、この映画にムネアツ!
『マイ・サンシャイン』『グリンチ』

ハル・ベリーとダニエル・クレイグが共演する疑似家族の物語『マイ・サンシャイン』と、『ミニオンズ』のイルミネーションが手がける最新作『グリンチ』をピックアップ!

物語で選ぶ編①
『マイ・サンシャイン』

ムネアツなポイントは?
LA暴動に翻弄される疑似家族たちの姿にグッとくる!
  

NEXT ハートウォーミングな映画が一転、骨太な作品に!

2/14PAGE

 

ハートウォーミングな映画が一転、骨太な作品に!

オスカー俳優ハル・ベリーが、家族と暮らせない子供たちを引き取り、LAサウスセントラルで貧しいながらも賑やかで楽しい毎日を過ごす物語。こう聞くと、ハートウォーミングな映画に思えるでしょ? だけど、これは冒頭のみのお話。実は、作品の時代設定は1992年。あのLA暴動が起こった年だ。というわけで、実は本作は、笑顔あふれる大家族が暴動の大波に飲みこまれていく骨太作品なのだ!
 

NEXT 平穏に暮らす疑似家族をLA暴動が襲う!

3/14PAGE

 

平穏に暮らす疑似家族をLA暴動が襲う!

様々な事情から家族とともに暮らせない子供たちを育てているミリー。そこに母親が逮捕されて行き場を失った少年ウィリアムが仲間入りする。最初は幼い少年少女たちがいる環境に戸惑う彼だったが、次第に周囲に打ちとけていく。その姿に安堵するミリーだった。そんな矢先、白人警官4人が黒人男性に理不尽な暴行を加えた“ロドニー・キング事件”が結審。無罪の評決が出る。市民の怒りは沸点に達し、暴動にまで発展。そしてなんと、ウィリアムスも暴動に参加しようと家を飛び出してしまうのだ。
 

NEXT 社会派だがホッコリとさせられるシーンも!

4/14PAGE

 

社会派だがホッコリとさせられるシーンも!

本作はLA暴動を一般市民の視点から描いたもの。なぜいまLA暴動が題材かというと、アメリカでは人種問題と貧困が今日も解決されていないから。特に、人種問題はトランプ大統領の影響でさらにひどくなっていることもあり、作品を通じてそこを訴えているわけだ。では、終始重苦しい内容なのかといえば、それは否。ハル・ベリー演じるミリーら家族がとにかく明るいからだ。特にチビッコたちのユニークな行動には、思わず微笑んでしまう。
 

NEXT クライマックスは胸を揺さぶられる!

5/14PAGE

 

クライマックスは胸を揺さぶられる!

疑似家族の隣人役としてダニエル・クレイグも出演。『007』のボンド役とはまるで違う独善的なキャラクターなのが面白く、なんとも痛快な魅力を放っている。ファミリーものであり社会派でもあるという、その絶妙なバランスを保ちながら、クライマックスでは胸を揺さぶる感動的な展開も用意されている。監督は『裸足の季節』のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。前作で各国の賞を獲得した実力は、今回さらに磨きがかかったように思える。
 

NEXT 予告編はコチラ

6/14PAGE

 



『マイ・サンシャイン』
監督・脚本/デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン 出演/ハル・ベリー、ダニエル・クレイグ 配給/ビターズ・エンド、パルコ
2017年/フランス・ベルギー/上映時間87分

12月15日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
©2017 CC CINEMA INTERNATIONAL–SCOPE PICTURES–FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES
 

NEXT 『グリンチ』

7/14PAGE


物語で選ぶ編②
『グリンチ』

ムネアツなポイントは?
グリンチのひねくれた理由に思わず涙!
 

NEXT イルミネーション作品の最新作!

8/14PAGE

  

イルミネーション作品の最新作!

すっかり人気キャラとして定着した『ミニオン』のシリーズをはじめ、『ペット』、『SING/シング』など、このところ大ヒットが続くイルミネーション作品。アニメーションの一大ブランドになったわけだが、その新作が『グリンチ』。1957年の発刊以来、世界中で愛され続けている絵本の映画化だ。
 

NEXT 面倒な性格のグリンチが騒動を起こす

9/14PAGE

 

面倒な性格のグリンチが騒動を起こす

“フーの村”を見下ろす山の上の洞窟で、1人で暮らすグリンチ。全身、グリーンの毛に包まれた彼は、とにかく性格に問題あり。他人の幸せが気に入らず、毎朝のコーヒーの味にも細かくこだわる。要するに面倒くさいヤツなのである。クリスマスが迫り、フーの村の住民はやけに楽しそう。そんな光景にイラつくグリンチは、あるアイデアを思いつく。それは「クリスマスを盗んでしまう」という突飛なものだった。
 

NEXT 実写版よりもキャラ立ちは成功!

10/14PAGE

 

実写版よりもキャラ立ちは成功!

この『グリンチ』、2000年に実写化もされている。ジム・キャリーの特殊メイクが話題を呼び、アカデミー賞でもメイクアップ賞を受賞したのだが、作品自体の評価はイマひとつだった。やはり実写にするとグリンチはかなり奇怪で、ジム・キャリーのテンションも異様。“引いて”しまった人も多かったのだ。その点、今回のアニメ化はグリンチの奇怪さに、モフモフ感が加味され、ビジュアル的には大成功。グリンチの愛犬マックスもとにかくかわいくて、イルミネーション作品らしく“キャラ立ち”は満点だ。
 

NEXT 孤独な人生を選んだ理由が判明

11/14PAGE

 

孤独な人生を選んだ理由が判明

愛犬マックスが健気に作るカフェオレのマシンや、実は毎日着替えているグリーンの毛皮など、グリンチの私生活描写がいちいち面白すぎる。マックスに取り付けるドローン式カメラなど発明品も多かったりして、オタク心をくすぐる描写も多数。ひねくれ者のグリンチに、知らず知らずのうちに共感してしまうから不思議だ。孤独な人生を選んだ理由もチラッと描かれるので、『シザーハンズ』のハサミ男エドワードや、『美女と野獣』の野獣とも重なる部分があったりする。
 

NEXT クリスマス気分に浸れる一作!

12/14PAGE

 

クリスマス気分に浸れる一作!

とはいえ、基本はカラフルな映像とハチャメチャなノリで楽しませる一作。グリンチが一晩で村からクリスマスをなくす方法は痛快そのものだし、サンタを待つ村の少女のエピソードは微笑ましくて、心をホッコリさせる。間違いなく断言できるのは、クリスマス気分を盛り上げるのに、この年末、最高の映画だということ!
 

NEXT 予告編はコチラ

13/14PAGE

 



『グリンチ』
原作/ドクター・スース 監督/スコット・モシャー、ヤーロウ・チェイニー 声の出演/ベネディクト・カンバーバッチ、ラシダ・ジョーンズ、キーナン・トンプソン 配給/東宝東和
2018年/アメリカ/上映時間86分

12月14日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。
©UNIVERSAL STUDIOS

NEXT この映画、見逃していない?

14/14PAGE


映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!
●希望が持てるカムバック映画5選
●絶望的な状況でも希望が持てる大脱出映画5選
●詐欺犯罪映画5選
●もしものための人質奪還映画5選
●思わず歌って踊りたくなるミュージカル映画5選

●権力に挑んだ男の映画5選
●理想の男の引き際映画5選!
●出発(想定)前に観るべきSF映画5選!
●麗しき師弟映画5選
●展開から目が離せない冒険映画5選
●監督の作風がよくわかる映画5選!
●食欲をそそるグルメ映画5選!
●男の生き様映画5選!
●西海岸の風を感じる映画5選!
●ソーカイで、ツーカイな旅映画5選!
●怖〜いホラー映画5選!

文=斉藤博昭(『グリンチ』) text:Hiroaki Saito
1月15日から22日までの期間限定!〈テスラ〉モデル3が〈阪急メンズ東京〉に登場!
PR
2019.01.15

1月15日から22日までの期間限定!
〈テスラ〉モデル3が〈阪急メンズ東京〉に登場!

1月15日から22日の1週間、阪急メンズ東京1Fのエントランススペースに〈テスラ〉モデル3が展示される。

TAGS:   Cars
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ