Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2019.01.04

今週末は、この映画にムネアツ!
急逝した世界の歌姫の隠された壮絶人生!

ホイットニー・ヒューストンの知られざる生涯を描くドキュメンタリー『ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー〜』と、巨大ハリケーンが襲う中、6億ドルを盗む設定が面白い『ワイルド・ストーム』をピックアップ!

物語で選ぶ編①
『ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー〜』

ムネアツなポイントは?
“壮絶なホイットニーの生涯にあ然!”




『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットで、今はなきフレディ・マーキュリーに再びスポットライトが当たったが、同じように早すぎる死を迎えたカリスマ的ボーカリストがいる。ホイットニー・ヒューストンだ。このドキュメンタリーは、ドラマチックかつ壮絶な歌姫の人生を真正面から見つめていく。

1983年、20歳のときにTVショーに初出演し、神がかり的な歌唱力が認められてデビューが決定。シングルが7曲連続でチャート1位となり、1992年には主演を務めた映画『ボディガード』と、その主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー」が特大ヒットを記録する。スターとして揺るぎない地位を築いたホイットニー・ヒューストンだが、2012年、ビバリーヒルズのホテルで遺体として見つかる。48年の生涯だった。

初公開となるビデオ映像をはじめ、ホイットニーの家族や関係者の証言を織りまぜながら、その実像に迫るのだが、ドキュメンタリーとしてのテンポがすばらしく、ファンでなくても作品の吸引力に引きこまれる。圧巻なのは最盛期のヒット曲の数々で、‘80年代後半の派手なカルチャーやファッションとともに振り返ると、観ているこちらもハイテンションな気分になってしまう。それくらい、ホイットニーのボーカルが天才的ってこと!

その一方で、セレブの暗黒面がこれでもか、これでもかと描かれ、胸が締めつけられる瞬間が何度も訪れる。スターになったホイットニーに頼るしかない家族やスタッフ。ボビー・ブラウンと結婚するも、自分のほうが売れて“格差婚”状態になる苦悩(このあたりは、同じく公開中の『アリー/ スター誕生』と、是非観比べて!)、そして死の原因となったドラッグの問題……。体型が変わり、満足に声も出なくなり、ほぼ引退状態になっても、復活を願ってステージに立つ映像は、その痛々しさが見事に表現されている。

フレディ・マーキュリーやマイケル・ジャクソンもそうだが、こうしたレジェンドのドキュメンタリーや伝記映画を観ると、天才ゆえに人生を早く駆け抜けなければならない“宿命”を感じずにはいられない。短いながらも濃縮された人生がどんなものだったのかは本人にしかわからない。しかし、この『ホイットニー〜』は、客観的な視線を整理された内容によって、スターの真実を巧みにあぶり出すことに成功。ドキュメンタリーとして、なかなかの傑作だ!
 

NEXT 予告編はコチラ

2/5PAGE

 



『ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー〜』
監督/ケヴィン・マクドナルド 出演/ホイットニー・ヒューストン 配給/ポニーキャニオン
2018年/イギリス/上映時間120分

2019年1月4日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
©2018 WH Films Ltd.
 

NEXT 『ワイルド・ストーム』

3/5PAGE

 
物語で選ぶ編②
『ワイルド・ストーム』

ムネアツなポイントは?“巨大ハリケーンが襲う中、6億ドルを奪う設定が絶妙!”



地震や津波、噴火に竜巻と大災害を題材とするパニックムービー。年に1本は必ず制作される鉄板ジャンルだ。本作もそのひとつで、最大レベルを示すカテゴリー5のハリケーンが襲来するというお話。けれども、従来作品とひと味違うのが、そこに6億ドルを強奪するという犯罪アクションを掛け合わせたところ。確かに、こんな掛け算映画は観たことがない!

アメリカ西海岸に史上最大規模、カテゴリー5の巨大ハリケーンが発生。住民たちが避難する中、財務省の紙幣処理施設が武装集団に襲われる。大災害の混乱に乗じて、6億ドルもの現金を強奪しようというわけだ。施設のセキュリティ担当のケーシーは、計画を阻止すべく猛烈な嵐の下、反撃に出る。

面白いのは巨大ハリケーンが、強奪事件の攻防を左右するギミックとなっているところ。とんでもない暴風雨が吹き荒れているので、外に出るだけでクルマが吹き飛んでくるなど危険がいっぱい。それがうまい具合に悪の武装集団を攻撃してくれるというわけだ。無論、自然災害なので油断をすれば善側のケーシーも命を落とす危険もあるのだが……。

で、もうひとつ注目したいのが、こだわった演出方法。近年、嵐のシーンといえば、もっぱらCGで再現するのが当たり前。けれども、本作ではリアリティを追求するため、嵐を撮影現場で実際に作り上げてしまったのだ! 時速160kmを超える暴風をおこし、人を押し流せるほどの大量の水を放水。そのためキャスト陣は本当に吹き飛ばされたり、流されたりしないよう身を守るのが精一杯! 演技どころではない、リアルな避難ぶりが観られるのだ。『ワイルド・スピード』のロブ・コーエンがメガホンを取っているのだが、クレイジーすぎる演出は本当にヤバイ!
 

NEXT 予告編はコチラ

4/5PAGE

 



『ワイルド・ストーム』
監督/ロブ・コーエン 出演/トビー・ケベル、ライアン・クワンテン 配給/クロックワークス
2018年/アメリカ/上映時間104分

2019年1月4日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー
©CATEGORY 5 FILM,LLC 2017

NEXT この映画、見逃していない?

5/5PAGE


映画をもっと観たい人はコチラもどうぞ!
●予測不能なドンデン返し映画5選
●希望が持てるカムバック映画5選
●絶望的な状況でも希望が持てる大脱出映画5選
●詐欺犯罪映画5選
●もしものための人質奪還映画5選
●思わず歌って踊りたくなるミュージカル映画5選

●権力に挑んだ男の映画5選
●理想の男の引き際映画5選!
●出発(想定)前に観るべきSF映画5選!
●麗しき師弟映画5選
●展開から目が離せない冒険映画5選
●監督の作風がよくわかる映画5選!
●食欲をそそるグルメ映画5選!
●男の生き様映画5選!
●西海岸の風を感じる映画5選!
●ソーカイで、ツーカイな旅映画5選!
●怖〜いホラー映画5選!

文=斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ