Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2019.01.10

ビジネスエリートの愛する万年筆! 第47回
デキるビジネスエリートは、伝統の大切さを忘れない! 人生の特別なシーンにはほんの少し特別な1本を!

長らくクルーズ業界に身を投じ、現在は〈プリンセス・クルーズ〉でアジア太平洋地区を統括するシニア・ヴァイス・プレジデントのスチュアート・アリソン。イギリスで生まれ育ったスチュアートは幼い頃から万年筆に親しみ、万年筆との付き合い方も英国紳士らしく、実にスマート。愛用する1本とともに、自身の万年筆ライフを語ってもらった。

スチュアート・アリソン
[プリンセス・クルーズ アジア太平洋地区コマーシャル・オペレーション担当シニア・ヴァイス・プレジデント]

PROFILE
イギリス・ケント州出身。ウエストミンスター大学にてマーケティング修士号および国際ビジネス学士号を取得。約20年に及ぶクルーズ業界での経験の中で、ブランドの枠を超えたコマーシャル・オペレーションに従事する。2003年からはオーストラリアに渡り、同エリアのクルーズ人口拡大に貢献。2017年12月に〈プリンセス・クルーズ〉のアジア太平洋地区を統括するシニア・ヴァイス・プレジデントに就任し、現在に至る。3歳の娘と1歳の息子を持つよき父でもある。


最愛の人への手紙


日本のプリンセス・クルーズチームのみなさまへ

日本でのプリンセス・クルーズの展開において、
2019年が過去最大の躍進を遂げる年になるよう
みなさまの成功をお祈りしています。

̶スチュアート


手書きの文字はパーソナルで温かい!

1つ1つの質問に言葉を選びながら丁寧に答えてくれたのは、〈プリンセス・クルーズ〉アジア太平洋地区を統括するスチュアート・アリソンだ。イギリスで生まれ育ったスチュアートは、授業の一環として小学生の頃から万年筆を使ってきたという。最初の1本は祖父からプレゼントされた〈パーカー〉の万年筆。イギリスでは子供や孫に万年筆を贈ることがちょっとした伝統なんだとか。

「私は左利きだったので、万年筆を使った後はいつも左手がインクで真っ青でした(笑)。万年筆の思い出というと、真っ先にその光景が頭に浮かびます。大学生の頃に少し万年筆から離れてしまいましたが、ビジネスをするようになって再び万年筆を手に取るようになりました」

現在愛用しているのは、高級万年筆の代名詞的存在でもある〈モンブラン〉のマイスターシュテュック。2017年、自身の昇進を記念して、自分で気に入ったものを購入したという。

「私にはまだ不相応かもしれませんが、仕事へのモチベーションを高める意味もこめて、少し背伸びをしてこの1本を選びました。実際に使ってみると、ほどよい重さが手にしっくりと馴染み、ペン先の滑りもちょうどいい。もう左手をインクで汚すようなこともありません(笑)」

スチュアートは仕事柄、デジタルデバイスをスマートに使いこなす。出張に万年筆は持っていかなくとも、タブレットやスマートフォンは欠かせない。にもかかわらず、万年筆はビジネスにおいて大切なパートナーだと語る。

「お客さまへのお礼状や重要な書類には必ず万年筆でサインをします。贅沢をする必要はありませんが、やはり特別なシーンには特別な筆記具がふさわしいと思います。万年筆を使うだけで心構えも違ってきますし、手書きの文字にはその人の想いが宿るはずです」

最後に万年筆ユーザーとして、あまり万年筆を使う機会がない読者に向けてメッセージをいただいた。

「私自身もコミュニケーションの主流はデジタルです。“書く”という行為は少し古臭く感じるかもしれませんが、伝統を重んじる日本の方なら、その価値や本質をおわかりいただけると思います」



愛用の万年筆
マイスターシュテュック
プラチナコーティングル・グラン
/モンブラン

プラチナカラーのトリミングが
知的でシャープな印象!


2017年12月に現在のポジションに就任した際に、自分自身へのプレゼントとして購入したのが、コチラのマイスターシュテュック。定番のブラック×ゴールドではなく、ブラック×プラチナを選ぶあたりが、英国紳士であるスチュアートのセンス。見た目はもちろん、左利きで筆圧が強い彼にとって、適度なボリュームがちょうど手に馴染むんだとか。現在はこの1本のみを使いこんでいる!

ビジネスシーンで欠かせない!
万年筆の相棒は
〈スマイソン〉のレザーノート!

メモを取ったり、ビジネスのアイデアをまとめたりと、万年筆の相棒として欠かせないのが、英国王室御用達ブランドである〈スマイソン〉のレザーノート。こちらもデザインが気に入って自分自身で購入したんだとか。革小物好きのスチュアートは、このノート以外にもレザーグッズを多数愛用中!

万年筆にコレを合わせる!
カフスも〈モンブラン〉!

TPOによって使い分けてはいるものの、シャツはカフス仕様が基本。で、この日のカフスは万年筆に合わせて〈モンブラン〉のものをチョイス。ちなみにこちらは親友からの誕生日プレゼントとのこと

小物選びにも抜かりなし!
腕時計は自分へのご褒美!

手元を飾るのは〈オメガ〉のシーマスタープロフェッショナル。こちらは30歳の誕生日に自分自身へのご褒美として購入したお気に入りの1本。ブルー系のスーツ&タイに合わせたブルーベゼルが好印象!


COMPANY DATA

PRINCESS CRUISES[プリンセス・クルーズ]
ラグシュアリーな船旅を体験できる!
世界最大のプレミアムクルーズラインである〈プリンセス・クルーズ〉は、現在17隻の近代的な客船を運航する、国際的なクルーズ会社。年間200万人のゲストを世界360以上の目的地に向けて、3泊から111泊の日程でバラエティ豊かな150以上のクルーズを運航。

Information

雑誌Safari2月号 P192・193掲載

写真=川上 守 文=真下武久
photo : Mamoru Kawakami text : Takehisa Mashimo
1月15日から22日までの期間限定!〈テスラ〉モデル3が〈阪急メンズ東京〉に登場!
PR
2019.01.15 NEW

1月15日から22日までの期間限定!
〈テスラ〉モデル3が〈阪急メンズ東京〉に登場!

1月15日から22日の1週間、阪急メンズ東京1Fのエントランススペースに〈テスラ〉モデル3が展示される。

TAGS:   Cars
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ