Safari Online

SEARCH

DENIM デニム

2018.06.19

鮮度を高めるデニム活用術!
軽快楽チンな"裾リブ"デニムをこなす!

愛するデニムはデイリーウエア。いつだって自由で飾らないスタイルでいたいのは、『Safari』読者ならみ~んな同じなはず。とはいえ、暑~い夏だけは「もう少し楽チンな気分を味わいたい」ってのも人情というものだろう。そんなときに是非活用したいのは、デニムらしさがちゃんと味わえる楽チンパンツ。なかでも裾がリブになったタイプは、ストレッチが効いているうえに、いつものデニムと違ってスウェット感覚で穿けるのが魅力。しかもシルエットもちょっと違うし、着こなしの鮮度を高めるうえでも好都合! で、今回は、そんなアイテムの上手な活用術をご紹介しよう。

デニム好きはもちろんスウェット愛好家にもおすすめ!

"裾リブ"デニムならこなれた着こなしが簡単!

裾リブデニム リブパンツ リブデニム リラックス デニム セレブ Safari

右、左はスタイリスト私物 中:プリントTシャツ1万4000円(ブルーイ/トレイルショールーム)、方に乗せたパーカ3万円(テンシー/ベンダー)、裾リブデニムパンツ2万1000円(ピッグ&ルースター)、サングラス3万3000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、スニーカー4500円(ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン)

こちらの写真を見て、どう? 右のようなスウェットパンツの着こなしだと、 “休日のお父さん”感が強すぎ。とてもお洒落とは言い難い。左のストレートデニムの着こなしは、ごく普通なうえに軽快さも欠ける。で、それらに比べて裾リブデニムなら、スウェットパンツ感覚で楽に穿けるし、日焼けした足首をちらっと覗かせることができるから、アクティブさや軽やかな雰囲気が出ている。

Scene01
海ではブルーのワントーンでこなれ感たっぷりに!

裾リブデニム リブパンツ リブデニム リラックス デニム セレブ Safari

チェックシャツ2万2000円(エージー/エージー ジャパン)、スウェットシャツ3万6000円(ジョン エリオット/サザビーリーグ)、中に着たTシャツ1万500円(ヴィルーム/タトラス ジャパン)、裾リブデニムパンツ1万7000円(ペペジーンズロンド/LTN ショウルーム)、BBキャップ3500円(デトアーライフ/ツノカワファーム)、胸元にかけたサングラス3万円(モスコット/モスコット トウキョウ)、スリッポンスニーカー4500円(ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン)

では実際の着こなし例をご紹介。海で着るなら、爽やかなブルー系のワントーンでの着こなしがやっぱりいい。ある程度穿き倒したかのような、味のある表情のものを選べば、潮っぽさも感じられるはずだ。さらにトップも、褪せ感や味のあるものならこなれ感を損なうこともなく安心。肌が覗く足元は白のスリッポンで爽やかに。裾リブデニムのシルエットが放つ軽快さも海にはぴったりでしょ?

裾リブデニム リブパンツ リブデニム リラックス デニム セレブ Safari

裾リブデニムパンツ1万7000円(ペペジーンズロンド/LTN ショウルーム)

裾リブデニムの選びのポイントはいくつかある。先に述べたとおり、まずは味のある表情のものがいい。こなれ感のないリジットものでは、見た目に暑苦しく夏らしい気分になれないしね。また、裾のリブ部分がデニムではなく、別の素材のもので仕立てられているものもあるが、それだとどこか若造っぽい印象になるから避けたほうかいいかも。そのほか、ストレッチ素材が混紡されていたり、ドローコード仕様になっていたりと、楽に穿ける要素があることも、裾リブデニムのよさを引き出すための大切な要素になる。

Scene02
街で着るならトップに品格を足して大人らしく!

裾リブデニム リブパンツ リブデニム リラックス デニム セレブ Safari

Vネックニット2万8000円(ジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー)、Tシャツ8000円(ジェームス パース/ジェームス パース 二子玉川店)、裾リブデニムパンツ2万1000円(ピッグ&ルースター)、メガネ2万7000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、キャップ3800円(ニューエラ)、スニーカー2万5000円(リプレイ/ファッションボックジャパン)

楽チンさ優先となると、裾リブデニムにTシャツ1枚だけを合わせることもあるだろう。コレ、別に悪くはないけど、場合によってはちょっとだらしない印象になることもある。それを回避するには、大人らしさをアピールできる薄手のニットを合わせるのも手。たとえば、こんな発色のいいものを合わせると、季節感も取り入れられるうえに、上品で大人らしい着こなしができるはずだ。

Scene03
こなれた大人のデートスタイルにだって使えちゃう!

裾リブデニム リブパンツ リブデニム リラックス デニム セレブ Safari

ブレザー10万3000円(ラルディーニ/ビームス 銀座)、プリントTシャツ6000円(サタデーズ ニューヨークシティ)、裾リブデニムパンツ2万1000円(ピッグ&ルースター)、サングラス3万円(モスコット/モスコット トウキョウ)、腕時計86万円(ブライトリング/ブライトリング・ジャパン)、タッセルローファー8万5000円(サントーニ/リエート)

大人が選ぶ裾リブデニムは、細すぎず、だらしなくは見えない程度の余裕があるものがベスト。だからカジュアルなシーンだけでなく、こんなきちんと感のあるスタイルにも使える点もメリット。ジャケットを羽織って、足元にはきちんと感のあるシューズを合わせれば、ヌケ感もあってこなれたデートスタイルが完成する。ただこの場合、ダメージが強すぎるものを選ばないほうが、デートにおいては無難かも。

裾リブデニム リブパンツ リブデニム リラックス デニム セレブ Safari

裾リブデニムパンツ2万1000円(ピッグ&ルースター)

幅広い着こなしができて、なおかつ楽チンさもキープできる。さらにはコーデにすっきり感も出せて、足元も選ばない、こんないいこと尽くめの裾リブデニム。最近では、さらに涼しげな素材感のものも登場しているので、貴重な週末のよき相棒となってくれるのは間違いないだろう。

Information

●ヴァンズ ジャパン
TEL:03-3476-5624

●エージー ジャパン
TEL:03-5946-8990

●LTN ショウルーム
TEL:03-6690-8776

●サザビーリーグ
TEL:03-5412-1937

●サタデーズ ニューヨークシティ
TEL:03-5459-5033

●ジェームス パース 二子玉川店
TEL:03-3700-1590

●タトラス ジャパン
TEL:03-5708-5188

●ツノカワファーム
TEL:03-5809-4265

●トレイルショールーム
TEL:03-5877-8712

●ニューエラ
TEL:03-5773-6733

●ピッグ&ルースター
TEL:03-6432-9645

●ビームス 銀座
TEL:03-3567-2223

●ファッションボックジャパン
TEL:03-6452-6382

●ブライトリング・ジャパン
TEL:03-3436-0011

●ベンダー
TEL:03-6452-3072

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

●リエート
TEL:03-5413-5333

●リーミルズ エージェンシー
TEL:03-3473-7007

写真=鎌田拳太郎、正重智生 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=堀 紘輔 文=八木悠太
photo : Kentaro Kamata、Tomoo Syojyu(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) hair&make-up : Kosuke Hori(+nine) text:Yuta Yagi
1月15日から22日までの期間限定!〈テスラ〉モデル3が〈阪急メンズ東京〉に登場!
PR
2019.01.15

1月15日から22日までの期間限定!
〈テスラ〉モデル3が〈阪急メンズ東京〉に登場!

1月15日から22日の1週間、阪急メンズ東京1Fのエントランススペースに〈テスラ〉モデル3が展示される。

TAGS:   Cars
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ