Safari Online

SEARCH

DENIM デニム

2018.06.02

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
さりげないリペア加工が大人の男にぴったりのダメージデニム

穿くだけで男らしさを強調できるダメージデニムは頼れる存在。ただ、場合によっては、肌が見えすぎて小僧っぽくなることも。そこで使えるのが、リペア加工のデニム。上品さをほどよく保ちながら、大人の男らしいワンランク上の着こなしをしてみない?

[ピーエムディーエス]
P.M.D.S.


暑くなると、とりあえず見た目でラフさや爽やかさを出したくなるもの。となると、どうしてもTシャツにデニムというシンプルな格好を選ぶ人が多くなる。だってこれこそ究極のベーシックスタイルだし、絶対に失敗しないコーディネート。でも、アラフォーの『Safari』世代なら、定番のスタイルだからこそ人と差をつけたいし、男らしさだって加えたいところ。そんなときに頼りになるのがダメージデニムだ。でも、パックリと穴が開き、肌が見えすぎるものは上品さ、清潔感に欠けてしまう場合もある。しかも、加工がハードすぎるものは、若造っぽく見えてしまう可能性も。そこで、だらしない印象にならない、大人にぴったりのダメージデニムを紹介したい。

おすすめなのが、〈ピーエムディーエス〉のリペアデニム。ダメージ加工の裏にリペア加工をしているので、肌を露出せずにダメージ感のあるデニムを楽しめる。品がありながらも、ワイルドな雰囲気もあり、男らしさを一段上げて見せてくれるから頼もしい限り。ほどよいダメージ感やムラのある色落ち、ペイント加工は、大人カジュアルのほどよいアクセントになるはず。形は、腰まわりにゆとりを持たせたテイパード。裾に向かってツイストさせながらシェイプした、立体感のあるフォルムなので、穿いたときに下半身がすっきり見えるのも大人には嬉しい配慮。さらに、ロールアップすればヌケ感を作れ、カラフルなステッチワークをチラ見せできるのもポイントだ。

ここまでワザありの加工と美シルエットが効いたデニムなら、シンプルなTシャツを合わせても大人らしくサマになるってもの。ダメージデニムで肌が見えてしまうのに抵抗ある人も、すんなりと着こなすことができるはず。ダメージを全面に押し出さない、さりげないリペア加工の1本は、大人にはうってつけ!

イタリアの名門カンディアーニ社のデニムを採用。ストレッチ性もあって、穿き心地は抜群。すべてメイドインイタリアにこだわり、ナポリの職人が丁寧に仕上げている。裾は、カラフルな糸で縫われているので、裾を折り返して穿けば、足元に遊び心が出て軽やかな印象になる。2万7000円(ピーエムディーエス/WAKO&CO)

Information

●WAKO&CO
TEL:06-6263-8188

雑誌Safari7月号 P234掲載

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ