Safari Online

SEARCH

DENIM デニム

2018.06.25

鮮度を高めるデニム活用術! Vol.2
足首見せのクロップドデニムこなし!

ブルーデニムは好きだけど、夏はちょっと暑苦しいかも……と思っている人は多いはず。そんな人には、きれいに色落ちしたクロップド丈のデニムがおすすめ。クロップドというのは、裾が短くカットされたタイプのこと。足元にチラッと覗く素肌がヌケ感を演出して、夏でも軽快に穿きこなせるってわけ。

海に似合うのはもちろん、蒸し暑~い街中でも印象はすっきり爽やか。そんなクロップドデニムの魅力や、こなし方のコツについて、さっそく見ていこう。

 

NEXT 比べてみれば、足元の軽やかさは歴然!

2/6PAGE

 

クロップド丈、フルレングス、ロールアップを比較!

右:デニムシャツ7万8000円、プリントTシャツ2万9000円、メッシュキャップ2万5000円、スニーカー5万8000円(以上ディースクエアード/ディースクエアード 東京)、サングラス2万9000円(シェイディーキャラクター/ザ ライト)、腕時計47万円(ブライトリング/ブライトリング・ジャパン)、その他はスタイリスト私物 中:デニムシャツ、プリントTシャツ、メッシュキャップ、スニーカー、サングラス、腕時計は右と同じ、クロップドデニムパンツ8万1000円(ディースクエアード/ディースクエアード 東京) 左:デニムシャツ、プリントTシャツ、メッシュキャップ、スニーカー、サングラス、腕時計は右と同じ、その他はスタイリスト私物

比べてみれば、足元の軽やかさは歴然!

まずはコチラに並んだ3人のデニム姿を見比べてほしい。左は一般的な丈のデニムで、特に軽さも夏っぽさも感じられず、可もなく不可もない印象。色落ちは爽やかだけど、真夏だと少し暑苦しく見えちゃいそう。右は同じデニムの裾をロールアップしてみた場合。

確かに素肌見せは涼しげだけど、足元にボリュームが出たぶん重い印象に。結果として、どこか野暮ったい雰囲気になってしまった。で、クロップドデニムにしてみたのが真ん中。足元がすっきり軽快に見えて、これなら夏でもまったく問題なし。比べてみれば歴然でしょ?

 

NEXT 淡い色合いでまとめた海コーデ!

3/6PAGE

 

切りっぱなしの淡青クロップドでレトロサーフに

ポケットTシャツ1万円(リプレイ/ファッションボックス ジャパン)、クロップドデニムパンツ2万4000円(アッパーハイツ/ゲストリスト)、チェックシャツ2万2000円(キャリー/スチュワーズ レーン トーキョー)、キャップ3500円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、サングラス2万9000円(シェイディーキャラクター/ザ ライト)、レザーサンダル1万1000円(アグ/デッカーズジャパン)、その他はスタイリスト私物

淡い色合いでまとめた海コーデ!

裾がラフにカットされた淡青のクロップドデニムにサンダルを合わせれば、ビーチ気分も最高潮に。褪せたピンクのポケTを合わせて、淡い色合いでまとめた海コーデに仕上げよう。ヘルシーな日焼け肌にも映えて、何となくいい波に出会えそうな予感!? 褪せた風合いのチェックシャツを肩掛けしてアクセントに。

 

NEXT 清潔感があって好感度の高い街コーデ!

4/6PAGE

 

ダメージのないデニムはデートにもうってつけ!

ペイズリー柄シャツ1万8000円(キャルオーライン/ユナイト ナイン)、クロップドデニムパンツ2万6000円(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)、キャップ6000円(オフショア/ザ センス)、サングラス3万8000円(ギャレット ライト カリフォルニア オプティカル/グローブスペックス ストア)、腕時計86万円(ブライトリング/ブライトリング・ジャパン)、ドライビングシューズ2万6000円(アグ/デッカーズジャパン)、その他はスタイリスト私物

清潔感があって好感度の高い街コーデ!

きれいに色落ちしたクロップドデニムには、上品顔のシューズが相性抜群。ドライビングシューズならアクティブさもあって、大人の街スタイルにはぴったり。ネイビーに白の柄が入った開襟シャツを合わせれば、涼しげで清潔感たっぷりな着こなしに。これならデートでも彼女に好印象を与えられそう!

 

NEXT タイプに合わせて足元も変えて!

5/6PAGE

 

クロップド丈は足元が目立つので注意!

右:ポケットTシャツ1万円(リプレイ/ファッションボックス ジャパン)、クロップドデニムパンツ2万4000円(アッパーハイツ/ゲストリスト)、レザーサンダル1万1000円(アグ/デッカーズジャパン)、キャップ3500円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 中:デニムシャツ7万8000円、プリントTシャツ2万9000円、クロップドデニムパンツ8万1000円、スニーカー5万8000円(以上ディースクエアード/ディースクエアード 東京)、腕時計47万円(ブライトリング/ブライトリング・ジャパン) 左:ペイズリー柄シャツ1万8000円(キャルオーライン/ユナイト ナイン)、クロップドデニムパンツ2万6000円(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)、腕時計86万円(ブライトリング/ブライトリング・ジャパン)、ドライビングシューズ2万6000円(アグ/デッカーズジャパン)

タイプに合わせて足元も変えて!

同じクロップドデニムでも、加工の具合で印象の違いはある。それぞれに合った足元を演出できれば、よりこなれた雰囲気で穿きこなせるはず。たとえば右のように裾が切りっ放しになったタイプは、ラフさを生かしてサンダルで海へ。真ん中のようなダメージ入りのタイプなら、清潔感のある白スニを合わせて普段穿き。

左のクリーンな1本であれば、品のいいドライビングシューズを合わせて街デートに。こんな感じで自在に足元を演出できれば、もうクロップドデニム上級者!

 

NEXT 大人にぴったりなクロップドデニム!

6/6PAGE

 

[クロ]
KURO

3万円(クロ/クロ ギンザ)
Safari Loungeで購入する

腿まわりが太い体育会系の人にもおすすめ

選手という意味を持つジョカトーレシルエットのデニムが登場。腿まわりにゆとりを出し膝下から強めのテイパードをかけることで、がっしりとしたスポーツマンらしい体型でも美しいスタイルを保つことができるのだ。全体的に色を落とす洗いをかけた後、ひげ型でシュービング加工も施した。ダメージやリペア表現したハードなディテールにも注目したい

[ワンティースプーン]
OneTeaspoon.



1万8000円(ワンティースプーン/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)
Safari Loungeで購入する

ワイルドコーデにはハードダメージの1本を

ヴィンテージなコーディネートをどうせ楽しむなら思い切りたい! ってときに使えそうなハードな1本が登場だ。裾のカットオフ仕様やほどよく施したアタリやヒゲに加え、目を引く切り裂き加工を大胆にあしらった。さらっとTシャツを合わせるだけでもワイルドなスタイルが完成するから、これからのサマーシーズンに大活躍が期待できそうだ。

[プロスペクティブ・フロウ]
PROSPECTIVE FLOW



2万4000円(プロスペクティブ・フロウ/Safari Lounge)
Safari Loungeで購入する

絶妙ウォッシュで魅せるLA生まれの味黒デニム!

LAを拠点とする〈プロスペクティブ・フロウ〉からお目見えしたのが風合いのあるデニムパンツ。〈プロスペクティブ・フロウ〉×『Safari Lounge』別注・限定販売アイテムが登場。絶妙なウォッシュ加工でヴィンテージのような雰囲気を纏う1本だ。オリジナルのボタンフライやアメリカ製の生地など、随所にこだわりも。スリムストレートのシルエットでどんな着こなしにもマッチしてくれるから、使い勝手もよし。褪せブラックとライトインディゴの2色展開あり。

Information

●グローブスペックス ストア
TEL:03-5459-8377

●ゲストリスト
TEL:03-6869-6670

●カイタックインターナショナル
TEL:03-5722-3685

●クロ ギンザ
TEL:03-6274-6257

●ザ ライト
TEL:03-6447-2666

●Safari Lounge
TEL:03-4485-1305

●ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム
TEL:03-3401-5001

●ザ センス
TEL:03-5579-2595

●スチュワーズ レーン トーキョー
TEL:03-6434-1278

●ディースクエアード 東京
TEL:03-3573-5731

●デッカーズジャパン
TEL:0120-710-844

●ファッションボックスジャパン
TEL:03-6452-6382

●ブライトリング・ジャパン
TEL:03-3436-0011

●ユナイト ナイン
TEL:03-5464-9976

写真=鎌田拳太郎 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=松本 恵 文=野中邦彦
photo : Kentaro Kamata、styling : Masahiro Enomoto(remix) hair&make-up : Megumi Matsumoto(es*QUISSE)text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!
PR
2018.10.25

〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!
品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!

軽くて暖かいのがダウンの利点だけど、一歩間違えると小僧っぽくなりがち。そんなダウンの弱点を克服した1着を〈ダンヒル〉で発見した! さすがラグジュアリーブランドだけあって品があるし、渋いカラーリングも絶妙。これなら大人らしいダウンスタイルが…

TAGS:   Fashion
〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!
PR
2018.10.25

〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!
アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!

現代の多様なライフスタイルをカバーしてくれる腕時計といえば、スマートウォッチ。とはいっても、変に現代的すぎるデザインでは大人にはちょっと気恥ずかしい !? そんな人には、〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作を。端正な顔立ちと高…

TAGS:   Fashion Watches
〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!
PR
2018.10.25

〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!
ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!

デニムの唯一の弱点ともいえるのが、寒さにそこまで強くないこと。毎日穿きたいけど、冬が近づくと敬遠しがち、なんて人も少なくない。そんなジレンマを解消するなら、〈ヤヌーク〉の新作はどう!? 裏起毛素材が毛布のようにカラダを温めてくれるので、寒…

TAGS:   Fashion Denim
素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!
PR
2018.10.25

素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!
大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!

男らしい反面、ガチすぎると近寄りがたい印象になる恐れもあるミリタリーアウター。でも、ご安心を。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作をまとえば、そんな不安要素なんて一瞬で吹き飛んでしまうから。素材や色使いのマジックで、男前かつとびき…

TAGS:   Fashion
波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!
PR
2018.10.26

波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!

波乗り男にとっては人の少ない冬こそ絶好のチャンス。でも、早朝の波チェックは想像以上に寒く、モチベーションも下がりがち。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉のダウンジャケにおまかせ。世界トップレベルの“河田フェザー”をたっぷり…

TAGS:   Fashion
〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉アピール上手な男は前も後ろも男前!
PR
2018.10.25

〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉
アピール上手な男は前も後ろも男前!

ペラペラと自慢話を語る軽薄な男はいただけないが、かといってムスッと黙っている男もそれはそれで古臭い。やっぱりさりげな~く自分らしさを語れるくらいが、 かっこいいよね。で、〈デウス エクス マキナ〉のアウターを。ご覧のとおり男らしい世界観…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!
PR
2018.10.25

〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!
週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!

いくらスマートウォッチが便利といっても、自分の見た目やファッションの世界観と合っていなければダメ。腕時計だけ浮いているのは問題外だ。で、ヴィンテージやデニム好きの本誌読者なら絶対合うのが〈ディーゼル〉のスマートウォッチ“フルガード2・5”…

TAGS:   Fashion Watches
オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?
PR
2018.10.25

オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!
二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?

デキる男ほどオフタイムは活動的。人生、仕事ばかりじゃ楽しくない。自分自身を解放できるオフタイムが充実してこそ、幸せが実感できるのでは? で、そんな考え方の人にうってつけなのが〈セイコー ガランテ〉の新作。上品さとは裏腹に、この時計は1日の…

TAGS:   Watches
週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!
PR
2018.10.25

週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!
爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!

小さなアイテムでありながら、着こなしのアクセントとして期待以上の効果を発揮するのが手元の“色”時計。それが遊び心たっぷりなデザインで存在感のあるデカ厚ケースだったら、まさに理想的。ならば、〈エンジェルクローバー〉の新作ソーラーを選べば間違…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ