Safari Online

SEARCH

DENIM デニム

2018.09.06

鮮度を高めるデニム活用術! Vol.5
秋には秋の淡青デニム活用術がある!

淡青のダメージデニムといえば、夏だけの定番と思っていない? もちろんこのタイプは、淡いブルーの色合いが海によく馴染むし、海好きならではの男らしさを表現してくれる。だからといって夏以外は使えないかといえば、そんなことはない。今回は“淡青ダメデニ”が秋にだって効果的に使えますよ~、というお話。

“淡青ダメデニ”はニットとのバランスがいい!

秋が訪れると、品や清潔感が感じられるダークなリジッドデニムを選びがち。落ち着きのある濃い色合いは、シックな服が活躍する秋にぴったりだということはよくわかる。でも、秋のトップって、ニットなんかの出番も多いですよね? そうなると、ボトム選びもちょっと考えどころ。

だって、リジッドデニムにニットを合わせた場合、品があるもの同士なので、場合によっては真面目すぎる印象になったりすることもある。これじゃ、お洒落感は望めない。で、それを回避するには、ほどよくワイルド感がある“淡青ダメデニ”を合わせる、これで決まり。ご覧のとおり、上品さとワイルド感のバランスがとれて、男らしさの演出もバッチリ!

 

NEXT 秋も淡青ダメデニで精悍な男に!

2/6PAGE

 

秋の淡青ダメデニコーデはこ~んな感じ!


クルーネックニット3万3000円(RHC/RHC ロンハーマン)、デニムパンツ2万3000円(レッドカード×ラブレス×Safari Lounge/Safari Lounge)、コーデュロイジャケット5万1000円(メゾン キツネ/メゾン キツネ カスタマーセンター)、サングラス3万9000円(オリーバーピープルズ/オリーバーピープルズ 東京ギャラリー)、シルバーバングル12万370円(ハリソン・ジム/マライカ ミティ 青山店)、スリッポンシューズ5500円(ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン)その他スタイリスト私物

夏は白Tと合わせた着こなし。秋はトップに白ニットを合わせてみてはどう? ダメージデニムが醸し出すワイルドさが、ニットの優しい表情をうま〜く中和。こんな着こなしなら、大人らしい上品さとこなれ感をうまく両立できるはず。写真のような秋のアウトドアシーンにも似合うでしょ?

デニムパンツ2万3000円(レッドカード×ラブレス×Safari Lounge/Safari Lounge)

 

NEXT ニット×淡青デニムの4コーデ!

3/6PAGE

 

ニットと淡青ダメデニの相性を確認したところで、スタイリング例をいくつかご紹介。

Style01
グレーカーディガン合わせ

 

 

カーディガン2万8000円(アンドレア フェンツィ/コロネット)、Tシャツ3900円(オーシャン パシフィック/ハンドイントゥリー ショールーム)、デニムパンツ3万1000円(ロイ ロジャース/Safari Lounge)、ネックウオレット1万9000円(マニウノ/ヤマニ)、サングラス3万円(モスコット/モスコット トウキョウ)、ニットキャップ5000円(フランクリン&マーシャル/フランクリン&マーシャル  ラフォーレ原宿店)、腕時計28万5000円(タグ・ホイヤー/LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー)、スニーカー1万8000円(ニューバランス/ニューバランス ジャパンお客様相談室)

脱・マジメを狙うならダメデニ合わせがいい!

同じニットでも印象がガラッと変わって、今度はカーディガン。ややコンサバな印象があるグレーカーデは、チノや濃紺デニムだと、やっぱりマジメすぎな印象になることも。ほどよくヌケ感あるスタイルを目指すのであれば、やっぱり淡青ダメデニを合わせることをおすすめしたい。ほどよいダメージによって、脱・マジメを狙えるでしょ?

NEXT シンプルなネイビーニットで品がいいのにワイルド

4/6PAGE

 

Style02
ネイビーニット合わせ

クルーネックニット4万2000円(ラッド バイ デミリー/サザビーリーグ)、デニムパンツ5万1000円(ファブリック ブランド/Safari Lounge)、デニムジャケット2万8000円(ギャルリー・ヴィー メン/キャバン トゥモローランド 丸の内店)、キャップ3600円(スターターブラックレーベル/ワディ ショールーム)、サングラス4万8000円(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)、スリッポンスニーカー4700円(ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン)、その他はスタイリスト私物

シンプルなネイビーニットで品がいいのにワイルド狙い

ネイビーのシンプルなクルーネックニットは、品のいい見た目が魅力。大人には使い勝手のいいニットといえるだろう。ただ、これに合わせる淡青ダメデニは、ちょっと“淡“を控えめにしたほうがいい。つまりちょっとニットの色合いとトーンを近づけるってこと。そうすることでワイルドさが増し、品のあるニットとも好バランスに。

NEXT ぼやけがちな淡コーデにダメージがアクセント!

5/6PAGE

 

Style03
淡カラーニット合わせ

クルーネックニット3万8000円(レミ レリーフ/ユナイト ナイン)、デニムパンツ2万5500円(スコッチ アンド ソーダ/スコッチ アンド ソーダ 原宿店)、肩にかけたシャツ1万8000円(ヌーディージーンズ/ヌーディージーンズ ラフォーレ原宿店)、サングラス5万5000円(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)、ベルクロスニーカー7500円(ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン)、その他はスタイリスト私物

ぼやけがちな淡コーデにダメージがアクセント!

毛羽立ちによる優しい雰囲気と色合いから感じるセクシーさ。まさに大人の男のいい武器となるのが、淡カラーのニット。これに淡青デニムなんて合わせたら、ぼんやりぼやけたスタイルになるんじゃない? な~んて心配はない。だってこのデニムは単なる淡青ではなく、淡青ダメージデニム。随所にあるダメージが着こなしのいいアクセントとなってくれる。優しげな淡カラーには、ダメージもの。覚えておいてもいい方程式だ。

NEXT ネイティブ調はぐっと男らしいスタイルで!

6/6PAGE

 

Style04
ネイティブ柄カーディガン合わせ

カーディガン1万8000円(ペンドルトン フォー ワイルドライフ テーラー/ジュンカスタマーセンター)、ヘンリーネックTシャツ1万2000円(DTE カリフォルニア/エス・オー・ダブリュー)、ダメージデニムパンツ2万9000円(ディーゼル/ディーゼル ジャパン)、手に持ったデニムジャケット3万2000円(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)、サングラス4万8000円(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)、シルバーバングル12万370円(ハリソン・ジム/マライカ ミティ 青山店)、スニーカー4700円(ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン)

ネイティブ調はぐっと男らしいスタイルで!

最後にご紹介するのは、ネイティブ柄の長丈カーデ。いくらニットとはいえ、もともと男らしさやタフさを感じるネイティブ柄が入っているから、合わせるダメデニもガツッとワイルドな穴空きくらいがちょうどいい。インナーもヘンリーネックTなど、胸元を開けて見せられるもので、たくましさを強調できるとよりかっこいい!

Information

●RHC ロンハーマン
TEL:045-319-6700

●アイヴァン 7285 トウキョウ
TEL:03-3409-7285

●ヴァンズ ジャパン
TEL:03-3476-5624

●エス・オー・ダブリュー
TEL:03-3261-9551

●LVMH ウォッチ・ジュリー ジャパン タグ・ホイヤー
TEL:03-5635-7054

●オリバーピープルズ 東京ギャラリー
TEL:03-5766-7426

●カイタックインターナショナル
TEL:03-5722-3685

●キャバン トゥモローランド 丸の内店
TEL:03-3286-5105

●コロネット
TEL:03-5216-6521

●サザビーリーグ
TEL:03-5412-1937

●Safari Lounge
TEL:03-4485-1305

●ジュンカスタマーセンター
TEL:0120-298-133

●スコッチ アンド ソーダ 原宿店
TEL:03-6712-6919

●ディーゼル ジャパン
TEL:0120-55-1978

●ヌーディージーンズ ラフォーレ原宿店
TEL:03-5772-0770

●ニューバランス ジャパン お客様相談室
TEL:0120-85-0997

●ハンドイントゥリー ショールーム
TEL:03-3796-0996

●フランクリン&マーシャル ラフォーレ原宿店
TEL:03-6434-9555

●マライカ ミティ 青山店
TEL:03-3797-6679

●メゾン キツネ カスタマーセンター
TEL:0120-667-588

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

●ヤマニ
TEL:0120-767-141

●ユナイト ナイン
TEL:03-5464-9976

●ワディ ショールーム
TEL:03-6451-0924

写真=仲山宏樹 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=堀 紘輔 文=八木悠太
photo : Hiroki Nakayama(BOIL)、styling : Masahiro Enomoto(remix) hair&make-up : Kosuke Hori(+nine) text:Yuta Yagi
〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!
PR
2018.10.25

〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!
品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!

軽くて暖かいのがダウンの利点だけど、一歩間違えると小僧っぽくなりがち。そんなダウンの弱点を克服した1着を〈ダンヒル〉で発見した! さすがラグジュアリーブランドだけあって品があるし、渋いカラーリングも絶妙。これなら大人らしいダウンスタイルが…

TAGS:   Fashion
〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!
PR
2018.10.25

〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!
アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!

現代の多様なライフスタイルをカバーしてくれる腕時計といえば、スマートウォッチ。とはいっても、変に現代的すぎるデザインでは大人にはちょっと気恥ずかしい !? そんな人には、〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作を。端正な顔立ちと高…

TAGS:   Fashion Watches
〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!
PR
2018.10.25

〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!
ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!

デニムの唯一の弱点ともいえるのが、寒さにそこまで強くないこと。毎日穿きたいけど、冬が近づくと敬遠しがち、なんて人も少なくない。そんなジレンマを解消するなら、〈ヤヌーク〉の新作はどう!? 裏起毛素材が毛布のようにカラダを温めてくれるので、寒…

TAGS:   Fashion Denim
素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!
PR
2018.10.25

素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!
大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!

男らしい反面、ガチすぎると近寄りがたい印象になる恐れもあるミリタリーアウター。でも、ご安心を。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作をまとえば、そんな不安要素なんて一瞬で吹き飛んでしまうから。素材や色使いのマジックで、男前かつとびき…

TAGS:   Fashion
波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!
PR
2018.10.26

波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!

波乗り男にとっては人の少ない冬こそ絶好のチャンス。でも、早朝の波チェックは想像以上に寒く、モチベーションも下がりがち。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉のダウンジャケにおまかせ。世界トップレベルの“河田フェザー”をたっぷり…

TAGS:   Fashion
〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉アピール上手な男は前も後ろも男前!
PR
2018.10.25

〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉
アピール上手な男は前も後ろも男前!

ペラペラと自慢話を語る軽薄な男はいただけないが、かといってムスッと黙っている男もそれはそれで古臭い。やっぱりさりげな~く自分らしさを語れるくらいが、 かっこいいよね。で、〈デウス エクス マキナ〉のアウターを。ご覧のとおり男らしい世界観…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!
PR
2018.10.25

〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!
週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!

いくらスマートウォッチが便利といっても、自分の見た目やファッションの世界観と合っていなければダメ。腕時計だけ浮いているのは問題外だ。で、ヴィンテージやデニム好きの本誌読者なら絶対合うのが〈ディーゼル〉のスマートウォッチ“フルガード2・5”…

TAGS:   Fashion Watches
オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?
PR
2018.10.25

オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!
二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?

デキる男ほどオフタイムは活動的。人生、仕事ばかりじゃ楽しくない。自分自身を解放できるオフタイムが充実してこそ、幸せが実感できるのでは? で、そんな考え方の人にうってつけなのが〈セイコー ガランテ〉の新作。上品さとは裏腹に、この時計は1日の…

TAGS:   Watches
週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!
PR
2018.10.25

週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!
爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!

小さなアイテムでありながら、着こなしのアクセントとして期待以上の効果を発揮するのが手元の“色”時計。それが遊び心たっぷりなデザインで存在感のあるデカ厚ケースだったら、まさに理想的。ならば、〈エンジェルクローバー〉の新作ソーラーを選べば間違…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ