Safari Online

SEARCH

DENIM デニム

2018.02.15

さりげなくて子供っぽく見えない!
モノトーン合わせで魅せる大人の“ダメデニ”姿!

ダメージ加工入りデニムといえば、この春も人気の中心。簡単にワイルドな男らしさが演出できるので、すでにヘビロテだという人も多いのでは? とはいえ、やんちゃになりすぎず、大人っぽく着こなそうとすると案外難しかったりも。

実はその解決策は、シンプルにモノトーンアイテムを合わせることにアリ。そこで今回は、大人が日常使いする“ダメデニ”選びと、それを大人らしく演出する着こなしを考えてみた。

[エージー]
AG

[リプレイ]
REPLAY


右:4万円(エージー/エージー ジャパン) 左:5万4000円(リプレイ/ファッションボックスジャパン)


“ほどピタ”シルエットの
“膝上穴”がポイント!

まずは“ダメデニ”選びから。大人であれば、当然だらしなく見えないものを選びたい。で、一番に気にするべきはシルエット。“ほどピタ”を選ぶってことが大切だ。というのも、やはり太めでダボついていると、ストリートっぽくて粗野な印象が際立つ。逆にピチピチすぎるとロック小僧みたいな見た目に。そう、自分の脚に沿って、美しくテイパードした“ほどピタ”が大人にはちょうどいいのだ。

そしてポイントがもうひとつ。デニムの膝穴の位置が、実際の膝位置より少し上の部分に空いているものを選ぶこと。こうすると、ちょっとした目くらまし効果で膝下が長く見える。すなわち、脚長効果でスタイリッシュに見えるってわけ。ただ、これについては、膝穴が上にくるよう、腰穿きしないっても大事だ。


大人の渋みがあるからこそ
シンプルなモノトーンを!

お次は、“ダメデニ”の着こなしについて。春になると、明るい色モノを着たくなるってもの。それはわかる。だけど、“ダメデニ”コーデを大人っぽく仕上げるのであれば、あえて白や黒といった洗練された印象になる無彩色を合わせるのがいい。そもそも、いい年の大人の男は“渋み”があるので、ダメデニ姿はそれだけで迫力満点。そこに色モノと合わせると、アクの強い“ただのお目立ちオヤジ”のようになる可能性も否めない。もちろん、キャラが合っていればいいのかもしれないが、やはり大人が“ダメデニ”を穿くのであれば、モノトーンの効力に頼るのがよさそうだ。



白か黒どちらかの
色使いに絞りこむ!

ただ、“モノトーンで合わせる”といっても、白と黒の両方をごちゃごちゃ使うと、全体的にチグハグな印象になってしまう恐れがある。だから、すっきり見せるなら白か黒どちらかで統一すること。どちらかに色を絞りこむことで、より洗練された雰囲気になるはず。もちろん、白で統一するのと黒で統一するのでは、印象が異なってくる。というわけで、それぞれのコーデのポイントを考えてみよう。


STYLE01 黒サンド合わせ


MA-1ブルゾン3万8000円(エージー/エージー ジャパン)、オープンカラーシャツ1万8800円(レミ レリーフ/ユナイト ナイン)、ダメージデニムパンツ7万8000円(ファブリックブランド/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン)、サングラス3万5000円(オリバーピープルズ/オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、スニーカー5800円(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)、その他はスタイリスト私物

“ダメデニ”を
黒コーデのヌケ感に!


まずは黒コーデにした場合。トップはもちろん、足元のスニーカーも黒で統一。洗練された印象に加え大人っぽさが増すので、都会で風景でもよく馴染む。また一方で、黒合わせは男らしさがぐっと増すのも事実。そのへんの匙加減はとっても大事で、あまりに男臭くなるとまわりから引かれるのでご用心。で、それを回避したい場合は、なるべく男クサくなりがちなライダースなどのアイテムは避けるのが得策。もし着るにしても、“きちんと感”の出るシャツなどを入れて緩和しょう。そうすれば、品のある大人らしいコーディネートが出来上がるはずだ。

黒サンドの場合、
裾は
“微ロール”で大人っぽく!




足元の処理も、デニム姿の印象を左右する大切な部分。普段よくやっている無造作なロールアップだと、男らしい黒コーデの場合、やんちゃな印象を強めてしまうかも。足首を見せないように、細幅でちゃんと折り目をつけた“きちんと微ロール”で大人感を高めよう。


STYLE02 白サンド合わせ


ケーブルニットカーディガン2万8000円(ラッド バイ デミリー/サザビーリーグ)、パーカ2万4600円(ブルーイ/トレイルショールーム)、Tシャツ1万7000円(ジョン エリオット/サザビーリーグ)、ダメージデニムパンツ7万8000円(ファブリックブランド/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン)、キャップ7500円(アロハビーチクラブ/ハンドイントゥリー ショールーム)、サングラス3万円(モスコット/モスコット トウキョウ)、スニーカー2万9000円(ニューバランス/ニューバランス お客様相談室)

続いて、白でコーデした場合。清潔感が増すという白の効果で、ダメデニのダーティな部分は払拭。白Tとデニムといえば爽やかな合わせだが、この白パーカもそれと同様の効果が期待できる。カジュアルでラフさの強いアイテムも、野暮ったさを感じさせないのが白マジック。だから、海辺や公園など、よりカジュアルな服で過ごす外でのシーンにこそ、白は効果的なのかも。

白サンドの場合の裾は
足首見せの“太ロール”!




色が違えば、足元のあしらいも違ってくる。クリーンな印象になる白の場合、あまりきちんとした裾にするのは真面目っぽくなりすぎるかも。ちょっと太めのロールアップにするとラフなポイントになる。さらに、足首を見せるくらいに捲れば、ぐっと軽快な印象となる。

穿きまわしたデニムはコレ!




ダメージデニムパンツ7万8000円(ファブリックブランド/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン)

黒サンド、白サンド、どちらのコーデも穿いたのはこちら。同じデニムでも印象は違うでしょ? というわけで、“ダメデニ”の大人の使い方はおわかりいただけたと思う。シンプルにモノトーンで合わせて、ちょっとしたディテールに気をつければ、“ダメデニ”は大人のお洒落の味方。この印象操作ができると、春夏のお洒落度もグ~ンとアップするはず!

Information

●エージー ジャパン
TEL:03-5946-8990

●ファッションボックスジャパン

TEL:03-6452-6382

●ユナイト ナイン
TEL:03-5464-9976

●シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン
TEL:03-6805-1777

●オリバーピープルズ 東京ギャラリー
TEL:03-5766-7426

●コンバースインフォメーションセンター
TEL:0120-819-217

●サザビーリーグ
TEL:03-5412-1937

●トレイルショールーム
TEL:03-5877-8712

●ハンドイントゥリー ショールーム
TEL:03-3796-0996

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

●ニューバランス お客様相談室
TEL:0120-85-0997

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

写真=鎌田拳太郎、正重智生 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=松本 恵
photo : Kentaro Kamata、Tomoo Syojyu(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) hair&make-up : Megumi Matsumoto(es*QUISSE)
〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!
PR
2018.10.05

〈アンブロ〉でグッと洗練された印象に!
大人のスポーティは“白黒”アイテムで潔く!

LA流スポーツミックスにトライしたいと思っても、“それって運動着!?”な〜んて突っこまれるのが怖くてなかなか着られない。そんな人、意外と多いのではないだろうか。でも、ご安心を。〈アンブロ〉のスタイリッシュな白黒アイテムを取り入れれば、大人…

TAGS:   Fashion
〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!
PR
2018.10.04

〈マリン アンド ウォーク〉の“カリフォルニアウィーク”をレポート!
スペシャルイベントと西海岸メイドのアイテムに気分上々!

9月22日からはじまった〈マリン アンド ウォーク〉のイベント、“カリフォルニアウィーク”。今年創刊15周年を迎えた雑誌『Safari』の特別企画として、ファッションスタイリングショーやスペシャルゲストが登場するトークショー、〈フェンダー…

TAGS:   Fashion
Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?
PR
2018.09.22

Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画
特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?

【Sponsored by Audi Japan】 「プレミアム」それは特別な時間であり、上質な体験を表現した言葉と言えようか。そんなプレミアムを知り尽くした日本のメンズライフスタイル誌3誌の編集長がThe new Audi A7 Spo…

TAGS:   Cars Lifestyle
〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!
PR
2018.09.22

〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!
大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!

なにげないカジュアルの着こなしに、大人らしい品格をもたらすのが靴やバッグ。しっかりとしたクオリティがあって、洗練されたデザインを選びたいけど、重厚で 堅苦しいのも避けたいところ。そんなときにぴったりなのが、イタリア発の〈トッズ〉。大人に…

TAGS:   Fashion
〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!
PR
2018.09.22

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシック…

TAGS:   Watches
〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!
PR
2018.09.25

〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!
大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!

アウトドアテイストのアイテムは男らしくアクティブな雰囲気を出せ、男の週末スタイルに最適だけど、ともするとワイルドすぎて洗練した雰囲気に欠けるのが難点。でも、〈トミー ヒルフィガー〉の新作は、男らしさがありながらモダンにアレンジしたアイテム…

TAGS:   Fashion
特集 カリフォルニアLAカジュアルを着て、LAを歩く。
PR
2018.09.22

特集 カリフォルニア
LAカジュアルを着て、LAを歩く。

『Safari』読者であれば、だれもがこの響きに憧れるはず。もう何度も現地を旅したという人も多いかもだけど、LAは本当に広く、やりたいこともいっぱい。そこで、『Safari』創刊15周年を記念して、現地取材を敢行!西海岸らしさ溢れるものづ…

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!
PR
2018.09.22

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!
大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!

秋アウターの主力になってくれるのは、街に映えるスマートさがあって、なおかつ大人ならではのヒネリが効いた1着。ブリティッシュトラッドをベースにした〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉なら、そんなアイテムが豊富に揃う。都会の洗練された空気を…

TAGS:   Fashion
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!
PR
2018.09.22

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!
欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!

カジュアル好きにとって普遍の定番アイテムである、デニム。とはいえ、定番がゆえに人と差をつけにくいという一面も。そこで頼れるのが〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉のデニムパンツ。ほかにはないシルエットやディテールのこだわりが満載で、自分ら…

TAGS:   Fashion Denim
週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!
PR
2018.09.25

週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!
ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!

何着持っていてもつい新作に手が伸びてしまうのは、ダウンジャケならではの魔力!? 今季も様々なダウンが登場しているが、アップデイトするなら小僧に見えない1着を狙うべき。ならば、〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注したダウンに注目。上質ウール…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16

ページトップへ