Safari Online

SEARCH

DENIM デニム

2018.02.15

さりげなくて子供っぽく見えない!
モノトーン合わせで魅せる大人の“ダメデニ”姿!

ダメージ加工入りデニムといえば、この春も人気の中心。簡単にワイルドな男らしさが演出できるので、すでにヘビロテだという人も多いのでは? とはいえ、やんちゃになりすぎず、大人っぽく着こなそうとすると案外難しかったりも。

実はその解決策は、シンプルにモノトーンアイテムを合わせることにアリ。そこで今回は、大人が日常使いする“ダメデニ”選びと、それを大人らしく演出する着こなしを考えてみた。

[エージー]
AG

[リプレイ]
REPLAY


右:4万円(エージー/エージー ジャパン) 左:5万4000円(リプレイ/ファッションボックスジャパン)


“ほどピタ”シルエットの
“膝上穴”がポイント!

まずは“ダメデニ”選びから。大人であれば、当然だらしなく見えないものを選びたい。で、一番に気にするべきはシルエット。“ほどピタ”を選ぶってことが大切だ。というのも、やはり太めでダボついていると、ストリートっぽくて粗野な印象が際立つ。逆にピチピチすぎるとロック小僧みたいな見た目に。そう、自分の脚に沿って、美しくテイパードした“ほどピタ”が大人にはちょうどいいのだ。

そしてポイントがもうひとつ。デニムの膝穴の位置が、実際の膝位置より少し上の部分に空いているものを選ぶこと。こうすると、ちょっとした目くらまし効果で膝下が長く見える。すなわち、脚長効果でスタイリッシュに見えるってわけ。ただ、これについては、膝穴が上にくるよう、腰穿きしないっても大事だ。


大人の渋みがあるからこそ
シンプルなモノトーンを!

お次は、“ダメデニ”の着こなしについて。春になると、明るい色モノを着たくなるってもの。それはわかる。だけど、“ダメデニ”コーデを大人っぽく仕上げるのであれば、あえて白や黒といった洗練された印象になる無彩色を合わせるのがいい。そもそも、いい年の大人の男は“渋み”があるので、ダメデニ姿はそれだけで迫力満点。そこに色モノと合わせると、アクの強い“ただのお目立ちオヤジ”のようになる可能性も否めない。もちろん、キャラが合っていればいいのかもしれないが、やはり大人が“ダメデニ”を穿くのであれば、モノトーンの効力に頼るのがよさそうだ。



白か黒どちらかの
色使いに絞りこむ!

ただ、“モノトーンで合わせる”といっても、白と黒の両方をごちゃごちゃ使うと、全体的にチグハグな印象になってしまう恐れがある。だから、すっきり見せるなら白か黒どちらかで統一すること。どちらかに色を絞りこむことで、より洗練された雰囲気になるはず。もちろん、白で統一するのと黒で統一するのでは、印象が異なってくる。というわけで、それぞれのコーデのポイントを考えてみよう。


STYLE01 黒サンド合わせ


MA-1ブルゾン3万8000円(エージー/エージー ジャパン)、オープンカラーシャツ1万8800円(レミ レリーフ/ユナイト ナイン)、ダメージデニムパンツ7万8000円(ファブリックブランド/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン)、サングラス3万5000円(オリバーピープルズ/オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、スニーカー5800円(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)、その他はスタイリスト私物

“ダメデニ”を
黒コーデのヌケ感に!


まずは黒コーデにした場合。トップはもちろん、足元のスニーカーも黒で統一。洗練された印象に加え大人っぽさが増すので、都会で風景でもよく馴染む。また一方で、黒合わせは男らしさがぐっと増すのも事実。そのへんの匙加減はとっても大事で、あまりに男臭くなるとまわりから引かれるのでご用心。で、それを回避したい場合は、なるべく男クサくなりがちなライダースなどのアイテムは避けるのが得策。もし着るにしても、“きちんと感”の出るシャツなどを入れて緩和しょう。そうすれば、品のある大人らしいコーディネートが出来上がるはずだ。

黒サンドの場合、
裾は
“微ロール”で大人っぽく!




足元の処理も、デニム姿の印象を左右する大切な部分。普段よくやっている無造作なロールアップだと、男らしい黒コーデの場合、やんちゃな印象を強めてしまうかも。足首を見せないように、細幅でちゃんと折り目をつけた“きちんと微ロール”で大人感を高めよう。


STYLE02 白サンド合わせ


ケーブルニットカーディガン2万8000円(ラッド バイ デミリー/サザビーリーグ)、パーカ2万4600円(ブルーイ/トレイルショールーム)、Tシャツ1万7000円(ジョン エリオット/サザビーリーグ)、ダメージデニムパンツ7万8000円(ファブリックブランド/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン)、キャップ7500円(アロハビーチクラブ/ハンドイントゥリー ショールーム)、サングラス3万円(モスコット/モスコット トウキョウ)、スニーカー2万9000円(ニューバランス/ニューバランス お客様相談室)

続いて、白でコーデした場合。清潔感が増すという白の効果で、ダメデニのダーティな部分は払拭。白Tとデニムといえば爽やかな合わせだが、この白パーカもそれと同様の効果が期待できる。カジュアルでラフさの強いアイテムも、野暮ったさを感じさせないのが白マジック。だから、海辺や公園など、よりカジュアルな服で過ごす外でのシーンにこそ、白は効果的なのかも。

白サンドの場合の裾は
足首見せの“太ロール”!




色が違えば、足元のあしらいも違ってくる。クリーンな印象になる白の場合、あまりきちんとした裾にするのは真面目っぽくなりすぎるかも。ちょっと太めのロールアップにするとラフなポイントになる。さらに、足首を見せるくらいに捲れば、ぐっと軽快な印象となる。

穿きまわしたデニムはコレ!




ダメージデニムパンツ7万8000円(ファブリックブランド/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン)

黒サンド、白サンド、どちらのコーデも穿いたのはこちら。同じデニムでも印象は違うでしょ? というわけで、“ダメデニ”の大人の使い方はおわかりいただけたと思う。シンプルにモノトーンで合わせて、ちょっとしたディテールに気をつければ、“ダメデニ”は大人のお洒落の味方。この印象操作ができると、春夏のお洒落度もグ~ンとアップするはず!

Information

●エージー ジャパン
TEL:03-5946-8990

●ファッションボックスジャパン

TEL:03-6452-6382

●ユナイト ナイン
TEL:03-5464-9976

●シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン
TEL:03-6805-1777

●オリバーピープルズ 東京ギャラリー
TEL:03-5766-7426

●コンバースインフォメーションセンター
TEL:0120-819-217

●サザビーリーグ
TEL:03-5412-1937

●トレイルショールーム
TEL:03-5877-8712

●ハンドイントゥリー ショールーム
TEL:03-3796-0996

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

●ニューバランス お客様相談室
TEL:0120-85-0997

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

写真=鎌田拳太郎、正重智生 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=松本 恵
photo : Kentaro Kamata、Tomoo Syojyu(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) hair&make-up : Megumi Matsumoto(es*QUISSE)
〈ティーワイ〉で見つけた、とびきりのアイテムが今シーズンの主役!シンプルな夏カジュアルは“ロゴ”でインパクト出し!
PR
2018.05.31

〈ティーワイ〉で見つけた、とびきりのアイテムが今シーズンの主役!
シンプルな夏カジュアルは“ロゴ”でインパクト出し!

着こなしがシンプルになりがちな夏カジュアルは、ロゴアイテムに頼るのもひとつの手。でも、どんなブランドを選んだらいいかわからない、って人も多いはず。そんな悩みも、セレクトショップ〈ティーワイ〉に行けば解消! 新しい価値観でセレクトされたブラ…

〈エンポリオ アルマーニ〉の新作時計で週末をアクティブに!夏の大人カジュアルは爽やかマリンな手元で!
PR
2018.05.24

〈エンポリオ アルマーニ〉の新作時計で週末をアクティブに!
夏の大人カジュアルは爽やかマリンな手元で!

夏のトビラもすぐそこ。この季節の手元のお洒落にはやっぱり、爽やかさが必要不可欠。

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.2彼女を支える手元にはタフで精悍な黒時計!
PR
2018.05.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.2
彼女を支える手元にはタフで精悍な黒時計!

波が落ち着いた午後は、彼女とゆったりSUP(スタンドアップ・パドルボード)をするのも楽しいひととき。パドルを手に歓喜する彼女をしっかりサポート。「海の男は頼れるわ♡」な~んて言わせたら、これほど嬉しいことはない。そんな海好き男を、さらにた…

この夏の必携アイテムは〈セオリー〉で手に入れる!爽やかリネンシャツがあればいつでもバカンス気分!
PR
2018.05.24

この夏の必携アイテムは〈セオリー〉で手に入れる!
爽やかリネンシャツがあればいつでもバカンス気分!

夏のカジュアルをぐっと大人らしく見せたいなら、デザインはもちろん、季節にふさわしい爽やかな素材感にもこだわりたい。

〈ポリス〉の新作で爽やかに街を駆け抜ける !?夏でもスマートな男の1本はフレームが“透け透け”!
PR
2018.05.24

〈ポリス〉の新作で爽やかに街を駆け抜ける !?
夏でもスマートな男の1本はフレームが“透け透け”!

サングラスは夏の必需品。でも顔を覆う分量が多すぎると、どことなく暑苦しい印象に。かといって、華奢すぎるものでは男らしさが出ない。サングラスは夏の必需品。でも顔を覆う分量が多すぎると、どことなく暑苦しい印象に。かといって、華奢すぎるものでは…

収納上手な〈グラマス〉のオーガナイザーで大人の休日スタイルがすっきり身軽に変わる
PR
2018.05.24

収納上手な〈グラマス〉のオーガナイザーで
大人の休日スタイルがすっきり身軽に変わる

バッグを持つほど荷物がない外出の場合、どうするのが得策なのだろう。まさか上着やパンツのポケットを、パンパンにするわけにもいかない。そこで頼りになるのが、〈グラマス〉のオーガナイザー。財布以上、クラッチバッグ未満の絶妙な収納力が、使い勝手に…

NEWS ニュース

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ