Safari Online

SEARCH

DENIM デニム

2018.05.03

ダメデニの最新着こなしをご紹介!
お洒落セレブはみ~んな“膝パックリ”!

着こなしにワイルドな味付けをしてくれるダメージデニム。なかでも膝が大きく破れたデストロイ系デニムは、ちょっと’90年代の匂いも漂って、意外にお洒落度の高いアイテム。

着こなしがシンプルになりがちな夏を迎えて、ますますその独特な存在感が気になるところだ。では、そんなダメージデニムをセレブたちはどう穿いているのだろうか。大きく分けると2通りの着こなし方が判明。ということで、さっそくそれぞれについて見ていこう。


01 Tイチ姿にワイルドなアクセントを!


Spencer Matthews[スペンサー・マシューズ]

まずはイギリスのリアリティ番組スター、スペンサーから。白Tにダメージ入りのグレーデニムという非常にシンプルな着こなし。それだけに、彼の鍛えられた肉体と、膝部分が大きく破れたデニムで、こなれ感のあるワイルドさに仕上がっている。このデニム、片膝以外はダメージ控えめで、意外にすっきりした印象。だからこそ、清潔感を失うことなく、ダメージがほどよい味付けになっている。大人が穿くなら、彼くらいのワイルドさがちょうどよさそう!


Brooklyn Beckham[ブルックリン・ベッカム]

続いては、ベッカムの長男ブルックリン。腰穿きしたデニムやアクセ使いなどに独自のお洒落センスが漂い、どこか若い頃の父親を彷彿とさせる。そんな彼も、膝が大きく破れたダメージデニムを愛用。シンプルな着こなしに、さりげにワイルドさがプラスされているのがわかる。足元はデニムカラーと同じブラックのブーツを合わせてすっきり見せることで、ストリート系の若造ファッションとうまく差別化している。


Joe Jonas[ジョー・ジョナス]

モノトーンコーデで都会的にまとめているのは、ミュージシャンのジョー。プリントTシャツと白スニがクリーンな印象。で、このまま普通のブラックデニムを合わせると、少々もの足りない感じになるところ。だから、そこにダメージ入りのデニムを取り入れてアクセントを作り、彼らしい男っぽさを表現しているというワケ。このさりげなさ、大人のダメデニコーデのお手本といえそう!


Younes Bendjima[ユーネス・ベンジマ]

コチラはアルジェリア生まれのモデル、ユーネス。彼は、両膝がパックリ割れたダメージデニムで、シンプルな白Tをワイルドにこなしている。サングラスは少し厳つい雰囲気だけれど、全体を見れば非常にクリーンでヘルシーだ。これも、デニムに遊びを効かせることで、一気にこなれ感がアップしているのがわかる。こんな着こなしなら、さっそくトライしやすいのでは?

NEXT NEXT PAGE2/2
デニム・オン・デニムをさらにワイルド増しに!

2/2PAGE

 


02 デニム・オン・デニムをさらにワイルド増しに!


Justin Timberlake[ジャスティン・ティンバーレイク]

先ほどの4人がシンプルなTシャツスタイルだったのに対して、コチラの3人はデニム・オン・デニム。もともとワイルド感の強い着こなしだけど、ダメージデニムでより男っぽさを強調している。この写真のジャスティンもそう。半袖のデニムシャツやキャップでアメカジ風にまとめつつ、ダメデニと白のハイカットスニーカーで’90年代風にアレンジ。破れた膝が絶妙なアクセントになっているのがわかる。


Ricky Wilson[リッキー・ウィルソン]

ミュージシャンのリッキーは、グリーンのデニムジャケットと淡青のダメージデニムという組み合わせ。デニムの裾をロールアップしてクロップド丈に。そこへシャープなスポーツスニーカーを合わせて、足元を軽く見せている。インナーの黒Tに強い存在感があるだけに、デニムのダメージがほどよいヌケ感として作用。ダメデニは単にワイルドさを出すためだけじゃなく、こんな使い方もできるということ!


Patrick Schwarzenegger[パトリック・シュワルツェネガー]

最後はあのシュワちゃんの息子で、俳優として活躍しているパトリック。サイドにラインの入ったデニムをスウェット感覚で穿いて、トップにもダメージの効いたデニムジャケットを合わせた。アメカジのスポーティミックスといった感じで、彼のこだわりが伝わってくる着こなしだ。膝のダメージによってワイルドさが強調されて、スタイリッシュでありながら力強い印象。とくにデニムがスキニータイプなので、もしダメージがなければ少しフェミニンに仕上がっていたかも。やっぱり膝ダメ入りにして大正解です。

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ