Safari Online

SEARCH

DENIM デニム

2018.06.04

夏らしいデニム姿は意外とカンタン⁉
軽やかさの演出には 色使いと丈感にひと工夫!

デニムスタイルを夏らしく見せるにはどうしたらいいのか? よくあるのは、どこかにカラフルなアイテムを使うというテク。陽気なイエローや流行りのグリーンやオレンジ使いは、まさに旬。この方法で、開放的な雰囲気を楽しむのも悪くない。

とはいえ、「明るい色使いはキャラじゃないなぁ」なんて人もいるはず。そんな人は、「願わくば、ベーシックな色で夏らしい印象に仕上げる方法はないの?」ときっと思っているはず!

だったら、定番のデニム選びにひと工夫するという手がある。選ぶのは、クロップド丈の1本。足首がチラッと見えることによって、不思議と軽快で爽やか~に見えるんです。

そこで今回は、そんなデニムパンツの着こなし方をコーディネートしやすい色使いでご紹介。重く見えないように注意さえすれば、お馴染みのカラーコーディネートだって、夏仕様になるってもの!

 

NEXT ベーシックカラーブルー系の場合

2/4PAGE

 

ベーシックカラー01
ブルー系の場合

ヘンリーネックTシャツ1万2000円(セーターハウス/ティーワイ アオヤマ トーキョー)、クロップドデニムパンツ3万3000円(タヴァニティ ソー ジーンズ/カイタックインターナショナル)、チェックシャツ2万3800円(レミ レリーフ/ユナイト ナイン)、キャップ3500円(デトアーライフ/ツノカワファーム)、サングラス2万9000円(シェイディキャラクター/ザ ライト)、スニーカー4700円(ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン)

開放感と爽やかさの両方を印象づける!

まずは、クロップドデニムをブルー系のワントーンでまとめたスタイル。切りっぱなしの裾は、まさに夏らしいディテール。ほら、こんな海を感じるシーンにハマるでしょ? それに、この手のデニムパンツだと日焼けた肌が足首から覗くから、開放感と爽やかさを印象づけられる。

これでシューズが隠れるくらいの丈感だと、そんな効果も期待できないってわけだ。足元は、見た目に軽快感があふれる白スリッポンがベストチョイス。気取らず履いているって感じは、まさに切りっぱなしのクロップドデニムがもつテイストとシンクロしているよう。白とブルーの色合わせとも相まって、夏らしさたっぷり!

 

NEXT 定番カラーグレー系の場合

3/4PAGE

ベーシックカラー02
グレー系の場合 

チェックシャツ2万1000円(ロットワイラー/アドナスト)、ノースリーブカットソー5500円(アッセンブリーレーベル/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、クロップドデニムパンツ2万3000円(アッパーハイツ/ゲストリスト)、サングラス2万9000円(シェイディキャラクター/ザ ライト)、スニーカー1万2800円(マカロニアン×ビオホテル/ビオロジックフィロソフィー)

都会的かつ軽やかなヌケ感が出せる!

これまた大人にとっての定番色、グレー系ワントーンのスタイルをご紹介。都会的な印象が強いグレーでも、クロップド丈の足首チラ見せ効果によって、ヌケ感ある雰囲気をうま~く出せている。できればこのコーデのように、パンツはアイスグレーのような薄めの色みで、トップに濃いめのトーンを合わせたほうが、涼やかで軽やかな感じに仕上がる。

 

NEXT 定番カラーグレー系の場合

4/4PAGE

ベーシックカラー03
オリーブ系の場合 

ミリタリージャケット1万8000円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、淡青ダメージデニム1万7000円(ワンティースプーン/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、サングラス3万2500円(ギャレット ライト カリフォルニア オプティカル/グローブスペックス ストア)、手に持ったキャップ5000円(オフィシャル/ストックルーム)、その他スタイリスト私物

野暮ったく重たくなりがちな印象も回避!

続いて近年の流行を超えて、もはや定番となったカーキを取り入れたスタイル。足首見えの丈感にアイスブルーのクールさが加われば、ちょっと重ためな印象のミリジャケでも涼しげにこなせる。裾がカットオフ仕立てのものならこなれ感もいっそうアップ! ただし、足元にビーサンなんかを合わせるとヒッピーっぽくなるので注意。

Information

●アドナスト ミュージアム
TEL:03-5428-2458

●ヴァンズ ジャパン
TEL:03-3476-5624

●カイタックインターナショナル
TEL:03-5722-3684

●グローブスペックス ストア
TEL:03-5459-8377

●ゲストリスト
TEL:03-6869-6670

●ザ ライト
TEL:03-6447-2666

●ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム
TEL:03-3401-5001

●ストックルーム
TEL:03-5785-1110

●ティーワイ アオヤマ トーキョー
TEL:03-5778-9225

●ツノカワファーム
TEL:03-5809-4265

●ビオロジックフィロソフィー
TEL:03-6447-1420

●ユナイト ナイン
TEL:03-5464-9976

写真=鎌田拳太郎、正重智生 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=堀 紘輔 文=八木悠太
photo : Kentaro Kamata、Tomoo Syojyu(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) hair&make-up : Kosuke Hori(+nine) text:Yuta Yagi
〈ティーワイ〉で見つけた、とびきりのアイテムが今シーズンの主役!シンプルな夏カジュアルは“ロゴ”でインパクト出し!
PR
2018.05.31

〈ティーワイ〉で見つけた、とびきりのアイテムが今シーズンの主役!
シンプルな夏カジュアルは“ロゴ”でインパクト出し!

着こなしがシンプルになりがちな夏カジュアルは、ロゴアイテムに頼るのもひとつの手。でも、どんなブランドを選んだらいいかわからない、って人も多いはず。そんな悩みも、セレクトショップ〈ティーワイ〉に行けば解消! 新しい価値観でセレクトされたブラ…

〈エンポリオ アルマーニ〉の新作時計で週末をアクティブに!夏の大人カジュアルは爽やかマリンな手元で!
PR
2018.05.24

〈エンポリオ アルマーニ〉の新作時計で週末をアクティブに!
夏の大人カジュアルは爽やかマリンな手元で!

夏のトビラもすぐそこ。この季節の手元のお洒落にはやっぱり、爽やかさが必要不可欠。

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.2彼女を支える手元にはタフで精悍な黒時計!
PR
2018.05.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.2
彼女を支える手元にはタフで精悍な黒時計!

波が落ち着いた午後は、彼女とゆったりSUP(スタンドアップ・パドルボード)をするのも楽しいひととき。パドルを手に歓喜する彼女をしっかりサポート。「海の男は頼れるわ♡」な~んて言わせたら、これほど嬉しいことはない。そんな海好き男を、さらにた…

この夏の必携アイテムは〈セオリー〉で手に入れる!爽やかリネンシャツがあればいつでもバカンス気分!
PR
2018.05.24

この夏の必携アイテムは〈セオリー〉で手に入れる!
爽やかリネンシャツがあればいつでもバカンス気分!

夏のカジュアルをぐっと大人らしく見せたいなら、デザインはもちろん、季節にふさわしい爽やかな素材感にもこだわりたい。

〈ポリス〉の新作で爽やかに街を駆け抜ける !?夏でもスマートな男の1本はフレームが“透け透け”!
PR
2018.05.24

〈ポリス〉の新作で爽やかに街を駆け抜ける !?
夏でもスマートな男の1本はフレームが“透け透け”!

サングラスは夏の必需品。でも顔を覆う分量が多すぎると、どことなく暑苦しい印象に。かといって、華奢すぎるものでは男らしさが出ない。サングラスは夏の必需品。でも顔を覆う分量が多すぎると、どことなく暑苦しい印象に。かといって、華奢すぎるものでは…

収納上手な〈グラマス〉のオーガナイザーで大人の休日スタイルがすっきり身軽に変わる
PR
2018.05.24

収納上手な〈グラマス〉のオーガナイザーで
大人の休日スタイルがすっきり身軽に変わる

バッグを持つほど荷物がない外出の場合、どうするのが得策なのだろう。まさか上着やパンツのポケットを、パンパンにするわけにもいかない。そこで頼りになるのが、〈グラマス〉のオーガナイザー。財布以上、クラッチバッグ未満の絶妙な収納力が、使い勝手に…

NEWS ニュース

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ