Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2017.12.16

優男っぽい印象で苦手意識があるなら
上品コートは味デニムでワイルドさをプラス!

大人にとってチェスターやダッフルのような長丈コートは、アウター選びにおける重要な選択肢。ただ、これらをどう着るかが重要。上品なアイテムだけに、どこかに男らしさを加えたキマリすぎないコーディネートが理想だ。そこで、ここでは味デニムを使った旬な着こなしをご紹介!上質素材による知的な…

大人にとってチェスターやダッフルのような長丈コートは、アウター選びにおける重要な選択肢。ただ、これらをどう着るかが重要。上品なアイテムだけに、どこかに男らしさを加えたキマリすぎないコーディネートが理想だ。そこで、ここでは味デニムを使った旬な着こなしをご紹介!

上質素材による知的なブラックコート!

繊細な糸で仕上げた密度の高い生地を、モッサ加工によりふっくらと仕上げているため、保温性がありながら軽量な着心地を実現している。きれいなラインの出る美しいシルエットと、使い勝手のいいカラーも魅力だ。

[クロ]
KURO



ダッフルコート5万3000円、中に着たGジャン2万円(以上クロ/ブルース)、中に着たスウェットシャツ1万4800円(フェルコ/アウトランディッシュトレーディング)、デニムパンツ3万円(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)、ローファー1万8000円(クラークス/クラークスジャパン)、その他はスタイリスト私物

上品な雰囲気に男らしさも加わり好バランスに!
柔らかな風合いのウールコートは品格十分。Gジャンとスウェットシャツのアメカジアイテムをレイヤードし、さらにフェード感のある味デニムを合わせた。これで絶妙にカジュアルダウンされ、男らしいコートスタイルが完成!

[ザ・ダファー・オブ・セントジョージ]
THE DUFFER OF ST.GEORGE



チェスターコート4万2000円(ザ・ダファー・オブ・セントジョージ/ジョイックスコーポレーション)、中に着たニット2万3148円(オールセインツ)、デニムパンツ3万2000円(ガス/ガス ジャパン)、サングラス3万円(モスコット/モスコット トウキョウ)、スニーカー1万1000円(ブルックスブラザーズ/ブルックス ブラザーズ ジャパン)

保温性にも長けた大人の渋色コート!
良質なウールをベースに、抜群のやわらかさと軽快さを備えるソロテックスを混紡。内側にキルト加工を施すことで保温性もアップしている。また、深みのあるブラウンカラーが大人の風格を高める効果もアリ。ボトムにはアタリの強いウォッシュドデニムを合わせ、上品な大人のアメカジスタイルを表現した。


[サイコバニー]
PSYCHO BUNNY



ダッフルコート5万8000円(サイコバニー/ジョイックスコーポレーション)、中に着たスウェットシャツ1万4800円(フェルコ/アウトランディッシュトレーディング)、デニムパンツ3万3000円(エージー/エージー ジャパン)、マフラー7400円(ザ・ダファー・オブ・セントジョージ/ジョイックスコーポレーション)、ローファー1万8000円(クラークス/クラークスジャパン)

効果的なパイピング使いで定番ダッフルに個性出し!
メルトン生地で仕上げたオーセンティックなダッフルコート。しかし、裏側を見ればフード裏からチラリと覗くオンブレチェック柄や、あざやかなオレンジのパイピングなど、個性を演出するディテールが盛りこまれている。ダッフル特有の優しげな雰囲気に、色落ちした味デニムの男らしさが引き立つ。

Information

●アウトランディッシュトレーディング
TEL:052-806-8835

 ●エージー ジャパン
TEL:03-5946-8990
 
●オールセインツ

TEL:03-5766-3011

 ●カイタックインターナショナル
TEL:03-5722-3684

 ●ガス ジャパン

TEL:03-5772-0124

 ●クラークスジャパン

TEL:03-4510-2009

 ●ジョイックスコーポレーション
TEL:03-3486-1573

●ブルックス ブラザーズ ジャパン
TEL:0120-185-718

●ブルース
TEL:03-6438-9913

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

写真=mican スタイリング=田川 匠
ヘア&メイク=堀 紘輔
photo : mican styling : Takumi Tagawa(remix)
hair&make-up : Kosuke Hori(+nine)
〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23 NEW

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!タフな男には重厚“赤差し”時計!
PR
2018.07.04

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!
タフな男には重厚“赤差し”時計!

アクティブな男の手元には欠かせない〈Gショック〉。若い頃からずっと好きで愛用しているという人も多いのではないだろうか。そんな日本を代表する名作時計が、大人にぴったりな仕様にアップデイトしているのはご存知?

TAGS:   Watches
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!
PR
2018.06.23

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3
男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!

波乗りを嗜む海好きにとって、世界中のポイントを巡る旅ほど憧れるものはない。ボード1本さえあればいい。あとは、大きなバックパックに着替えを詰めて、今日はカリフォルニア、来週はハワイへ。土地ごとに違う波は、常に終わりのない波乗り旅へと誘ってく…

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!
PR
2018.06.23

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!
エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!

シンプルになりがちな夏の着こなし。だから個性も出しにくく、どこかもの足りない印象に。であれば、〈ロイヤル フラッシュ〉と旬のブランドとのコラボアイテムはいかが?エッジの効いたディテールがちりばめられたアイテムは、1枚でも存在感は十分。夏の…

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!
PR
2018.07.01

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!
夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!

ダイバーズ時計のいいところは、つけるだけで潮の香りを纏えること。おまけにライフスタイル的にも、“海に通っている感”をカンタンにアピールできて好都合なはず。でも、もしそのダイバーズが〈ベル&ロス〉の新作のような、お洒落なブロンズケース仕様だ…

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!
PR
2018.06.23

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!
シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!

潜水用計器として生まれたダイバーズウォッチは、視認性と耐水性を重視する武骨なデザインで人気。そこに色気のあるデザインを加えたのが〈エドックス〉だ。〈エドックス〉なら、このとおり海だけでなく街でも映えるってわけ。そんなオールマイティウォッチ…

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!
PR
2018.06.23

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!
時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!

数ある時計を前に、本当に“自分らしい”時計を探し出すのは難しいもの。とはいえ、時計に強さと圧倒的な個性を求めるなら、〈セイコー ガランテ〉から探しはじめるのが近道かもしれない。“PEACEMAKER(ピースメイカー)”をコンセプトにした新…

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!
PR
2018.06.23

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!
夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!

昨年の“ナイトプール”に続き、今年もお手軽にリゾート気分が味わえるホテルプールは人気の予感。そんなプールでさりげなく差をつけるなら、〈ファーブル・ルーバ〉の“渋青”時計が狙い目。渋みのある青文字盤はブロンズ肌を落ち着いた印象に見せ、骨太な…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ