Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.01.22 PR

〈三越伊勢丹〉のバイヤー“ピッティ ・ウォモ”で探してきた!
この春、大人に必要な休日バッグ!

前回の記事(「この春、デニム好きな大人に必要な服!」)はご覧いただけただろうか。〈三越伊勢丹〉のバイヤーに、デニム好きのカジュアルなスタイルの大人に相応しい服を選んでもらったわけだが、さらに、今度は‟大人が休日に使えるバッグ選び”をお願いしてみた。


というのも、大人カジュアルに合わせるバッグって意外と悩みどころ。アウトドア感の強いバッグ だと、小僧と差がつきにくく、場合によっては品のない雰囲気になることも。かといって、ビジネス使いするようなバッグでは、お堅い印象で、リラックスした休日のシーンには合わなかったりもする。


そこで、再び目利きのプロである〈三越伊勢丹〉バイヤーの方に、大人の休日カジュアルにふさわしいバッグを選んでもらった。


今度のお題はバッグ探し!



さあ、バイイングに同行すべく、再びイタリア・フィレンツェへ!




というわけで、今度は〈三越伊勢丹〉新宿商品部バッグ &ラゲッジのバイヤー井波 亮さんに、休日に大人の男が持つべきバッグ を選んでもらうことに。彼は〈三越伊勢丹〉に入社して11年め。バッグ のバイヤーとしてもすでに3年というキャリアの持ち主。以前は店頭で、イタリアクラシコの販売担当も経験していたのもあり、この“ピッティ”はお得意分野に違いない。

「伊勢丹新宿店メンズ館には、伝統的な価値と先進的な価値のモノが揃っていることも強みです。大人にぴったりなクラシックさがありながら、形に囚われないカジュアルなシーンでも似合うバッグ を見つけたいと思います」

と語る。それでは、前回同様、世界最大のメンズ見本市ピッティ”の会場へ同行させていただこう。


いざ、再び“ピッティ”の会場へ!



“ピッティ”には過去5回ほど来ているという井波さん。“ピッティ”には服だけでなく、バッグ などの小物ブランドも多く出店している。

「クラシックをベースに解釈しているブランドが多いです。なので、大人のカジュアルスタイルにもコーディネートしやすいのではないかと思います」

なるほど、確かに“ピッティ”は斬新で突飛なものというよりも、定番のものが多い。だから、普段使いできる合わせやすいものが見つかりやすそう。

まず、井波さんが訪れたのは〈オフィチーナ・ティベリオ フェレッティ〉。このブランド、ひょっとしたら『Safari』読者にはあまり馴染みがないかもしれない。〈オフィチーナ・ティベリオ フェレッティ〉は2006 年よりイタリアのトスカーナ郊外でベルト専業として誕生したブランドだ。そういえば、ここフィレンツェのあるトスカーナって、レザーのアイテムは世界的にも有名。もちろん、上質だということは言わずもがな。なかでもこの〈オフィチーナ・ティベリオ フェレッティ〉は、高級メゾンブランドのベルトを生産した実績も持っていて、熟練の職人技が光る。しかも、デザインはミラノ在住の日本人デザイナーと共同でやっているというから親近感が湧く。



01 〈三越伊勢丹〉バイヤーが選んだのはコレ!



レザーゆえの大人っぽさや品はありつつも、ヘリンボーン編みと柔らかい素材感がラフな印象。ベルト製作により培ってきた熟練職人の手によって生み出された逸品は、クラシカルかつ新鮮! 伊勢丹新宿店メンズ館=B1紳士鞄で展開。サコッシュ3万7000円(オフィチーナ・ティベリオ フェレッティ/伊勢丹新宿店)

柔らかレザーで品がありつつラフな印象
〈オフィチーナ・ティベリオ フェレッティ〉のサコッシュ


こちらで井波さんが注目したのは、クタッとした柔らかレザーのサコッシュ。ご覧のとおり、肩肘張った印象はなく、リラックスした場面でもこなれ感抜群! 「シンプルなヘリンボーン編みのサコッシュはSSシーズンのアクセントアクセサリーとしてコーディネートのバランスが取れるからおすすめです」

たとえばこんな休日シーンで!
海辺やリゾートの場合



クルーネックニット6万円(フェデッリ/伊勢丹新宿店)、リネンパンツ2万6000円(J.W.ブライン/伊勢丹新宿店)、スニーカー4万3000円(アルベルト ガルディアーニ/伊勢丹新宿店)、その他はスタイリスト私物

リラックスした格好とも相性抜群


海辺やリゾートなどでのバッグは悩みどころ。スポーティなものだと実用的ではあるかもしれないが、彼女と一緒なら、海沿いのレストランへ行くってこともある。やはり大人としては、ちゃんと洒落たバッグを持っておきたいですよね? この品のあるレザーであれば、そんなときでも対応可能。それに、ふんわりしたリネン素材のアイテムなどを使ったコーデなど、リゾートっぽい格好とも相性抜群。


VARIATION

色のバリエーション豊富さが魅力!



レザーバッグというと、秋冬っぽいものが多い。しかし、このヘリンボーン編みに加え、春夏にもぴったりな色使いが嬉しい。コンパクトなサイズなので、アクセのような感覚でコーデのポイントにしたい。伊勢丹新宿店メンズ館=B1紳士鞄で展開。サコッシュ各3万7000円(以上オフィチーナ・ティベリオ フェレッティ/伊勢丹新宿店)


ほかにもオススメのバッグはある?

広〜いピッティ会場には、約1200以上ものブランドが出店している。そのうち、半分近くはイタリア以外の海外ブランド。中にはもちろん日本発のブランドだってある。だから、ここイタリアで、知らなかった日本のブランドを新たに発見するってこともあるのだ。それも“ピッティ”の面白さのひとつ。で、そんな中で井波さんが注目したのがこちら〈アミアカルヴァ〉というブランド。



「〈アミアカルヴァ〉は世界に発信される日本発のブランドです。ミリタリーリソースをベースにした普遍的なデザインと、使いこむとよい感じの雰囲気になるレザーバッグがおすすめです」

と井波さん。ご存知のように、今やメイド・イン・ジャパンのクオリティは世界に認められているところ。

そして、そのシンプルなデザインも魅力。大人となれば、あまりワル目立ちするようなバッグというのは避けたいでしょ? こちらのブランドのバッグなら、見た目もシンプルで洗練されたデザインかつ、世界を唸らせるクオリティの高さだから、大人にぴったりというわけ。


02〈三越伊勢丹〉バイヤーが選んだのはコレ!



日本の原皮を使用。上質な原皮を、時間をかけて揉みほぐし、適度なシボを持つ柔らかな革に。 つややかな表情と絶妙な柔らかさが特徴で、経年変化を楽しめるはず。伊勢丹新宿店メンズ館=B1紳士鞄で展開。レザーのヘルメットバッグ4万3000円(アミアカルヴァ/伊勢丹新宿店)

たとえばこんな休日シーンで!
1泊旅行の場合



迷彩柄スウェードヴァルスターブルゾン15万円(ヴァルスター/伊勢丹新宿店)、クルーネックニット6万円(フェデッリ/伊勢丹新宿店)、オフ白デニムパンツ2万6000円(シヴィリア/伊勢丹新宿店)、スニーカー11万円(ステファノ ベーメル/伊勢丹新宿店)、その他はスタイリスト私物

品がありつつもラフで男らしい印象


ややゆとりのある大きめサイズは、彼女といく1泊旅行なんかにもぴったり。もし彼女と一緒なら、派手なものではなく、こうしたシンプルなものが好印象。そうなると、やはり、質の高さにはこだわりたいところ。そんなとき、このバッグが最適。上質なレザーとデザインは品がありつつも、ほどよくラフで男らしさを感じさせる。もちろん、日常使いにんだっていい。ご覧のとおり、ワイルド感のあるレザーブルゾンのコーデでもすんなりと馴染む。


VARIATION
型違いの黒レザーバッグ



黒のレザーバッグをひとつみても、バリエーションは豊富。だから街のシーンでも使い分けできる。たとえば、休日でも、パソコンを持ち歩く、な~んてときはブリーフケース型。ジムへ行くってときはトートバッグが役立ちそうだ。伊勢丹新宿店メンズ館=B1紳士鞄で展開。右:ボストンバック4万7000円、左:レザートートバッグ4万3000円(以上アミアカルヴァ/伊勢丹新宿店)

もっと知っておきたい
“ピッティ・イマージネ・ウォモ”!



さて、今回〈三越伊勢丹〉のバイヤーが行った展示会、ピッティを改めて知っておきたい。ピッティといっても、ピンとこない人もいるかもしれない。だが、メンズのファッション業界の人であれば、1度は行ってみたいと思うような世界最大の見本市だ。業界人ならずとも、その空気感は感じてみたいところ。

1月9日から12日の4日間に渡って開催された今回のピッティ。長い歴史があり、なんと93回めを数える。毎回違ったテーマがあり、今回は“ピッティ ・ライヴ・ムービー”。まるで映画祭のように、看板が立ち並んでいたり、実際に映画館が出現していた。

会場にはバイヤーが世界中から集まっているので、当然、行き交う人はみんなお洒落。だから、この会場でのスナップ写真など、どこかで見たことがあるんじゃないかと。そう、もちろん仕事で来ているだけに、スーツやジャケ姿の人が多かった。だが、昔に比べてグッとカジュアルになってきた印象だ。

出展しているブランドは全体の半数近くはイタリアブランドだが、今回は日本からの出展ブランドも多く見かけた。

 

“ピッティ・ウォモ92
@イセタンメンズ”を開催!

世界で最もお洒落といっても過言ではないピッティ。イタリア・フィレンツェでしか味わえないはずが、なんと、東京で感じられる! 新宿にある伊勢丹メンズ館では、全館が“ピッティ”色に染り、最旬のファッションを多彩な角度から楽しむことができる。また、“ファッションをみんなで楽しむ!”をキーワードに、それぞれ自分の好きなファッションコーディネートを発信し、共感し合う”3丁目ピッティ”を開催! 期間限定なのでお見逃しなく!

 

Information

●ピッティ・ウォモ92@イセタンメンズ
住所:東京都新宿区新宿3丁目14−1 伊勢丹新宿店メンズ館各階
イベント期間:1月24日〜2月6日
営業時間:10:30〜20:00
無休 ※1月30日は店舗休業
TEL:03-3352-1111

伊勢丹メンズ館 ピッティの情報はこちらから  ※1月20日から配信開始
URL:imn.jp/post/108057198338
EC:isetan.mistore.jp/onlinestore

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

スタイリング=榎本匡寛 styling:Masahiro Enomoto(remix)
〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!
PR
2018.10.25

〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!
品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!

軽くて暖かいのがダウンの利点だけど、一歩間違えると小僧っぽくなりがち。そんなダウンの弱点を克服した1着を〈ダンヒル〉で発見した! さすがラグジュアリーブランドだけあって品があるし、渋いカラーリングも絶妙。これなら大人らしいダウンスタイルが…

TAGS:   Fashion
〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!
PR
2018.10.25

〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!
アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!

現代の多様なライフスタイルをカバーしてくれる腕時計といえば、スマートウォッチ。とはいっても、変に現代的すぎるデザインでは大人にはちょっと気恥ずかしい !? そんな人には、〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作を。端正な顔立ちと高…

TAGS:   Fashion Watches
〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!
PR
2018.10.25

〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!
ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!

デニムの唯一の弱点ともいえるのが、寒さにそこまで強くないこと。毎日穿きたいけど、冬が近づくと敬遠しがち、なんて人も少なくない。そんなジレンマを解消するなら、〈ヤヌーク〉の新作はどう!? 裏起毛素材が毛布のようにカラダを温めてくれるので、寒…

TAGS:   Fashion Denim
素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!
PR
2018.10.25

素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!
大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!

男らしい反面、ガチすぎると近寄りがたい印象になる恐れもあるミリタリーアウター。でも、ご安心を。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作をまとえば、そんな不安要素なんて一瞬で吹き飛んでしまうから。素材や色使いのマジックで、男前かつとびき…

TAGS:   Fashion
波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!
PR
2018.10.26

波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!

波乗り男にとっては人の少ない冬こそ絶好のチャンス。でも、早朝の波チェックは想像以上に寒く、モチベーションも下がりがち。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉のダウンジャケにおまかせ。世界トップレベルの“河田フェザー”をたっぷり…

TAGS:   Fashion
〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉アピール上手な男は前も後ろも男前!
PR
2018.10.25

〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉
アピール上手な男は前も後ろも男前!

ペラペラと自慢話を語る軽薄な男はいただけないが、かといってムスッと黙っている男もそれはそれで古臭い。やっぱりさりげな~く自分らしさを語れるくらいが、 かっこいいよね。で、〈デウス エクス マキナ〉のアウターを。ご覧のとおり男らしい世界観…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!
PR
2018.10.25

〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!
週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!

いくらスマートウォッチが便利といっても、自分の見た目やファッションの世界観と合っていなければダメ。腕時計だけ浮いているのは問題外だ。で、ヴィンテージやデニム好きの本誌読者なら絶対合うのが〈ディーゼル〉のスマートウォッチ“フルガード2・5”…

TAGS:   Fashion Watches
オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?
PR
2018.10.25

オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!
二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?

デキる男ほどオフタイムは活動的。人生、仕事ばかりじゃ楽しくない。自分自身を解放できるオフタイムが充実してこそ、幸せが実感できるのでは? で、そんな考え方の人にうってつけなのが〈セイコー ガランテ〉の新作。上品さとは裏腹に、この時計は1日の…

TAGS:   Watches
週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!
PR
2018.10.25

週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!
爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!

小さなアイテムでありながら、着こなしのアクセントとして期待以上の効果を発揮するのが手元の“色”時計。それが遊び心たっぷりなデザインで存在感のあるデカ厚ケースだったら、まさに理想的。ならば、〈エンジェルクローバー〉の新作ソーラーを選べば間違…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ