Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.02.08

Tシャツに合わせるとこなれ感たっぷり!
大人の余裕出しには優しく男らしい襟付きニット!

春はTシャツの上に1枚羽織って、軽快なカジュアルスタイルを楽しみたいもの。そこで注目したいのがショールカラーなどの襟付きニット。どこか上品な顔つきで、しかも優しげな男っぽさが漂うから、大人にとっては非常にありがたいアイテムだ。

もちろんセレブの間でも愛用者が多く、Tシャツとの組み合わせ方ひとつにも、個性が表れていて面白い。というわけで、3人のセレブの襟付きニット&Tシャツこなしを見てみよう!


メリハリの効いたグレーワントーン!

 
Channing Tatum[チャニング・テイタム]

ブルーグレーの色合いが絶妙なショールカラーニットを羽織っているのは、俳優のチャニング。ニットにうっすらと柄が入っているので、グレー系のワントーンコーデでもフラットにならず、さりげない奥行き感が出ている。さらに、霜降りグレーのTシャツを選んでいるのも、シックなニットに合わせた演出といえそうだ。昔から本当にグレー好きなチャニングだけに、こうした着こなしはお手のもの!? キャップやスニーカーなど、ストリートっぽいアイテムを取り入れつつ、小僧っぽく見えないのは、やっぱりショールカラーニットの効果といえそう。


サーファーらしいラフなニットコーデ!

 
Chris Hemsworth[クリス・ヘムズワース]

俳優のクリス・ヘムズワースが着ているのは、ネイティブ柄がアクセントになったグレーのショールカラーニット。そこには、普通の丸首Tシャツではなく、ヘンリーネックTシャツを合わせ、胸元のボタンを開けてラフにこなしている。これこそ、プロ級の腕前をもつサーファーの彼らしい、アクティブかつこなれた着こなしといえる。こんな感じで羽織るだけでも、大人っぽくキマるのがショールカラーニットのよさ。クリスの肩肘張らない、袖の捲り方や、さりげないアクセ使いも参考にしたい!


黒&グレーでも、ニットだから重くない!

 
Chris Hemsworth[クリス・ヘムズワース]

続いてもうひとつクリスの着こなしを。こちらは先ほどとは打って変わって、ニットジャケットに近い都会的な1着をチョイス。全体を黒とグレーでまとめて、スタイリッシュな雰囲気で着こなしているのがわかる。なかでも、注目したいのは、インのTシャツを2枚重ねにしていること。グレーの下に黒を覗かせることで、着こなしに立体感を出しつつ、黒ボトムとの繋ぎにしているというワケ。重くなりがちな色使いだけど、薄手のニット特有の柔らかいドレープ感によって、優しげで男らしい印象になっているでしょ?


白Tを上下から覗かせてカジュアルに!

 
David Beckham[デビッド・ベッカム]

最後はこちらのベッカム。彼が着ているのは、スタンドカラー付きのニットアウター。立ち襟だから、ショールカラーよりも男らしく見えるのがポイント。で、ベッカムは、フロントボタンを2つ外して、胸元と裾から白Tシャツをチラリ。う~ん、実に自然でうまい! このおかげで黒、グレー、白のバランスが取れて、ヌケ感のあるモノトーンコーデに仕上がっているのはご覧のとおり。かなりコンサバ寄りのデザインのニットでも、ベッカム流にこなせば、しっかり大人カジュアルになるってわけ。差し色の赤ニット帽も、最近の彼のお気に入りアイテムだ。

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!
PR
2018.11.24

〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!
ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!

海風やビル風が寒くなると、アウターが手放せない。だからといって、インナーで手を抜くのはいただけない。真冬でもアウターを脱ぐシーンは多いし、インナーでアウターのよさを引き出すこともできる。そんなとき頼りになるのが、〈ヴァンズ〉のロゴスウェッ…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ