Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.03.22

かっこいいオーラがハンパない4セレブ!
お洒落と波乗りどっちが上手!?

今回紹介するセレブは、サイモン・ベイカー、クリスとリアムのヘムズワース兄弟、コーディー・シンプソンの4人。

彼らの共通点、何だかわかります? そう、全員がかなりのサーフィン・マニアということ。ただ好きなだけじゃなく、もはや趣味とはいえないほどの腕前の持ち主なのだ。そして全員がオーストラリア出身。世界有数のサーフ天国で生まれ育ち、子供の頃から波に親しんできたエリートというわけ。そしてもうひとつ共通するのが、お洒落の腕前も達人クラスというところ。サーフィンもお洒落も上手なオーストラリア出身の4人に注目して、それぞれのサーフスタイルを比べてみよう!


01 爽やかネイビー好きのタスマニアン


Simon Baker[サイモン・ベイカー]

まずはタスマニア出身の俳優、サイモン・ベイカーから。バイロン・ベイに住んでいた10代の頃は、自宅から15分のサーフスポットに毎日のように通っていたそう。高校時代は水球部に所属しながら、ニューサウスウェールズ州のサーフィン大会で優勝。つまり根っからのサーファーなのだ。で、そんなサイモンのサーフスタイルはというと、シンプルで爽やかなネイビー主体の着こなし。「余計なお洒落はいらないぜ」といわんばかりの男っぽさがかっこいい。また、水陸両用で使えるボーダーショーツ姿もあり、そのままのスタイルで海に通っているようだ。


02 LAカジュアルの王道をゆくプロ級サーファー


Liam Hemsworth[リアム・ヘムズワース]

サーフィン上手なセレブといえば、まず名前が挙がるのがリアム。彼は有名スポットがたくさんあるメルボルンの出身。19歳でアメリカに渡るまでは、本気でプロサーファーを目指していたほどの腕前だ。彼のサーフスタイルは、基本的に気取らずラフ。楽しげなプリントTシャツやチェックシャツなどを取り入れた、王道の西海岸カジュアルといったところ。黒を効果的に使ったり、足元にレトロスニーカーを合わせたりして、大人っぽくまとめているのが彼らしい。190cmを超える長身ということもあって、ショーツ姿も非常にスマートに見える。


03 サーフブランドで魅せる、見事な筋肉美


Chris Hemsworth[クリス・ヘムズワース]

そのリアムの兄で、同じく俳優のクリスも、プロ級の腕前をもつサーファー。忙しい今でも、暇を見つけては波乗りを楽しんでいるよう。子供の頃はリアムとの兄弟喧嘩が絶えなかったそうだが、今は長兄のルークを含めて非常に仲がいいことで知られている。そしてクリスといえば、見事にビルドアップされた肉体美。リアムに比べて、見た目の雰囲気もかなりイカツイでしょ? 海通いをする姿も、サーフブランドの黒アイテムを中心に、あくまでも硬派でシンプル。兄弟でこんなにスタイルが違うというのも、なかなか面白い!


04 アメカジスタイルで日常からサーフィンを楽しむ


Cody Simpson[コーディー・シンプソン]

ゴールドコーストで育ち、現在はLAに住んでいる若手人気シンガーのコーディー。海が似合う爽やかなサウンドと歌声が特徴で、ミュージックビデオでも仲間と波乗りを楽しんでいる姿を見ることができる。いわばコーディーにとって、サーフィンは日常そのもの。だから服装も特別なものではなく、リラックスしたアメカジが中心。気取らずシンプルなデニムスタイルでLAライフを満喫しているようだ。でも足元がウエスタンブーツだったりするのが、彼らしいアレンジ。美少年風のルックスとは裏腹に、男らしい一面も持ち合わせているのが彼の魅力といえそう。

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ