Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.03.19

色気と海好き感漂う俳優クリス・ヘムズワース!
キャラ魅せの決め手は胸元チラリな“ゆる首グレー” !

たくましく鍛え上げられたカラダで、男のセクシーさを放つクリス・ヘムズワース。

勇ましい『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』など、まさにクリスにはうってつけの役柄だった。そんな彼は、オーストラリア生まれのサーファーでもある。大人の色気と海好きを窺わせる彼ならではのキャラクター。それを見事に演出しているポイントはいったいどこにあるのだろうか?


“ゆる首グレー”は
海好きな大人の味方

パッと見でわかる彼のキャラは、ファッションにもよ~く表れているようだ。たとえば“ゆる首”のトップ。彼は昔からゆる~い首元のものをよく着ているが、それもリラックスしたサーファーらしさを感じさせるもののひとつ。そして同時に、男らしい色気も嫌味なく漂っている。

ゆるい首元だからといってだらしなく見えず、逆にお洒落に見えるのはなぜか? それはひょっとしたら“グレー”の効果なのかも。というのも、グレーは落ち着いた印象に見えて、着こなしを都会的に見せてくれる色。そう、気づけば最近のクリスもグレーが圧倒的に多いのだ。

NEXT NEXT PAGE2/5:
男の色気漂う“ゆる首グレー”のコーデ例

2/5PAGE

 


Style01
“ゆる首グレー”にニット合わせ

リラックス感がありつつメリハリも!


空港でのクリスはニット合わせ。飛行機に乗るときは、当然、着心地重視というのは考える。ニット素材の“ゆる首グレー”に、ショールニットを合わせてリラックス感は抜群。どちらもグレーだが、濃淡に差があるため、ニット・オン・ニットでもメリハリのある印象だ。

NEXT NEXT PAGE3/5:
タンクトップだって街で着ちゃう⁉

3/5PAGE


Style02
“ゆる首グレー”にシャツ合わせ

シャツとならタンクトップも余裕!


タンクトップはたくましいカラダをセクシーにも見せるアイテムだけど、街ではさすがにだらしなくなるのではと思ってしまうかも。けど、シャツのインナーとして着ちゃえばほどよいバランスに。それに、グレーのデニムとワントーンで合わせればご覧のとおり。ゆるさとセクシーさがありながらも、街でも余裕でしょ?

NEXT NEXT PAGE4/5:
デートシーンだって活躍する“ゆる首”

4/5PAGE


Style03
“ゆる首グレー”にジャケット合わせ

お堅い印象が消えこなれ感アップ!


テイラードジャケットを着たときでも、やっぱり彼は首元がゆるい。こんな些細なことでもジャケットのお堅い印象がなくなり、かえってお洒落に見える。デートシーンなど、ジャケットできちんと感を演出したいときでも、クリスのような“ゆる首”インナーなら、こなれた印象になるはず。これはマネしたいテク!

NEXT NEXT PAGE5/5:
大人の男の色気ある“ゆる首グレー”のブランドは...

5/5PAGE

 


[ルクシー]
LOOK SEA



1万2800円(ルクシー/ジェムプロジェクター)
Safari Loungeで購入する

毎日でも着用したくなる心地よさ!


Wフェイス生地を使うことで、軽量ながらも厚みのある風合いのある仕上がりに。内側のシルクにより、保温性が高く肌触りも抜群。糸を先染めにすることで色に深みも出した。

[リプレイ]
REPLAY



2万8000円(リプレイ/ファッションボックスジャパン)
Safari Loungeで購入する

ゆったりとした大人を演出したいときに


ざっくり感のあるラフな表情が魅力のプルオーバー。素材にリネンを使うことで、涼しげな雰囲気に仕上げている。ネック部分が深いからセクシーさ魅せにも効果的。

[オールセインツ]
ALLSAINTS



5000円(オールセインツ)
Safari Loungeで購入する

少しヌケ感をプラスするならコレ!


胸元にはラムスカルをワンポイントとしてオン。スリムフィットだからルーズにならずスマートに着用できるのも嬉しいところ。単品でももちろん、インナーとしてジャケットインするのもおすすめ。

Information

●ファッションボックスジャパン
TEL:03-6452-6382

●ジェムプロジェクター
TEL:03-6418-7910

●オールセインツ
TEL:03-5766-3011

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

photo by AFLO
〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23 NEW

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!タフな男には重厚“赤差し”時計!
PR
2018.07.04

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!
タフな男には重厚“赤差し”時計!

アクティブな男の手元には欠かせない〈Gショック〉。若い頃からずっと好きで愛用しているという人も多いのではないだろうか。そんな日本を代表する名作時計が、大人にぴったりな仕様にアップデイトしているのはご存知?

TAGS:   Watches
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!
PR
2018.06.23

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3
男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!

波乗りを嗜む海好きにとって、世界中のポイントを巡る旅ほど憧れるものはない。ボード1本さえあればいい。あとは、大きなバックパックに着替えを詰めて、今日はカリフォルニア、来週はハワイへ。土地ごとに違う波は、常に終わりのない波乗り旅へと誘ってく…

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!
PR
2018.06.23

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!
エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!

シンプルになりがちな夏の着こなし。だから個性も出しにくく、どこかもの足りない印象に。であれば、〈ロイヤル フラッシュ〉と旬のブランドとのコラボアイテムはいかが?エッジの効いたディテールがちりばめられたアイテムは、1枚でも存在感は十分。夏の…

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!
PR
2018.07.01

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!
夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!

ダイバーズ時計のいいところは、つけるだけで潮の香りを纏えること。おまけにライフスタイル的にも、“海に通っている感”をカンタンにアピールできて好都合なはず。でも、もしそのダイバーズが〈ベル&ロス〉の新作のような、お洒落なブロンズケース仕様だ…

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!
PR
2018.06.23

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!
シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!

潜水用計器として生まれたダイバーズウォッチは、視認性と耐水性を重視する武骨なデザインで人気。そこに色気のあるデザインを加えたのが〈エドックス〉だ。〈エドックス〉なら、このとおり海だけでなく街でも映えるってわけ。そんなオールマイティウォッチ…

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!
PR
2018.06.23

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!
時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!

数ある時計を前に、本当に“自分らしい”時計を探し出すのは難しいもの。とはいえ、時計に強さと圧倒的な個性を求めるなら、〈セイコー ガランテ〉から探しはじめるのが近道かもしれない。“PEACEMAKER(ピースメイカー)”をコンセプトにした新…

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!
PR
2018.06.23

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!
夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!

昨年の“ナイトプール”に続き、今年もお手軽にリゾート気分が味わえるホテルプールは人気の予感。そんなプールでさりげなく差をつけるなら、〈ファーブル・ルーバ〉の“渋青”時計が狙い目。渋みのある青文字盤はブロンズ肌を落ち着いた印象に見せ、骨太な…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ