Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.04.04

たったこれだけで見違える!
セレブのGジャン姿がかっこいい理由!

春のアウターとして大活躍するGジャン。でも、着こなしが「イマイチしっくりこないなぁ」と思っている人も意外に多いのでは? 

実はGジャンって、ただ羽織るだけではこなれ感が出ないアイテム。着こなしにちょっと手を加えることで、かっこよさがグッと上がるのだ。というワケで、今回はお洒落上手なセレブをお手本に、こなれ感たっぷりのGジャン技をマスター。どれも難しいことはナシなので、手軽にトライできるはず!


01 基本は襟を立てるだけのシンプルこなし!


Jesse Metcalfe[ジェシー・メトカーフ]

まずは基本中の基本、Gジャンの襟立てテクから。シンプルなデニム・オン・デニムをこなれ感たっぷりに着こなしているのは、俳優のジェシー。Gジャンの襟をラフに立てることで、首まわりに動きをつけているのがわかるはず。本当になにげないテクだけど、これで着こなしにニュアンスが出て、颯爽とした印象に仕上がっているのはご覧のとおり。それから、選んでいるGジャンがジャストサイズなのも、お洒落に見えるポイント!


Eddie Redmayne[エディ・レッドメイン]

俳優エディも、Gジャンを襟立てで着こなしたスタイル。インに合わせたニットとのバランスもよく、男らしくこなれた雰囲気を演出している。襟はピンと立てると不自然に見えるので、エディのようにクッタリとさせるのがポイント。そうすれば自然なニュアンスを作ることができる。大人らしい色の組み合わせ方や全体のサイズ感もバッチリで、エディのお洒落偏差値の高さがよくわかる着こなしだ。

NEXT NEXT PAGE2/4:
02 ニュアンス出しにシャツ襟・オン・デニJK!

2/4PAGE

 


02 ニュアンス出しにシャツ襟・オン・デニJK!


Baptiste Giabiconi[バティスト・ジャビコーニ]

続いて紹介するのも、襟立てと同じく首まわりに動きをつけるテクニック。中に着たシャツの襟を外に出して、Gジャンの襟に乗せるレイヤード技だ。モデルのバティストは、デニムのオールインワンの上にGジャンを重ねる着こなし。片方の襟だけをGジャンの襟の上に出して、絶妙なニュアンスをつけている。かなりハイレベルなコーデだけど、そうは見せない自然体のお洒落がお見事!


Mark Wright[マーク・ライト]

TVパーソナリティのマークも、シャツの襟を外に出したレイヤードスタイル。グレーとブルーを中心にしたシンプルな着こなしだが、シャツのカーキを差し色にして、上手にお洒落度をアップさせているのがわかる。重ねたときにきれいに見せるには、シャツの襟は小さめの方が効果的。そのあたりのバランスも考えつつ、襟出しに向いたシャツを選びたいところ。ちなみに、さり気なく足元もシャツと色合わせしているのも見逃せない!

NEXT NEXT PAGE3/4:
03 首元にボリュームを出すフード乗せ!

3/4PAGE

 


03 首元にボリュームを出すフード乗せ!


Liam Payne[リアム・ペイン]

シンガーらしいアヴァンギャルドな着こなしのリアム。インに着たヒョウ柄パーカと、モナ・リザのプリントが効いた赤スウェットパンツがインパクト大。そんな着こなしを落ち着かせているのが、パーカの上に羽織ったGジャンだ。Gジャンの襟の上にヒョウ柄のフードを出して、首元にボリュームを出していているのがポイント。これでシルエットのバランスがよくなって、リアムらしい個性出しに繋がっている。


Tom Ackerley[トム・アッカーリー]

一方、ベーシックなアメカジスタイルでまとめているのは映画関係者のトム。ハリウッドで一番輝いている女優マーゴット・ロビーの夫だ。GジャンとTシャツの間にパーカを挟んでフードを外出しに。これによって首まわりにボリュームが生まれ、すっきりコーデのニュアンス出しに成功している。TシャツとGジャンだけだと、こういうこなれ感は出てこないはず。足元にヒネリをプラスしているサイドゴア風スニーカーも技あり!

NEXT NEXT PAGE4/4:
04 Xどめでヌケ感あるTシャツこなし!

4/4PAGE

 


04 Xどめでヌケ感あるTシャツこなし!

Jeremy Piven[ジェレミー・ピヴェン]

最後に紹介するのは、Gジャンのフロントボタンを1、2個だけとめて、フロントをXのような形に見せる”X留め”。Vゾーンと裾からインのTシャツを覗かせて、着こなしにヌケ感を出す着こなしテクだ。写真のジェレミーの場合、下から2番めと3番めのボタンだけとめることで、インの白Tを生かした着こなしに。全体がダークトーンでも軽快に見えるのは、このテクを上手に使っているからこそ!


Joel Edgerton[ジョエル・エドガートン]

俳優のジョエルもGジャンのフロントは”Xどめ”。何枚かレイヤードした着こなしだけど、下に着た白Tを見せることで、ヌケ感出しに成功している。ハンチング&眼鏡がクラシックなだけに、白アイテムでヌケを作らないと重く見えてしまいがち。そこのところを計算に入れた、非常にうまいコーディネートといえそう。ニットをイン使いした襟まわりも、彼らしい巧みな見せ方になっている。

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!タフな男には重厚“赤差し”時計!
PR
2018.07.04

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!
タフな男には重厚“赤差し”時計!

アクティブな男の手元には欠かせない〈Gショック〉。若い頃からずっと好きで愛用しているという人も多いのではないだろうか。そんな日本を代表する名作時計が、大人にぴったりな仕様にアップデイトしているのはご存知?

TAGS:   Watches
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!
PR
2018.06.23

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3
男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!

波乗りを嗜む海好きにとって、世界中のポイントを巡る旅ほど憧れるものはない。ボード1本さえあればいい。あとは、大きなバックパックに着替えを詰めて、今日はカリフォルニア、来週はハワイへ。土地ごとに違う波は、常に終わりのない波乗り旅へと誘ってく…

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!
PR
2018.06.23

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!
エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!

シンプルになりがちな夏の着こなし。だから個性も出しにくく、どこかもの足りない印象に。であれば、〈ロイヤル フラッシュ〉と旬のブランドとのコラボアイテムはいかが?エッジの効いたディテールがちりばめられたアイテムは、1枚でも存在感は十分。夏の…

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!
PR
2018.07.01

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!
夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!

ダイバーズ時計のいいところは、つけるだけで潮の香りを纏えること。おまけにライフスタイル的にも、“海に通っている感”をカンタンにアピールできて好都合なはず。でも、もしそのダイバーズが〈ベル&ロス〉の新作のような、お洒落なブロンズケース仕様だ…

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!
PR
2018.06.23

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!
シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!

潜水用計器として生まれたダイバーズウォッチは、視認性と耐水性を重視する武骨なデザインで人気。そこに色気のあるデザインを加えたのが〈エドックス〉だ。〈エドックス〉なら、このとおり海だけでなく街でも映えるってわけ。そんなオールマイティウォッチ…

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!
PR
2018.06.23

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!
時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!

数ある時計を前に、本当に“自分らしい”時計を探し出すのは難しいもの。とはいえ、時計に強さと圧倒的な個性を求めるなら、〈セイコー ガランテ〉から探しはじめるのが近道かもしれない。“PEACEMAKER(ピースメイカー)”をコンセプトにした新…

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!
PR
2018.06.23

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!
夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!

昨年の“ナイトプール”に続き、今年もお手軽にリゾート気分が味わえるホテルプールは人気の予感。そんなプールでさりげなく差をつけるなら、〈ファーブル・ルーバ〉の“渋青”時計が狙い目。渋みのある青文字盤はブロンズ肌を落ち着いた印象に見せ、骨太な…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ