Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.04.05

リネンの白シャツは大人の夏定番だけど
もっと開放感を楽しむなら 選ぶはダンゼン開襟柄シャツ!

初夏から夏本番にかけての定番トップといえば、爽やかな白のリネンシャツ。もちろんそれもアリだけど、もっと楽しげで個性的なお洒落を考えているなら、開襟の柄シャツに替えてみるのはどう? 

 

開襟シャツというと、昔ながらのアロハやボーリングシャツが代表格。もしかしたら野暮ったいイメージ(オッサンくさいイメージ?)を持っている人もいるかもしれないけど、もちろんそれは選び方や着こなし方の問題。上手に着こなせば、とってもお洒落な夏コーデに仕上げることができるのだ。というわけで、これからの季節にピッタリな”開襟柄シャツ”の攻略法を紹介していこう。 

NEXT じゃあ、大人の選びや着こなしは?

2/2PAGE

 

落ち着いたトーンの1枚を選ぼう!


右:オープンカラーシャツ4万7000円(ルシアン ペラフィネ/ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店) 左:トロピカル柄オープンカラーシャツ1万8000円(サタデーズ ニューヨークシティ)

開襟シャツが野暮ったく見えたり、着こなしが難しく感じたりするのは、昔っぽい派手な色柄のものを選んでしまうから。すっきり今っぽく着こなすには、ダークトーンを中心とした落ち着いた色合いのものを選ぶとうまくいく。これならトロピカルな柄でも、やりすぎな印象は一切ナシ。合わせるボトムを選ばず、海でも街でも気軽に着られるはず。たとえば、上の写真のような落ち着いた開襟シャツがおすすめ!

style01
クロップド丈やロールアップですっきりと!

 
トロピカル柄オープンカラーシャツ1万8000円(サタデーズ ニューヨークシティ)、淡青デニムパンツ3万7000円(エージー/エージー ジャパン)、腕時計74万円(ブライトリング/ブライトリング・ジャパン)、メガネ2万7000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、スニーカー5万3000円(コモン プロジェクト/トゥモローランド)

選び方の次は着こなし方について。開襟柄シャツに合わせるボトムは、基本的にすっきりしたものが好相性。クロップド丈を選んだり、裾を軽くロールアップしたりして、足元にヌケ感を出したいところ。だって胸元が軽いのに、足元が重々しかったらチグハグでしょ? 胸元と足元をしっかりシンクロさせて、開放的かつ軽快にこなすのがポイントだ。例えばこんな風に、淡色デニムの裾をワンロールした着こなしなら文句ナシ!

style02
白デニムで夏らしいお洒落を楽しむ!

 
トロピカル柄オープンカラーシャツ4万7000円(ルシアン ペラフィネ/ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店)、ダメージデニムパンツ2万4000円(ガス/ガス ジャパン)、サングラス3万円(モスコット/モスコット トウキョウ)、サンダル2万1000円(ジョン エリオット/サザビーリーグ)

合わせるボトムについては、白デニムを選ぶのも選択肢のひとつ。特に写真のようなモノトーンの開襟シャツには抜群の相性だ。全体を軽く見せたいので、細身シルエットのものを選びたいところ。また、あまりクリーンすぎるとカタく見えがち。なので、ほどよくダメージの入ったものを選ぶと間違いがない。見ての通り、すっきり都会的で、しかもリラックスした印象でしょ? というわけで、お洒落で楽しげな雰囲気が魅力の開襟柄シャツ。すっきりボトムとの組み合わせで、気軽にトライしてみては?

大人の開襟柄シャツならコチラもチェック!

[オールセインツ]
ALLSAINTS


オールセインツで定番のハワイアンシャツから新作が登場。日本を彷彿とさせる和テイストのデザイン。左:1万5277円 右:1万6666円(以上オールセインツ)
左▶Safari Loungeで購入する
右▶Safari Loungeで購入する

Information

●エージー ジャパン
TEL:03-5946-8990

●オールセインツ
TEL:03-5766-3011

●ガス ジャパン
TEL:03-5772-0124

●サザビーリーグ
TEL:03-5412-1937

●サタデーズ ニューヨークシティ
TEL:03-5459-5033

●トゥモローランド
TEL:0120-983-522

●ブライトリング・ジャパン
TEL:03-3436-0011

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

●ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店
TEL:03-5647-8333

写真=鎌田拳太郎、正重智生 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=堀 紘輔 文=野中邦彦
photo : Kentaro Kamata、Tomoo Syojyu(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix)  hair&make-up : Kosuke Hori(+nine) text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!タフな男には重厚“赤差し”時計!
PR
2018.07.04

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!
タフな男には重厚“赤差し”時計!

アクティブな男の手元には欠かせない〈Gショック〉。若い頃からずっと好きで愛用しているという人も多いのではないだろうか。そんな日本を代表する名作時計が、大人にぴったりな仕様にアップデイトしているのはご存知?

TAGS:   Watches
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!
PR
2018.06.23

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3
男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!

波乗りを嗜む海好きにとって、世界中のポイントを巡る旅ほど憧れるものはない。ボード1本さえあればいい。あとは、大きなバックパックに着替えを詰めて、今日はカリフォルニア、来週はハワイへ。土地ごとに違う波は、常に終わりのない波乗り旅へと誘ってく…

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!
PR
2018.06.23

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!
エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!

シンプルになりがちな夏の着こなし。だから個性も出しにくく、どこかもの足りない印象に。であれば、〈ロイヤル フラッシュ〉と旬のブランドとのコラボアイテムはいかが?エッジの効いたディテールがちりばめられたアイテムは、1枚でも存在感は十分。夏の…

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!
PR
2018.07.01

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!
夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!

ダイバーズ時計のいいところは、つけるだけで潮の香りを纏えること。おまけにライフスタイル的にも、“海に通っている感”をカンタンにアピールできて好都合なはず。でも、もしそのダイバーズが〈ベル&ロス〉の新作のような、お洒落なブロンズケース仕様だ…

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!
PR
2018.06.23

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!
シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!

潜水用計器として生まれたダイバーズウォッチは、視認性と耐水性を重視する武骨なデザインで人気。そこに色気のあるデザインを加えたのが〈エドックス〉だ。〈エドックス〉なら、このとおり海だけでなく街でも映えるってわけ。そんなオールマイティウォッチ…

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!
PR
2018.06.23

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!
時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!

数ある時計を前に、本当に“自分らしい”時計を探し出すのは難しいもの。とはいえ、時計に強さと圧倒的な個性を求めるなら、〈セイコー ガランテ〉から探しはじめるのが近道かもしれない。“PEACEMAKER(ピースメイカー)”をコンセプトにした新…

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!
PR
2018.06.23

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!
夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!

昨年の“ナイトプール”に続き、今年もお手軽にリゾート気分が味わえるホテルプールは人気の予感。そんなプールでさりげなく差をつけるなら、〈ファーブル・ルーバ〉の“渋青”時計が狙い目。渋みのある青文字盤はブロンズ肌を落ち着いた印象に見せ、骨太な…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ