Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.04.19

淡青デニム+白スニ最新版!
LAカジュアルを上手に着こなすヒント!

夏らしく爽やかなデニムスタイルといえば、やっぱり淡青デニムに白スニという組み合わせが一番。

ほどよい男っぽさがありながら、暑苦しくなく軽快なのがイイところ。しかも、潮っぽさが漂うこの組み合わせは、海男が好きなLAカジュアルの中でも鉄板中の鉄板だ。で、今回はそんな鉄板スタイルについて、セレブたちがどう着こなしているかを見ていきたい。これからの夏本番コーデの参考にきっと役立つはず!


01 ロックテイストにも個性的な爽やかさ注入!


Zayn Malik[ゼイン・マリク]

シンガーらしい個性的なお洒落が得意なゼイン。この写真では、着古したレザージャケットに、カートゥーン風のTシャツをイン使い。これだけだと少し暑苦しさが出そうなところだけど、すっきりした淡青デニムと白スニで軽快に見せている。とはいえ白スニがブリックソール風だったりして、彼らしいアレンジを加えているのも見逃せない。全体的にロックな香りがしながらも、コテコテにならないよう、うまく工夫した着こなしといえる。

NEXT NEXT PAGE2/5
02 大人のブルゾンはボトムを軽く仕上げる!

2/5PAGE

 


02 大人のブルゾンはボトムを軽く仕上げる!


Joshua Jackson[ジョシュア・ジャクソン]

続いて大人っぽいスウィングトップ風ブルゾンを羽織った俳優のジョシュア。下手にドレッシーに着こなすと、もたつきがちな難しいアイテムといえそうだ。でもボトムを淡青デニム&白スニでまとめれば、ご覧のようにすっきりシャープに。短丈ブルゾンのアクティブさも生きてきて、軽快で若々しい印象に仕上がっている。ローテク系の白スニを選んで、足元のボリュームを押さえているのもうまい!


Michael Hassini[マイケル・ハッシーニ]

英国で人気リアリティ番組に出演していたマイケルは、超細身の淡青デニムに白スニを合わせて、ヌケ感たっぷりな着こなし。リブ使いがスポーティなスウェードブルドンを合わせて、大人っぽくまとめている。ボトム次第で重く見えがちなトップは、マイケルのようにボトムをすっきり見せるのが正解。肉体美には自信があるだけに、逆三角形のシルエットを強調して彼らしさを演出している。

NEXT NEXT PAGE3/5
03 マリンなボーダーには爽快感が必要!

3/5PAGE

 


03 マリンなボーダーには爽快感が必要!


Scott Disick[スコット・ディシック]

やや着丈の長いマリンボーダーのカットソーで、LAらしい潮っぽさを出したリアリティスターのスコット。こちらもボトムは淡青デニムに白スニという軽快なスタイルだ。トップとボトムのバランスもよく、全体から爽快感が漂ってくるよう。カットソーの袖やデニムの裾を軽く捲って、動きをつけているのも彼らしいテク。ヌケ感たっぷりで大人っぽい、スコットの洒落スキルの高さがわかる着こなしといえる。

NEXT NEXT PAGE4/5
04 白サンドで個性的なデニムを引き立てる!

4/5PAGE

 


04 白サンドで個性的なデニムを引き立てる!


Patrick Schwarzenegger[パトリック・シュワルツェネガー]

こちらはモデルで俳優のパトリック。ハードなダメージ加工と、今っぽいキャロットシルエットが特徴の淡青デニムを、白スニと白Tで爽やかにこなした。デニムの個性が強いので、ほかのアイテムを白でまとめたのが大正解。小物を含めた各アイテムをよく吟味しているので、そのへんの小僧ともしっかり差別化できている。LAカジュアルならではの陽気な雰囲気で、シンプルなのにかっこいい!

NEXT NEXT PAGE5/5
05 淡色合わせでロングJKも軽快に!

5/5PAGE

 


05 淡色合わせでロングJKも軽快に!


Mike Thalassitis[マイク・タラシティス]

サッカー選手のマイクは、スタイリッシュなチェスターコートを淡青デニムと白スニで軽快に。インにも白Tを合わせることで、コートを重く見せない着こなしに仕上げている。デニムはダメージ入りのタイプを選んで、かっちりし過ぎるのを上手に回避。よく見ると白スニのシューレースも一風変わっていて、足元にさりげない個性を加えている。カジュアルにドレスアイテムを一点投入するなら、マイクのように“軽さ”を意識してまとめたい。

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!
PR
2018.07.30

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!
違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!

デニムは永遠の定番アイテム!? でも実際のところ、時代に合った“旬”のデザインはある。そこで、シルエットも豊富なうえ、ダメージ加工の技術も秀逸な〈ディースクエアード〉から一挙に19本をご紹介! 最旬&最適の1本がきっと見つかる!

TAGS:   Fashion Denim
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!
PR
2018.07.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4
バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!

大人だって、すべてを忘れてはしゃぐことがあってもいい。特に彼女と過ごすビーチバカンスではなおさら。服を脱ぎ捨て裸になれば、気分も会話も軽~くなるってもんです。そんなときは、時計だって軽いほうがいい。たとえば、〈クストス〉チャレンジR ジェ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!
PR
2018.07.24

〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!
差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!

大人のデニムスタイルは、どこかに遊び心やテクを潜ませて、さりげなく自分らしさを表現することが大事。穿きこなし方だけじゃなく、デニム選びからしっかり吟味して、まわりと差のつくスタイルを演出したいもの。となると、大人に似合う“技あり”デニムが…

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!
PR
2018.07.24

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!
トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!

名実ともに日本のトップサーファーとなり、世界のツアーに本格参戦しはじめたプロサーファーの加藤嵐さん。サーフィン競技では限られた時間の中で戦わなくてはならないだけに、正確な時間を把握することに対する意識も高い。そんな加藤さんが信頼を寄せるの…

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?
PR
2018.07.24

存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!
海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?

“楽しみ”を追い求めるのは人生の醍醐味。ときに大胆に、ときに強く。パワフルに行動する男は誰から見ても魅力的に映る。〈セイコー ガランテ〉の1本はそんな男にこそ似合う時計だ。新作ダイバーズもこんなに個性的。海好きはもちろん、ひと味違うキャラ…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ