Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.05.03

好感度の高い大人はシーンで使い分け⁉
夏男のための”爽やか系フレグランス”3選!

“香り”は人の印象を左右する重要なもの。加齢臭を漂わせている!な~んてのは言語道断。

意識の高い『Safari Online』読者であれば、もちろん”香り”にだってちゃんと気を使わないとダメ。

とはいえ、同じ”香り”でも季節やシーンなどの状況によって、まわりが受ける印象って変わってくるもの。だから、フレグランスは季節ごとに変えることをおすすめしたい。夏に向かうこの季節であれば、香りもちゃんと夏に合う爽やかな香水にするのが好印象への近道だ。

そこで、夏にぴったりな爽やかな香りのフレグランスをご紹介。どの香りも大人に似合うけど、どんなシーンが最適かを意識するとさらに効果的。というわけで、今回はシーン別で考えてみた。


01 バカンス先の夕暮れに彼女とロマンチックに黄昏る

ジミー チュウ マン 
アイス オードトワレ

トップノートは爽やかでパワフルなシトラスの香り。次第にウッディな香りを感じられ、さらにムスクやアンブロクサンなど官能的かつナチュラルでエレガントな雰囲気を醸し出す。数量限定。50㎖ 8500円、100㎖ 1万1200円(ジミー チュウ マン アイス オードトワレ/ブルーベル・ジャパン香水・化粧品事業本部)

〈ジミー チュウ〉というと、スタッズ使いしたアイテムがお馴染みだから、都会的で強い印象があるっていう人もいるかも。けど、意外とフレグランスは誰からも好まれるようなリラックス感のある香り。

コチラの夏限定で登場した”ジミー チュウ マン アイス オードトワレ”はボトルからして涼しげで夏にぴったりでしょ? 

香りはもちろん爽やかさはあるけど、どこか男らしい余裕や、ほんのり甘い優しさを感じさせてくれる。だから、女性ウケもいいはず。たとえば、バカンス先で夕暮れの水平線を見ながら、彼女と浜辺で座っているな~んてシーン。

彼女が寄りかかったときに、この香りがほのかに香れば彼女もうっとり。包まれるような男らしさを感じて、ロマンチックな雰囲気が盛り上がるはず! 

NEXT 朝イチの波チェックにまずは香りで気分を上げる!

2/3PAGE

 


02 朝イチの波チェックにまずは香りで気分を上げる!

アクア ディ パルマ
ブルー メディテラネオ キノット オーデトワレ

 

リグーリアの切り立つ海岸の岩肌に生息し、柑橘の中でも珍しいとされるキノットの香りを使用。カルダモンとローズマリーのフレッシュで大胆な香りから、ジャスミンとゼラニウムはゆるやかに花を咲かせ、ラストノートではパチョリとムスクの官能的な芳香で締めくくる。75㎖ 1万2500円、150㎖1万9500円(アクア ディ パルマ/インターモード川辺 フレグランス本部

〈アクア ディ パルマ〉は1916年にイタリアで生まれたブランド。もともと、テイラーメイドスーツのファイナルタッチに使用されていたフレグランスから生まれたブランドだけに、大人の気品があふれる。

とはいえ、注目はブルーのボトルのコチラ。地中海の太陽、軽やかな海風などをイメージしたラインのもので、とっても爽やかな香り! 

特に新作のこの″キノット オーデトワレ”はキノットという柑橘の香りが効いている。バシャバシャ使いたくなるスッキリとした軽さで、あまり香水が苦手という人でも使いやすいはず。まさにこの爽やかさは海のシーンにはぴったり。

たとえば週末の朝。波チェックへ出かける前に、このフレグランスを香らせればきっとテンションも上がる。いい波にも乗れそうな気分がしてくるのでは!? 

NEXT ホテルデートでもデキる涼しげな男を演出!

3/3PAGE

 


03ホテルデートでもデキる涼しげな男を演出!

エルメネジルド ゼニア 
アクア ディ ネロリ オーデ トワレ スプレィ

イタリア南部のカラブリアでゼニア フレグランスのためだけに栽培される、特別な‘ゼニア ベルガモット’のフレッシュなシトラス ノートに、はじけるようなネロリ、アーシーなシプリオルを基調に構成され、地中海沿岸に息づく、男性達の陽気さと自信を表現したイタリアらしい香りを感じさせられる。2018年5月11日数量限定発売。100㎖1万5500円(エルメネジルド ゼニア/アラミス)

開放的な夏とはいえ、大人だったら”きちんと感”を演出しなくちゃいけないときだってある。たとえば彼女とホテルレストランでのデートなどはそう。香りだってきちんと感を演出できるものを選びたい。

とはいえ、あんまりビジネス向けの堅苦しいものだとデートじゃムードがない。そんなときはコチラの”エルメネジルド ゼニア アクア ディ ネロリ オーデ トワレ スプレィ”がオススメ。

〈エルメネジルド ゼニア〉といえば、スーツのイメージがあるはず。フレグランスもやはり、スーツスタイルに合うものが多いのは確か。

だけど、限定で出たコチラは輝く太陽の日差しにあふれれたイタリアの海岸を彷彿とさせられるような仕上がり。”きちんと感”はありつつ、どこか華やかな雰囲気で、大人のデートにはほどよいのだ。

いかがだろうか。どれも夏にぴったりな爽やかなフレグランス。これをシーンによって使い分けできれば、きっとまわりからの好感度もぐ~んと上がるはず!

Information

●アラミスお客様相談室
TEL:03-5251-3541

●インターモード川辺 フレグランス本部
TEL:0120-000-599

●ブルーベル・ジャパン 香水・化粧品事業本部

TEL:0120-005-130

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!
PR
2018.07.30

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!
違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!

デニムは永遠の定番アイテム!? でも実際のところ、時代に合った“旬”のデザインはある。そこで、シルエットも豊富なうえ、ダメージ加工の技術も秀逸な〈ディースクエアード〉から一挙に19本をご紹介! 最旬&最適の1本がきっと見つかる!

TAGS:   Fashion Denim
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!
PR
2018.07.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4
バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!

大人だって、すべてを忘れてはしゃぐことがあってもいい。特に彼女と過ごすビーチバカンスではなおさら。服を脱ぎ捨て裸になれば、気分も会話も軽~くなるってもんです。そんなときは、時計だって軽いほうがいい。たとえば、〈クストス〉チャレンジR ジェ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!
PR
2018.07.24

〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!
差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!

大人のデニムスタイルは、どこかに遊び心やテクを潜ませて、さりげなく自分らしさを表現することが大事。穿きこなし方だけじゃなく、デニム選びからしっかり吟味して、まわりと差のつくスタイルを演出したいもの。となると、大人に似合う“技あり”デニムが…

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!
PR
2018.07.24

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!
トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!

名実ともに日本のトップサーファーとなり、世界のツアーに本格参戦しはじめたプロサーファーの加藤嵐さん。サーフィン競技では限られた時間の中で戦わなくてはならないだけに、正確な時間を把握することに対する意識も高い。そんな加藤さんが信頼を寄せるの…

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?
PR
2018.07.24

存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!
海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?

“楽しみ”を追い求めるのは人生の醍醐味。ときに大胆に、ときに強く。パワフルに行動する男は誰から見ても魅力的に映る。〈セイコー ガランテ〉の1本はそんな男にこそ似合う時計だ。新作ダイバーズもこんなに個性的。海好きはもちろん、ひと味違うキャラ…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ