Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.05.10

長く穿き続けるにはワケがある!
セレブがズバリ愛用する〈ディーゼル〉デニム!

お気に入りのデニムに出会うと、ついついヘビロテしてしまうもの。もちろんそれはセレブだって同じ。

誰がどんなデニムにハマっているのか、やっぱり気になりますよね? というわけで今回は、世界中で絶大な人気を誇る〈ディーゼル〉のジョグジーンズに注目。中でも美シルエットの“クルーリー”をこよなく愛するセレブをピックアップした。さて、彼らはどんな風に穿きこなしているのか、さっそく見てみよう。


01 “クルーリー”でワイルドなアメカジルック!
[ジョシュ・デュアメル]
Josh Duhamel


“クルーリー”のきれいなキャロット・シルエットを生かして、Tシャツ1枚でシンプルに穿きこなしているのは俳優のジョシュ。190cmを超える長身と鍛え抜いたボディの効果もあり、男っぽさ抜群の王道アメカジといった雰囲気を醸し出している。そして足元にはハイカットスニーカーを合わせるのが彼の流儀。これで力強さが加わって、上下のバランスもばっちり。動きやすいジョグジーンズで、アクティブに過ごしている様子がわかる。



色落ちしたデニムでこなれ感出し!


胸元の開いたブルーの長袖Tシャツに、グレーの“クルーリー”というコーデ。どちらも褪せたような色落ち感があり、こなれた大人の印象に仕上がっている。ただしニュアンスカラーだけだと全体がボヤッと見えがち。そこでキャップとスニーカーで黒を足し、上手に引き締めているというワケ。なにげないけど、お洒落スキルの高い着こなしといえそう。




ダメージに強いデニムはタフに着こなす!


コチラのジョシュは、ハードめの加工が施された濃紺タイプのジョグジーンズ。トップに黒Tシャツを合わせて、タフな雰囲気で穿きこなしている。先程とは逆に、全体が力強い色合いなので、足元の白スニーカーでヌケ感をプラス。スニーカーの紐はきちんと結ばず、裾をルーズにインしてこなれ出し。どこにも隙の見当たらない、お見事なコーデ!




合わせる小物でスポーティさを強調!


味のある色落ちに控えめのダメージが入ったジョグジーンズを穿いたジョシュ。腰穿きがキマる“クルーリー”らしいシルエットが際立って、非常にこなれた感じが出ている。黒T&黒スニを合わせたすっきりめのコーデだが、バックパックでアクティブな印象に。キャップのあざやかなイエローが、うまい差し色になっている。

 

NEXT クルーリーで品ありカジュアル

2/3PAGE

 


02 “クルーリー”でシンプル&品のあるカジュアル!
[レオナルド・ディカプリオ]
Leonardo DiCaprio


大物俳優のレオも、“クルーリー”を愛用しているセレブの1人。ダメージ控えめなタイプを中心に、異なる色落ちで何本か揃えている。その着こなしを見ると、トップには大人っぽいアイテムを合わせていることが多く、足元もスリッポンで軽快に仕上げている。ジョシュのようなワイルドさより、シンプルで品のある都会派スタイルが好みのようだ。ワイルド派もすっきり派も、着こなし次第でハマるのが“クルーリー”の魅力ってこと!



ゆるめのデニムを大人らしく仕上げる!


濃紺の“クルーリー”にジップアップ・ブルゾンを合わせたレオ。グレーTやスリッポンでヌケを作りつつ、彼が得意とするハンチング&サングラスで大人っぽく仕上げている。腰まわりがゆったりしていて、裾にかけて細くなったキャロット・シルエットだから、濃紺でも重くならず、若々しくアクティブな雰囲気だ。




腰穿きを品よく見せる上手な合わせ!


同じく濃紺の“クルーリー”だが、白Tとエスパドリーユ風スニーカーで爽やかにまとめているレオ。胸元のネックレスも嫌味なく、アクセントとして非常に効果的だ。ボトム次第で印象の変わる着こなしだけに、今っぽいシルエットの“クルーリー”はもってこい。腰穿きしても小僧っぽくならず、こんな風に大人っぽく見せられる。




イマドキな雰囲気を出すなら味感が大事!


コチラは軽く色落ちさせたタイプの“クルーリー”。ヨレっとした味のあるポロシャツに、ナイロンブルゾンを腰巻き。スリッポンで軽さを出しつつ、ハンチング&サングラスで大人っぽくという得意の着こなしだ。奇をてらったところはないのに、しっかりイマドキな印象が出ているのは、やっぱり“クルーリー”のシルエットのおかげ。非常に軽くて動きやすいから、穿いている本人も快適のは間違いない!
 

NEXT 2018年最新のジョグジーンズ

3/3PAGE

 


03 2018年最新のジョグジーンズはコレ!
抜群の伸縮性と美脚シルエット
“クルーリー-T-ジョグジーンズ”!




スウェットのような軽い穿き心地はそのままに、よりリアルなデニム感が楽しめる今シーズンのジョグジーンズ。表側の生地をツイル状にすることで、デニム特有のドライタッチを表現。耐久性やシルエットをキープする強度もアップしている。これにより、今までは難しかったハードなダメージ加工も可能に。ケミカルウォッシュをベースに、リッピング&リペア加工で大胆に味付けし、トレンド感たっぷりな1本に仕上げた。シルエットは人気の“クルーリー”。各4万8000円(ディーゼル/ディーゼル ジャパン)

What’s DIESEL?
安定した人気を誇るデニム界の雄!


1978年にイタリアで創業し、いまやグローバルに展開するデニム界の雄〈ディーゼル〉。誰にでも似合うモダンなシルエットと、ジョグジーンズに代表される商品開発力の高さが最大の武器だ。もちろんセレブたちのハートもしっかり捉えているようで、愛用者の数も安定して多い。

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!タフな男には重厚“赤差し”時計!
PR
2018.07.04

アップデイトして精悍さが増した〈Gショック〉!
タフな男には重厚“赤差し”時計!

アクティブな男の手元には欠かせない〈Gショック〉。若い頃からずっと好きで愛用しているという人も多いのではないだろうか。そんな日本を代表する名作時計が、大人にぴったりな仕様にアップデイトしているのはご存知?

TAGS:   Watches
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!
PR
2018.06.23

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.3
男の波乗り旅にふさわしい 白ストラップのリッチな1本!

波乗りを嗜む海好きにとって、世界中のポイントを巡る旅ほど憧れるものはない。ボード1本さえあればいい。あとは、大きなバックパックに着替えを詰めて、今日はカリフォルニア、来週はハワイへ。土地ごとに違う波は、常に終わりのない波乗り旅へと誘ってく…

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!
PR
2018.06.23

夏の定番も〈ロイヤル フラッシュ〉の別注なら新鮮!
エッジの効いたアイテムでワザありの夏スタイルに!

シンプルになりがちな夏の着こなし。だから個性も出しにくく、どこかもの足りない印象に。であれば、〈ロイヤル フラッシュ〉と旬のブランドとのコラボアイテムはいかが?エッジの効いたディテールがちりばめられたアイテムは、1枚でも存在感は十分。夏の…

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!
PR
2018.07.01

〈ベル&ロス〉の新作でもっとたくましくセクシーな男に!
夏のクロ肌がさらに輝くブロンズ色のダイバーズ!

ダイバーズ時計のいいところは、つけるだけで潮の香りを纏えること。おまけにライフスタイル的にも、“海に通っている感”をカンタンにアピールできて好都合なはず。でも、もしそのダイバーズが〈ベル&ロス〉の新作のような、お洒落なブロンズケース仕様だ…

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!
PR
2018.06.23

〈エドックス〉のダイバーズは海にも街にもよく似合う!
シーンを選ばない海時計なら いつでもアクティブ!

潜水用計器として生まれたダイバーズウォッチは、視認性と耐水性を重視する武骨なデザインで人気。そこに色気のあるデザインを加えたのが〈エドックス〉だ。〈エドックス〉なら、このとおり海だけでなく街でも映えるってわけ。そんなオールマイティウォッチ…

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!
PR
2018.06.23

遊び心が詰まった〈セイコー ガランテ〉の新作!
時計に込めたのは黄金の弾丸と男の信条!

数ある時計を前に、本当に“自分らしい”時計を探し出すのは難しいもの。とはいえ、時計に強さと圧倒的な個性を求めるなら、〈セイコー ガランテ〉から探しはじめるのが近道かもしれない。“PEACEMAKER(ピースメイカー)”をコンセプトにした新…

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!
PR
2018.06.23

アクティブな週末の相棒は〈ファーブル・ルーバ〉!
夏の日焼け肌に似合う“渋青”のダイバーズ!

昨年の“ナイトプール”に続き、今年もお手軽にリゾート気分が味わえるホテルプールは人気の予感。そんなプールでさりげなく差をつけるなら、〈ファーブル・ルーバ〉の“渋青”時計が狙い目。渋みのある青文字盤はブロンズ肌を落ち着いた印象に見せ、骨太な…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ