Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.05.17

セレブのTイチ姿がかっこよく見える理由!
たくましく見えるのは“袖ピタ”Tシャツ!

街でTイチ姿の人を見かけることが増えてきた今日この頃。そう、夏は誰もがありのままの自分を見せる季節。

となると気になるのは、お腹まわり……ではなく、男らしい力強さを象徴する腕まわり。いかにしてたくましい上腕二頭筋や三頭筋をアピールするかが、Tイチ姿をかっこよく見せるコツなのだ。で、そんな見せ方が抜群にうまいのが、ハリウッドのセレブたち。カラダを鍛えているかどうかに関係なく、基本的に袖がピタッとしたTシャツを選んで、たくましい腕をしっかりアピールしている。そんなセレブのTイチ姿を、2つのタイプに分けてチェックしていこう。


Tシャツ選び01
上腕筋を強調する短め袖!



Josh Duhamel [ジョシュ・デュアメル]

自然体の着こなしで肉体美をアピール!


まずは見事な肉体美を誇る俳優のジョシュ。もともとたくましいボディなんだから……といわずに、彼のTシャツの袖部分を見てほしい。かなり丈が短めで、しっかりと上腕筋をアピールできているのがわかるはず。胸まわりや着丈はジャストサイズ。だから、あくまで自然体で、上手に肉体美を演出しているってワケ。



Brad Pitt [ブラッド・ピット]

ワイルドなのにリラックス感たっぷり!


コチラのブラピは、ゆるネックのネイビーTシャツ。袖丈も裾丈も短めで、ワイルドながらもどこかリラックスした雰囲気だ。特にマッチョで売っているわけではないけど、彼もしっかりビルドアップした肉体の持ち主。たくましさを全面に出さず、ダメージ入りのデニムやTシャツでさりげなくアピールしているのが彼らしい!



Channing Tatum [チャニング・テイタム]

逆三角形シルエットで男らしさ強調!


肉体派の役どころが多い俳優のチャニング。見てのとおりのガッチリ体型で、逆三角形のシルエットを作って颯爽とキメている。彼が選んでいるTシャツは、袖丈が短く、着丈の長いトレンド感のあるタイプ。盛り上がった上腕二頭筋で男っぽさをアピールすることで、モードに偏ることなくワイルドに魅せている。



Ryan Gosling [ライアン・ゴズリング]

すっきりなのに上腕はたくましい!


ダメージ入りの白Tに、褪せ黒の細身デニムを合わせた俳優のライアン。ジャストサイズのすっきりとした着こなしながら、Tシャツの袖はやっぱり短め。その効果は絶大で、決してマッチョに見えないのに、さりげない男っぽさをしっかり表現できている。上腕三頭筋のたくましさがよく目立っているでしょ!? 

NEXT ついでに胸筋までピタっと強調!

2/2PAGE

 


Tシャツ選び02
ついでに胸筋までピタっと強調!



Charlie Hunnam [チャーリー・ハナム]

短め袖&胸ピタでたくましさアップ!


俳優のチャーリーは、黒の上下にイエローを差し色使いしたTシャツ姿。やはり袖は短めで、上腕のたくましさをしっかりアピール。おまけに大胸筋の盛り上がりが目立っていて、より力強い印象だ。ボディに自信があるのなら、こんなふうに腕だけでなく胸もピタッとしたTシャツを選ぶのもアリ。



Luke Evans [ルーク・エヴァンス]

力強い上半身でタフさをアピール!

白Tと味デニムとでシンプルにキメている俳優のルーク。直球勝負の着こなしだけに、シルエットがモノをいうところ。ルークは腕まわりと胸まわりをピタッとフィットさせることで、非常に力強い上半身を演出できている。胸元にサングラスを引っ掛けたり、カットソーをヒョイと肩掛けしたり、『Safari』でもお馴染みのヌケ感の出し方もうまい!


Brian Austin Green [ブライアン・オースティン・グリーン]

“上ピタ下ユル”な絶妙バランス!

俳優のブライアンは、グレーのワントーンでまとめた都会派のTイチ姿。デニムはやや余裕のある腰穿きで、プライベートらしいユルさを表現。一方のTシャツはというと、腕や胸がピタッとした男っぽいタイプをセレクト。このバランス感が絶妙で、ワントーンでもノッペリして見えないというワケ。アクセの重ねづけもアクセントになっているのも、夏の小物使いのお手本に。


David Beckham [デビッド・ベッカム]

オリジナリティあふれる着こなしは、さすが番長!


最後はお洒落番長のベッカム。胸元をほどよく強調できるジャストサイズのグレーTシャツを選んで、袖をラフにロールアップ。男らしい上腕をさりげなく強調している。レンガ色のカラーデニムで洒脱さを加えつつ、極めつきはベージュ×ピンクのハット使い。オリジナリティあふれるこの着こなし、さすがはベッカムといったところ。Tイチ姿はワンパターンになりがちだけど、こんなふうに楽しくアレンジすることもできるってこと!

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
〈阪急メンズ東京〉が贈る完全招待制イベントラグジュアリーな一夜に20名様を特別ご招待!
PR
2018.08.14 NEW

〈阪急メンズ東京〉が贈る完全招待制イベント
ラグジュアリーな一夜に20名様を特別ご招待!

8月24日、〈阪急メンズ東京〉がひと足早い秋の訪れとともに見た目も心も満たす、響く、刺激する秋冬ファッションを刺激するファッション&ライフスタイルイベントを開催。こちらのクローズドイベントに10組20名様をご招待!

TAGS:   Fashion Event
〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!
PR
2018.07.30

〈ディースクエアード〉だからこそのデザインと加工が魅力!
違いのわかる大人が選ぶ 差のつくデニム!

デニムは永遠の定番アイテム!? でも実際のところ、時代に合った“旬”のデザインはある。そこで、シルエットも豊富なうえ、ダメージ加工の技術も秀逸な〈ディースクエアード〉から一挙に19本をご紹介! 最旬&最適の1本がきっと見つかる!

TAGS:   Fashion Denim
海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!
PR
2018.07.24

海好き男と時計のアツ~い関係! Vol.4
バカンスに必要なのは彼女の笑顔と軽量時計!

大人だって、すべてを忘れてはしゃぐことがあってもいい。特に彼女と過ごすビーチバカンスではなおさら。服を脱ぎ捨て裸になれば、気分も会話も軽~くなるってもんです。そんなときは、時計だって軽いほうがいい。たとえば、〈クストス〉チャレンジR ジェ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!
PR
2018.07.24

〈ディーゼル〉の新作で新鮮スタイルを!
差がつく大人のデニムはどこかに“ワザあり”!

大人のデニムスタイルは、どこかに遊び心やテクを潜ませて、さりげなく自分らしさを表現することが大事。穿きこなし方だけじゃなく、デニム選びからしっかり吟味して、まわりと差のつくスタイルを演出したいもの。となると、大人に似合う“技あり”デニムが…

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!
PR
2018.07.24

プロサーファー加藤 嵐が惚れこむ〈ブライトリング〉の魅力!
トップアスリートだからこそ存在感ある時計を選ぶ!

名実ともに日本のトップサーファーとなり、世界のツアーに本格参戦しはじめたプロサーファーの加藤嵐さん。サーフィン競技では限られた時間の中で戦わなくてはならないだけに、正確な時間を把握することに対する意識も高い。そんな加藤さんが信頼を寄せるの…

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!
PR
2018.07.23

〈ジャック ダニエル〉の楽しい全国ツアーが開催中!
テネシーウイスキー片手に古きよきアメリカに酔いしれる!

アメカジ好きな大人の憧れはいろいろ。その中でも、古きよき時代のアメリカの世界観って特別なものだったりしませんか?

TAGS:   Gourmet
存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?
PR
2018.07.24

存在感がひと味違う〈セイコー ガランテ〉のダイバーズ!
海好きの男だったら時計もキャラで勝負する!?

“楽しみ”を追い求めるのは人生の醍醐味。ときに大胆に、ときに強く。パワフルに行動する男は誰から見ても魅力的に映る。〈セイコー ガランテ〉の1本はそんな男にこそ似合う時計だ。新作ダイバーズもこんなに個性的。海好きはもちろん、ひと味違うキャラ…

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.11

COLUMN 連 載

ページトップへ