Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.11.24 PR

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も軽快。街を駆ける足取りも軽そうでしょ!?

DOWN STYLE 01


コンパクトな短丈なら
色柄コーデも自然体に!


中に着たチェック柄ニット3万3000円、中に着たTシャツ8900円、デニムパンツ1万8000円、キャップ1万円、アウターのポケットに入れたグローブ2万円、ストール2万7000円(以上ブラックレーベル・クレストブリッジ/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)

ダークトーンが街にあふれる季節だからこそ、あえて色あざやかダウンで個性を楽しむ日があってもいい。短丈なら色が主張する面積も少ないので、さらりと着こなせるし、ほんのり浮かぶチェック柄も洒落て見えるはず。

柄が前面に出すぎないから
気負わずに着こなせる!



さりげなく浮かぶクレストブリッジチェ ックは、細番手の糸を使ったジャカード織りで時間をかけて描いた贅沢極まりない仕上がり。袖を取り外せばベストになり、フードも取り外し可能。
5万6000円(ブラックレーベル・クレストブリッジ/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)
 

詳しくはこちら
 


DOWN STYLE 02


大人顔のフランネルを
休日モードにギアチェンジ!


中に着たタートルネックニット2万6000円、グレーパンツ1万7000円、ストール2万7000円、白スニーカー3万円(以上ブラックレーベル・クレストブリッジ/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)

テイラードJKではお馴染みのフランネル。大人っぽさが魅力だが、お堅い印象もあるので休日には不向きと思いきや、見るからに軽そうな短丈ダウンならこんなに力の抜けた印象に。それでいてきちんと感もあるから、デートにも最高!

表地もダウンもふわりと
軽くて夢見心地な着用感!



イタリアの名門カノニコ社が手掛けたフランネルは、糸が細番手なので肌触りがすこぶるソフト。右の1着と同じく、少量でも高保温力を発揮するホワイトグースダウンを採用。
6万8000円(ブラックレーベル・クレストブリッジ/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)
 

詳しくはこちら
 


DOWN STYLE 03


手っ取り早くお洒落に
見せられる“2 in 1”


中に着たモックネックカットソー1万1000円、パンツ2万円、キャップ1万円、ブラックスニーカー3万円(以上ブラックレーベル・クレストブリッジ/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)、サングラスはスタイリスト私物

マリンテイストのブルゾンの中に着たダウンを、ちらりと見せた重ね着上手なコーデ。かと思ったら実はこれ、インナーダウンとセットの”2 in 1”。サッと着るだけで、こんなに洒落て見えるなんてありがたすぎる!?

ダウンっぽさが控えめな
ところも新鮮に見える!



風を遮る前立てやフラップポケットといったマリンテイストの意匠を、ウールボディの短丈ブルゾンにあしらった1着。保温力を高めるインナーのチューブキルトダウンは、取り外し可能。
7万2000円(ブラックレーベル・クレストブリッジ/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)
 

詳しくはこちら
 


DOWN STYLE 04


上質素材のマジックで
ミリジャケも一瞬で好印象!


中に着たチェックジップアップニット3万円、Tシャツ8900円、パンツ1万5000円、ストール1万2000円(以上ブラックレーベル・クレストブリッジ/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)

ミリジャケ系ダウンの男らしさは捨てがたいけど、イカツくて近寄りがたい印象は避けたい。そんな気分のときも、着丈が短いブルゾン型で、なおかつ素材使いに高級感があれば、こんなに男前かつスタイリッシュ。

日本とイタリアが手を組んだ
プレミアムなミリ顔ダウン!



“デイビス”と呼ばれる高密度ナイロンは、伊の老舗リモンタ社が織り、日本が世界に誇る小松精練が染色した一級品。その上品な光沢感に、シルバーフォックスファーも映える。
7万円(ブラックレーベル・クレストブリッジ/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)
 

詳しくはこちら
 

チェック柄ブランケットが
もらえるチャンス!

12/2までの期間中に、コート・アウターを含む商品を7万円以上購入すると、先着順でオリジナルブランケットをもらえるキャンペーンを開催中。ブランドのアイコンであるチェック柄で冬のスタイルを華やかに!

Information

●SANYO SHOKAI カスタマーサポート
TEL:0120‐340‐460
URL:www.crestbridge.jp

雑誌『Safari』1月号 P134-137掲載

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

写真=土屋崇治、池田佳史 スタイリング=浅井秀規
ヘア&メイク=堀 紘輔 文=遠藤 匠
photo : Takaharu Tsuchiya(TUCCI), Yoshifumi Ikeda(BOIL) styling : Hidenori Asai 
hair&make-up : Kosuke Hori(+nine) text : Takumi Endo
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim
週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー
PR
2018.12.27

週末スタイルのアクセントは〈ロイヤル フラッシュ〉の別注で!
海好き男なら見逃せないお目立ちニットとスニーカー

サーフィンのライディングと同じようにまわりからチェックされているのが、海上がりの装い。せっかくだから、見せどころを満載した〈ロイヤル フラッシュ〉の 別注アイテムで、仲間を出し抜いてみては!? 背中にビッグなナンバーを配したパーカと、ト…

TAGS:   Fashion
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ