Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.12.07

第7回“アスリート ドレッサーアワード”BMXレース 榊原 魁
五輪で金メダルを取ることを夢見て

モデル顔負けの長身と整った顔立ちからは想像もつかないかもしれないが、実はこの受賞者も世界を舞台に活躍するアスリート。BMXレースのオーストラリア代表として、2020年の東京オリンピックでの活躍が期待されている榊原魁選手だ。

 

 

日本人の母とイギリス人の父を持ち、幼少期を日本で過ごした榊原選手にとって日本は第2の故郷のようなもの。父が買い与えてくれたBMXに3歳から乗りはじめ、4歳で競技として本格的に取り組み出した。それも日本だった。ゆえに、東京五輪への出場には特別な思いがあるという。

NEXT ルックス同様に実力もトップクラス!

2/3PAGE

 

もちろん、ルックス同様に実力もトップクラスだ。2017年度オセアニア選手権とオーストラリア選手権でともに優勝を飾り、現在の世界ランキングは9位。東京オリンピックでも表彰台を狙える実力を十分に備えている。
ちなみに、一緒に日本で幼少期を過ごした妹も同じくBMXレーサーの爽選手。彼女も2017年の世界選手権で準優勝し、世界ランキングは2位とトップクラスの実力を誇っている。兄妹揃って東京オリンピックを盛り上げてくれるかもしれない。

五輪出場への自信と強い決意

とはいえ、五輪への出場が狭き門であることには変わりない。予選自体は今年の9月からはじまり、五輪開催年の6月までが予選期間になっている。その期間中に、ワールドカップ、UCI(国際自転車競技連合)主催大会、オーストラリア全国大会、オセアニア選手権大会といった試合が開催される。選手たちはこれらの大会でポイントを獲得していくことになるのだが、各国上位3人のポイントを合算したのがその国のポイントとなる。つまり、この予選期間のポイントによって国の順位が決まり、順位に応じて五輪の出場枠が与えられることになるわけだ。
国別ランキングの上位2カ国は3枠、3位〜5位は2枠、6位~11位は1枠となり、それに開催国枠などがプラスされるとオリンピックの出場枠は24しかないのだという。

 

 

そんな熾烈な競争を勝ち抜かなくてはならないのだが、榊原選手自身は「今の自分の状態は過去に想像したレベルを超えていると思っており、このままレベルアップを続けていけばチャンスはあると思っています。」という自信と強い決意を胸に、日々のトレーニングに取り組んでいる。榊原選手は、BMXレースが正式種目として初採用された北京オリンピックを見たとき以来、五輪で金メダルを取ることを夢見てきたという。その夢がいつしか目標となり、今は現実になりつつあるのか。限られた出場枠を勝ち取る2020年までの戦いからも、目が離せなそうだ。

NEXT 榊原選手の受賞コメント

3/3PAGE

BMXレースを色々な人達に知ってもらいたい

榊原選手はこのようにコメント。「今回、アスリートドレッサーアワード受賞の連絡を受けて正直ビックリしました! 僕は、次世代の子供たちが憧れるようなかっこいいアスリートを目指して日々練習に取り組んでいますが、このようにファッション関係で興味を持っていただいたのははじめてなので、嬉しいです。ファッションは僕にとって新しい世界ですが、このイベントを通して2020年の東京五輪正式種目であるBMXレースをもっと色々な人たちに知っていただければと思います。」

PROFILE

1996年生まれ。オーストラリア代表のBMXレース選手。 日本人の母とイギリス人の父の元、ゴールドコーストで生まれ、4歳で家族と日本に引っ越し、幼少期を日本で過ごす。現在はシドニーを拠点に活動を行い、2017年遂に悲願のオセアニア選手権、オーストラリア選手権で優勝し、妹の爽と共にチャンピオンになる。2018年にはワールド杯で4位入賞を果たす。世界チャンピオンになるべく、日々ライディングに磨きをかけている。世界ランキング9位。(11/26付)

榊原 魁選手ら受賞者6名が一堂に会する
“アスリート ドレッサー アワード”は12月8日開催!

Information

●第7回 アスリート ドレッサー アワード
日時:12月8日(土)15:00~17:00
場所:有楽町マリオン センターモール(阪急メンズ東京前)
※授賞式&トークショーのほか、マイケルカネコによるミュージックライブ、ファッションスタイリングショーなどもあり。会場には〈テスラ〉モデル3を展示。観覧無料。

文=遠藤 匠 text:Takumi Endo
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!
PR
2018.11.24

〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!
ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!

海風やビル風が寒くなると、アウターが手放せない。だからといって、インナーで手を抜くのはいただけない。真冬でもアウターを脱ぐシーンは多いし、インナーでアウターのよさを引き出すこともできる。そんなとき頼りになるのが、〈ヴァンズ〉のロゴスウェッ…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ