Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2018.09.21

カラダが喜ぶヘルシー料理! Vol.9 ミスターファーマー
ヴィーガントリュフチーズバーガー

全国各地から厳選した自慢の野菜をふんだんに使い、〝美と健康は食事から″をコンセプトにしたお野菜カフェ。そう聞いて、「女性向けのカフェじゃないの?」と思ったら大間違いだ。グルテンフリー、ヴィーガンなどの意識だけでなく、アスリート向けのパワープロテインメニューまでも網羅するラインナップ。さらに、朝食からランチ、ティータイム、ディナーまで利用できる幅広い営業時間も、忙しい『Safari』世代には嬉しい。日頃からヘルシーなカラダ作りを意識している男性にとっても、頼れるカフェなのである。

メニューを見ると、アメリカ西海岸にインスパイアされたというヴィーガン、グルテンフリー、そしてアスリートにぴったりなパワープロテインメニューがずらり。それぞれ対応するメニューにはアイコンが付いていて、選びやすいのもいい。

NEXT 豊富なメニューの中でもオススメなのは......

2/3PAGE

 

ルックスよし、香りよし、満足度は抜群!

なかでもヴィーガントリュフチーズバーガーは、ルックスよし、食べた瞬間の香りよし、そして食後の満足度も高いメニューだ。


ヴィーガントリュフチーズバーガー2090円

大豆ミートやソイチーズなどのフィリングと、野菜にヴィーガンマスタードマヨネーズ、そして黒トリュフの濃厚な香りが加わることで、ヴィーガンメニューにありがちな、もの足りなさは微塵も感じられない。添えられているトリュフポテトをつまみとして楽しむのもいい。

NEXT もちろんほかにもオススメあり!

3/3PAGE

 

グルテンフリーで罪悪感の少ないカレー!

また、食事を制限していると無性にカレーが食べたくなるときがある。そんなときは、グルテンフリーで罪悪感の少ないカレーはいかがだろう。揚げ豆腐やミックスビーンズでたんぱく質も補給できる。


キヌアとブラウンライスのヴィーガンベジタブルグリーンカレー1750円

表参道店限定のアスリート向けメニューもある。
表参道店限定メニューのパワープロテイン"チキン プレート”1750円

ヘルシーメニューながら、男性からの支持が多いというメニューはこちら。

MF COBB/ファーマーズコブサラダ1550円、ブレッド+ポテトのローズマリーソテーつきは1950円

ロメインレタス、ケール、トレビス、トマトというベースの野菜に、サラダチキン、ゆで卵、アボカド、フェタチーズ、スモークサーモントラウトが組み合わされた高たんぱくのヘルシーメニューだ。

ほかに、ベジスムージーやコールドプレスジュースはテイクアウトもOK。トレーニングの前後や、街歩きの途中で一息つきたいときに、ふらりと立ち寄れるし、便利だ。

今回紹介している表参道のほか、新宿や六本木、駒沢オリンピック公園など、「あるといいな」と思う場所に店舗があるのもありがたい(メニューは店舗によって一部異なる)。決して女性向けというだけではなく、男性も満足できるメニューが豊富。ご近所のお店を是非とも行きつけにしてみては?

Information

●Mr.FARMER OMOTESANDO
住所:東京都渋谷区神宮前4-5-12 セピア原宿1F
営業時間9:00~20:00
無休
TEL:03-5413-4215
https://mr-farmer.jp/
※価格はすべて税別。

文=はまだ ふくこ text:Fukuko Hamada
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!
PR
2018.11.24

〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!
ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!

海風やビル風が寒くなると、アウターが手放せない。だからといって、インナーで手を抜くのはいただけない。真冬でもアウターを脱ぐシーンは多いし、インナーでアウターのよさを引き出すこともできる。そんなとき頼りになるのが、〈ヴァンズ〉のロゴスウェッ…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ