Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2018.10.14

ホテルの名物メニューを彼女と♡ Vol.23〈グランド ハイアット 東京〉“フィオレンティーナ”
パルマ産生ハム ルッコラのピッツァ 

彼女とゆったり熱々のピッツァを食べたい! そんなときは、気負わず行ける雰囲気の“ホテルレストラン”があると便利。そこで、〈グランド ハイアット 東京〉の“フィオレンティーナ”をご紹介。ロビーフロアに唯一位置するイタリアンカフェで、使い勝手が抜群にいい。

朝早くから夜遅くまでオープンしていて、テラス席もある開放的な店内。ペストリーショップも併設され、カフェとしても気軽に利用できる。しかも出される熱々のピッツァは本格的な美味しさとあれば、利用しない手はない!

多彩なパスタはもちろん、希少なイタリア高級銘柄牛であるキアニーナ牛のTボーンステーキ、そしてパンケーキをはじめとしたデザートで支持を得ているこのお店。実は日本人が大好きなピッツァも“フィオレンティーナ”のシグネチャーディッシュなのだ。

ピッツァはベーカリーチーム特製の生地で、噛みしめるたびに小麦粉の味わいがふんわ~り広がると大評判。しかも、270度のピッツァ窯で約3分かけて一気に焼き上げているので、中がもちもちの食感を存分に楽しめるのだ。

こんもりと高く盛られたルッコラはまさにSNS映え!

3種類あるピッツァの中でも絶対にはずせないのが、見た目も味もインパクがある“パルマ産生ハム ルッコラのピッツァ”(2400円、税・サ別)。こんもりと高く盛られたルッコラはまさにSNS映えすること間違いなし。

惜しげもなく使われたパルマ産の生ハムは適度な塩気と野性味があり、ピリリとする新鮮なルッコラとの相性が極めていい! ふんだんにかけられたオリーブオイルが生地とトッピングをなじませ、地中海の軽やかな風を運んでくれる。

自家製トマトソースはバジルやオレガノなどの複雑な香りをまとっており、甘酸っぱくてジューシーなトマトと調和。パウダー状に散らされたモッツァレラチーズの穏やかな味わいとパルメザンチーズのしっかりとした塩味がバランスよ~く馴染んでいる。

 

 

“フィオレンティーナ”は、大きな窓から明るい光が差しこみ、イタリア各地の様々なオーセンティック料理が楽しめるので、まさに女性好みのイタリアンカフェ。リラックスしたい休日にはぴったりのロケーションだ。さらにそこで「イタリアンならなんでもあるけれど、ピッツァが人気なのは知っている?」な~んて、彼女にさりげなくすすめれば、レストラン慣れした印象を演出できるってもの!

Information

●〈グランド ハイアット 東京〉フィオレンティーナ
住所:東京都港区六本木6-10-3 グランド ハイアット 東京 1F
営業時間:9:00~22:00
※ピッツァの提供は11:00~
TEL:03-4333-8780
URL:https://www.tokyo.grand.hyatt.co.jp/restaurants/fiorentina-italian-restaurant/

文=東龍 text:Toryu
1976年台湾生まれ、後に日本国籍。ブッフェ、フレンチ、鉄板焼、ホテルグルメ、スイーツをこよなく愛する。テレビ東京「TVチャンピオン」で2002年と2007年に優勝。テレビや雑誌で活躍し、料理コンクール審査員、講演、プロデュースも多数。2017年8月「一般社団法人 日本ブッフェ協会」設立、代表理事就任。
〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!
PR
2018.10.25

〈ダンヒル〉で大人に似合うアメカジを!
品格出しを狙うならダウンは“渋色”で!

軽くて暖かいのがダウンの利点だけど、一歩間違えると小僧っぽくなりがち。そんなダウンの弱点を克服した1着を〈ダンヒル〉で発見した! さすがラグジュアリーブランドだけあって品があるし、渋いカラーリングも絶妙。これなら大人らしいダウンスタイルが…

TAGS:   Fashion
〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!
PR
2018.10.25

〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作でもっとスタイリッシュに!
アクティブな男のためのスマートで機能的な1本!

現代の多様なライフスタイルをカバーしてくれる腕時計といえば、スマートウォッチ。とはいっても、変に現代的すぎるデザインでは大人にはちょっと気恥ずかしい !? そんな人には、〈エンポリオ アルマーニ コネクテッド〉の新作を。端正な顔立ちと高…

TAGS:   Fashion Watches
〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!
PR
2018.10.25

〈ヤヌーク〉の新作デニムはすっきりフォルムで保温性も抜群!
ヴィンテージ顔なのにあったかい冬の新定番!

デニムの唯一の弱点ともいえるのが、寒さにそこまで強くないこと。毎日穿きたいけど、冬が近づくと敬遠しがち、なんて人も少なくない。そんなジレンマを解消するなら、〈ヤヌーク〉の新作はどう!? 裏起毛素材が毛布のようにカラダを温めてくれるので、寒…

TAGS:   Fashion Denim
素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!
PR
2018.10.25

素材と色にこだわった〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作!
大人のミリジャケは骨太だけど品格あり!

男らしい反面、ガチすぎると近寄りがたい印象になる恐れもあるミリタリーアウター。でも、ご安心を。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作をまとえば、そんな不安要素なんて一瞬で吹き飛んでしまうから。素材や色使いのマジックで、男前かつとびき…

TAGS:   Fashion
波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!
PR
2018.10.26

波乗りの相棒は〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
海男の冬には遊びの効いたほっこりダウンがいい!

波乗り男にとっては人の少ない冬こそ絶好のチャンス。でも、早朝の波チェックは想像以上に寒く、モチベーションも下がりがち。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉のダウンジャケにおまかせ。世界トップレベルの“河田フェザー”をたっぷり…

TAGS:   Fashion
〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉アピール上手な男は前も後ろも男前!
PR
2018.10.25

〈デウス エクス マキナ〉のアウターはなんと“両A面”⁉
アピール上手な男は前も後ろも男前!

ペラペラと自慢話を語る軽薄な男はいただけないが、かといってムスッと黙っている男もそれはそれで古臭い。やっぱりさりげな~く自分らしさを語れるくらいが、 かっこいいよね。で、〈デウス エクス マキナ〉のアウターを。ご覧のとおり男らしい世界観…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!
PR
2018.10.25

〈ディーゼル〉の1本で手元を個性的に飾る!
週末のアメカジに似合う遊べるスマート時計!

いくらスマートウォッチが便利といっても、自分の見た目やファッションの世界観と合っていなければダメ。腕時計だけ浮いているのは問題外だ。で、ヴィンテージやデニム好きの本誌読者なら絶対合うのが〈ディーゼル〉のスマートウォッチ“フルガード2・5”…

TAGS:   Fashion Watches
オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?
PR
2018.10.25

オフを遊び尽くす男が選ぶ〈セイコー ガランテ〉!
二面性ある文字盤に男の隠れた本性が宿る!?

デキる男ほどオフタイムは活動的。人生、仕事ばかりじゃ楽しくない。自分自身を解放できるオフタイムが充実してこそ、幸せが実感できるのでは? で、そんな考え方の人にうってつけなのが〈セイコー ガランテ〉の新作。上品さとは裏腹に、この時計は1日の…

TAGS:   Watches
週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!
PR
2018.10.25

週末スタイルの手元は〈エンジェルクローバー〉がいい!
爽やかコーデにピリッと効く“渋赤”のアクセント!

小さなアイテムでありながら、着こなしのアクセントとして期待以上の効果を発揮するのが手元の“色”時計。それが遊び心たっぷりなデザインで存在感のあるデカ厚ケースだったら、まさに理想的。ならば、〈エンジェルクローバー〉の新作ソーラーを選べば間違…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ