Safari Online

SEARCH

HEALTH&BEAUTY ヘルス&ビューティ

2018.10.23

元大統領も、有名俳優も愛用している
日本初上陸したラグジュアリー香水とは⁉

大人の男であれば、やはり香りも上質なものを選びたいところ。とはいえ、フレグランスというとあまり詳しくないという人も少なくないかと。そこで、新しく日本上陸を果たしたこちらの2ブランドを紹介したい。どちらもラグジュアリーで大人の男にぴったり!

紹介するのは、香水に詳しければその名を知らぬ者はいない、というくらいフランスのフレグランス界が誇るブランド〈フレデリック マル〉と〈キリアン〉。この秋、この2ブランドが満を持して日本に登場したというが、何がそんなにすごいのか、それぞれのブランドをじっくり見ていきたい。 

NEXT

2/4PAGE

 

 brand01
[フレデリック マル]
FREDERIC MALLE 

“ムスク ラバジュール”100㎖3万円、50㎖2万1000円、10㎖6000円(以上フレデリック マル/フレデリック マルお客様相談室)

一流有名人たちを虜にした”破滅のムスク”⁉

まずはスタイリッシュなボトルが印象的な〈フレデリック マル〉。“現代におけるラグジュアリーパルファムの先駆者”な~んていわれるパルファムブランドだ。なかでも、こちらの香り“ムスク ラバジュール”にご注目。このフレグランスは元米国大統領のバラク・オバマ、ハリウッドを代表する俳優ジョージ・クルーニーらも愛用しているんだとか。う~ん、一流の男たちが愛用しているあたり、“本物感”が漂います!
で、どんな香りかというと、官能的で荒々しさを感じさせるもの。まさに“ラバジュール(破滅)”といった力強さなのだ。彼女に対して“ときには強引な男”を演出したいときなんかにいいかも⁉ オリエンタルノートで、ベルガモット、タンジェリン、シナモンからはじまりつつも、バニラ、ムスク、アンバーとのコントラストでグッと魅力的な男を演出してくれるはず。


フレデリック マル

現代におけるラグジュアリーパルファムの先駆者

そもそも、この〈フレデリック マル〉最大の特徴は、フレデリック・マルが最高峰の調香師たちにそれぞれ時間・原料・コスト等の一切の制限を設けず自由にクリエーションしてもらっているということ。それってとても贅沢だし、まさに芸術作品と言っても過言じゃない。

ちなみに、“ムスク ラバジュール”は調香師のモーリス・ルーセルが創り出した。科学者として〈シャネル〉のラボラトリーで働き、その後独学で調香師になった人である。ムスクやホワイトフラワー、そしてアンバーを好んで使用するのが彼の特徴。“ムスク ラバジュール”は2000年に発表され、今日でもアンバー・オリエンタルの名香として知られるようになっている。

今回の日本本格上陸で、かなりのラインナップが揃う。パルファムをはじめ、ボディ&ヘア オイルやヘア ミスト 、ハンドクリームなど全91品がお目見え。様々な調香師たちが時間やお金に縛られることなく完成させた香りを是非試してもらいたい。 

NEXT 黒い鍵つきのシックな木箱が印象的!

3/4PAGE

 
さらに、もうひとつは〈キリアン〉というラグジュアリーなパルファムブランド。“香水界のロールス・ロイス”なんて言われたりもする。こちらも多くのセレブが御用達で、世界でも選ばれた店舗のみで販売されている。そして、パルファムは黒い鍵つきのシックなコフレ ボックスに宝石のように包まれているというのもユニーク。このブラック仕上げは職人が13回以上も重ねて塗られたものだとか。

brand02
[キリアン]
KILIAN

ダーク ロード エクス テネブリス ルクス オード パルファム50㎖3万4000円(キリアン/キリアンお客様相談室)

真のラグジュアリーを体現するパルファム!

〈キリアン〉をプロデュースするキリアン・ヘネシーは世界的コニャックメゾンとして名高いヘネシー家の人間に生を受けた、まさにラグジュアリー界の貴公子。幼少期は、フランス南西部にあるヘネシー家の城で過ごし、コニャックセラーに漂う砂糖、アルコール、バニラが染みこんだ木製樽の香りに包まれて育ったのだとか。その頃の嗅覚への刺激がこの〈キリアン〉の礎となっている。

〈キリアン〉でおすすめなのが、紳士的なのにどこかミステリアスな雰囲気のある“ダーク ロード エクス テネブノス ルクス”。この香りはフローラルウッディーノートで紳士の“光と闇”を表現しているのだとか。ホラ、やはり女性の気を惹くならこうした“二面性”のある香りっていいのかも⁉

こちらはパルファム、ボディ シャワー ジェル、 ボディ ローションなど全37品がラインナップ。趣向を凝らしたラグジュアリーなパッケージは気になるところ。パルファム(50ml) には、ボトルを格納するユニ一クなクラッチやコフレ ボックスがコレクション毎に異なるデザインで付属する。 

NEXT フランスのフレグランス界が誇る2大ブランドのショップがオープン

4/4PAGE

 この秋、日本初上陸を果たした〈フレデリック マル〉と〈キリアン〉、その第1号店は日本橋三越本店、本館1Fにオープン。どちらも大人の男の『Safari Online』読者にぴったりな香りなので是非お試しあれ!

Information

●日本橋三越本店
住所:東京都中央区日本橋室町1‐4‐1
TEL:03-3241-3311

●フレデリック マル/キリアンお客様相談室
Tel: 03-5251-3541

photo by AFLO
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ