Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2018.07.09

ビジネスエリートの愛する万年筆! 第42回
“紙の文書を書くツール”以上の役割と存在価値がある!万年筆は人生の軌跡を 万年筆 描くライフパートナー!

「万年筆には、デジタルツールには置き換えられないエモーショナルなメッセージを伝える力がある」。そう話すのは、今春からモンブランジャパンのCEOに就任したシャルル・ラングロワだ。彼は最高峰の万年筆を生み出すこのブランドに勤める以前からの〈モンブラン〉ユーザーで、愛用歴は25年。 それだけに、シャルルが語る言葉には不思議な説得力が満ちている。 そんな彼ならではの万年筆へのロマンあふれる思いを語ってもらった。

 

シャルル・ラングロワ[モンブランジャパン CEO]
PROFILE
フランス出身。10年間の香港在住時代に、高級時計やジュエリーのマーチャンダイザーとして実績を上げ、〈ピアジェ〉のアジアパシフィック エクスポートマネージャとしてリシュモングループでのキャリアをスタートする。2015年に〈モンブラン〉に入社。ドイツ本社のトラベルリテール部門で活躍し、今年の4月から現職に。皇居周辺のランニングが日課で、本格的なトレイルランニングレースへの参戦歴も豊富なアクティブ派でもある。

 



最愛の人への手紙

 



親愛なる母へ
遠く離れていますが、こうして母の日を祝えることはいつも嬉しいです。最高の教育、指導、そして書くことへの情熱を僕に授けてくれたことに、ありがとうの言葉を送らなければなりません。今の世界で手書きで言葉を綴ることは、なによりも多くの意味があります。
̶愛をこめて、シャルル

 


人生をともに歩み、成長してきた万年筆!

 

「この万年筆は、私にとって非常に思い出深いもの。12歳のときに母から贈られて以来、今でも大切に使っています」

そういって、モンブランジャパンのCEOシャルル・ラングロワが見せてくれたのは、人生最初の万年筆の〈モンブラン〉の“マイスターシュテュック”だ。25年も所有しているにもかかわらず、そのコンディションは良好。しかも、いまだに現役で使っているというから驚きだ。「中学校に進学したお祝いにもらいました。現在、私は万年筆を10本ほど所有していますが、この1本に関しては毎日のように持ち歩くのではなく、自宅で思い入れのある文書を書くときにだけ使います。もらった当時の私は、ジャーナリストに憧れていて、毎晩その日のニュースをまとめたエッセイをこの万年筆で書いていました。懐かしい思い出ですね」

ほかにもお気に入りの万年筆として話してくれたのが、“プレシャスレジン ル・グラン”。これは、シャルルがはじめて読んだ絵本の『星の王子さま』をモチーフにしたモデルだ。このように、万年筆は彼のライフストーリーを物語る貴重な存在。人生のパートナーとして一緒に歩んできた万年筆だからこそ、思い入れも格別。そして、長く愛し続けていくためにも、密かな楽しみ方があるという。「数年前にパリの〈モンブラン〉ブティックに立ち寄ったときに、“ビスポークニブ”というサービスを利用しました。これは筆圧や筆記速度、傾斜角などのデータから最適なペン先を導き出してくれるもの。その結果をもとに、少し柔らかい書き味が特徴のエクストラファインに変更したのですが、濃淡のムラやにじみのない文字が書けるようになりました!」

そんな彼に万年筆を使い続ける理由を聞くと、こんなふうに答えてくれた。「効率が優先される現代だからこそ、時間を使って文字を書くことの価値があります。恋人や大切な人に贈る言葉でも、万年筆で時間をかけて書いたものはメッセージとしてのパワーが違いますよね」

 


愛用の万年筆
マイスターシュテュック
ル・プティ・プランス(星の王子さま)
/モンブラン

 





 

幼少時の記憶が蘇って
書くときも特別な気分に!


はじめて読んだ絵本として鮮明に記憶が残っている『星の王子さま』をモチーフにしたデザインに、ひと目惚れした1本。宇宙を思わせるダークブルーのプレシャスレジンに、星の王子さまが旅の途中で出合うキツネをモチーフにしたパターンが描かれている。

モンブラン M 万年筆
/モンブラン

 





 

内ポケにはマーク・ニューソンの
コラボモデルを入れて持ち歩く!


ジャケットの内ポケに入れて持ち歩くことが多いのが、“モンブラン M 万年筆”。キャップを閉める際に、シンボルを埋めこんだ平らな部分とクリップが自動的に揃うマグネットクロージングシステムを採用。スマートに使える点がお気に入りだ。


文具小物にもこだわり!


普段使うインクは定番のミッドナイトブルーだが、サマーシーズンはライトブルーやエメラルドグリーンを使い、文面に爽やかさを添えることも。メモ代わりにお使うのは“モンブラン オーグメントペーパー”。手書き文字をデジタル化して転送できるから、スタッフとの情報共有もしやすく手放せないんだとか

 

はじめての万年筆!


はじめて手にした万年筆がコチラ、不朽の名作として名高い“マイスターシュテュック”。また、同軸が太い“マイスターシュテュック149”も愛用しており、大切な書類への署名には“149”と決めているんだとか!


COMPANY DATA

 


MONTBLANC[モンブラン]
職人技が息づく伝統的な高級ブランド
1906年、ドイツ・ハンブルクで銀行家と文具商とエンジニアだった3人の創業者が設立。’24年に発表した“マイスターシュテュック”が高級万年筆として高い評価を得て、世界最高峰の筆記具ブランドに。’97年にはスイス工場を創設。高級機械式時計にも力を注ぐ。

Information

雑誌Safari』8月号 P194・195掲載

写真=川上 守 文=遠藤 匠 photo : Mamoru Kawakami text : Takumi Endo
今こそ〈チャップアップ〉で理想のヘアを手に入れる!アクティブ男は髪までヘルシーが常識
PR
2018.09.26 NEW

今こそ〈チャップアップ〉で理想のヘアを手に入れる!
アクティブ男は髪までヘルシーが常識

シンプルでラクチンな格好でもサマになった季節にさよならを告げ、ますますお洒落に気合いが入る季節が到来。となれば、お洒落に敏感な人はすでに衣替えも終わったのでは?

TAGS:   Health&Beauty
Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?
PR
2018.09.22

Safari×LEON×OCEANS 3誌連動企画
特別対談:3人の編集長は、自由をどう使うか?

【Sponsored by Audi Japan】 「プレミアム」それは特別な時間であり、上質な体験を表現した言葉と言えようか。そんなプレミアムを知り尽くした日本のメンズライフスタイル誌3誌の編集長がThe new Audi A7 Spo…

TAGS:   Cars Lifestyle
〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!
PR
2018.09.22

〈トッズ〉の新作で格上の週末スタイルを!
大人カジュアルが見違える 靴とバッグの選び方!

なにげないカジュアルの着こなしに、大人らしい品格をもたらすのが靴やバッグ。しっかりとしたクオリティがあって、洗練されたデザインを選びたいけど、重厚で 堅苦しいのも避けたいところ。そんなときにぴったりなのが、イタリア発の〈トッズ〉。大人に…

TAGS:   Fashion
〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!
PR
2018.09.22

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシック…

TAGS:   Watches
〈CK カルバン・クライン〉× 『Safari』のスペシャルイベントを阪急メンズ大阪で開催!スペシャルゲストによるトークセッションなど豪華なイベントに10組20名様をご招待!
PR
2018.09.22

〈CK カルバン・クライン〉× 『Safari』のスペシャルイベントを阪急メンズ大阪で開催!
スペシャルゲストによるトークセッションなど豪華なイベントに10組20名様をご招待!

大人の魅力を存分に発揮してくれるのは、やはりシンプルでさりげないお洒落。シンプルになりがちな秋冬のファッションにもどこかに遊びがあってこそ大人の男というもの。そんな時にぴったりなのが〈CK カルバン・クライン〉! そんな〈CK カルバン・…

TAGS:   Fashion
〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!
PR
2018.09.25 NEW

〈トミー ヒルフィガー〉でひと味違うお洒落を狙う!
大人のオフに似合うさりげに個性が光る1着!

アウトドアテイストのアイテムは男らしくアクティブな雰囲気を出せ、男の週末スタイルに最適だけど、ともするとワイルドすぎて洗練した雰囲気に欠けるのが難点。でも、〈トミー ヒルフィガー〉の新作は、男らしさがありながらモダンにアレンジしたアイテム…

TAGS:   Fashion
特集 カリフォルニアLAカジュアルを着て、LAを歩く。
PR
2018.09.22

特集 カリフォルニア
LAカジュアルを着て、LAを歩く。

『Safari』読者であれば、だれもがこの響きに憧れるはず。もう何度も現地を旅したという人も多いかもだけど、LAは本当に広く、やりたいこともいっぱい。そこで、『Safari』創刊15周年を記念して、現地取材を敢行!西海岸らしさ溢れるものづ…

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!
PR
2018.09.22

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉でさりげない上質感を漂わせる!
大人に似合うカジュアルで品格のあるブルゾン!

秋アウターの主力になってくれるのは、街に映えるスマートさがあって、なおかつ大人ならではのヒネリが効いた1着。ブリティッシュトラッドをベースにした〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉なら、そんなアイテムが豊富に揃う。都会の洗練された空気を…

TAGS:   Fashion
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!
PR
2018.09.22

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉でまわりと差をつける!
欲しいのは大人っぽくて個性のあるデニム!

カジュアル好きにとって普遍の定番アイテムである、デニム。とはいえ、定番がゆえに人と差をつけにくいという一面も。そこで頼れるのが〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉のデニムパンツ。ほかにはないシルエットやディテールのこだわりが満載で、自分ら…

TAGS:   Fashion Denim
週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!
PR
2018.09.25 NEW

週末は〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注した格上アイテムで!
ダウンも上質ウールならカジュアルだけど品格あり!

何着持っていてもつい新作に手が伸びてしまうのは、ダウンジャケならではの魔力!? 今季も様々なダウンが登場しているが、アップデイトするなら小僧に見えない1着を狙うべき。ならば、〈ビーセカンド〉が〈タトラス〉に別注したダウンに注目。上質ウール…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6
Safari アスリート サファリ Vol.16

ページトップへ