Safari Online | サファリオンライン

SPECIAL

かっこいいオーラがハンパない4セレブ!
お洒落と波乗りどっちが上手!?

2018.03.22

今回紹介するセレブは、サイモン・ベイカー、クリスとリアムのヘムズワース兄弟、コーディー・シンプソンの4人。彼らの共通点、何だかわかります? そう、全員がかなりのサーフィン・マニアということ。ただ好きなだけじゃなく、もはや趣味とはいえないほどの腕前の持ち主なのだ。そして全員がオーストラリア出身。世界有数のサーフ天国で生まれ育ち、子供の頃から波に親しんできたエリートというわけ。そしてもうひとつ共通するのが、お洒落の腕前も達人クラスというところ。サーフィンもお洒落も上手なオーストラリア出身の4人に注目して、それぞれのサーフスタイルを比べてみよう!


01 爽やかネイビー好きのタスマニアン


Simon Baker[サイモン・ベイカー]

まずはタスマニア出身の俳優、サイモン・ベイカーから。バイロン・ベイに住んでいた10代の頃は、自宅から15分のサーフスポットに毎日のように通っていたそう。高校時代は水球部に所属しながら、ニューサウスウェールズ州のサーフィン大会で優勝。つまり根っからのサーファーなのだ。で、そんなサイモンのサーフスタイルはというと、シンプルで爽やかなネイビー主体の着こなし。「余計なお洒落はいらないぜ」といわんばかりの男っぽさがかっこいい。また、水陸両用で使えるボーダーショーツ姿もあり、そのままのスタイルで海に通っているようだ。


02 LAカジュアルの王道をゆくプロ級サーファー


Liam Hemsworth[リアム・ヘムズワース]

サーフィン上手なセレブといえば、まず名前が挙がるのがリアム。彼は有名スポットがたくさんあるメルボルンの出身。19歳でアメリカに渡るまでは、本気でプロサーファーを目指していたほどの腕前だ。彼のサーフスタイルは、基本的に気取らずラフ。楽しげなプリントTシャツやチェックシャツなどを取り入れた、王道の西海岸カジュアルといったところ。黒を効果的に使ったり、足元にレトロスニーカーを合わせたりして、大人っぽくまとめているのが彼らしい。190cmを超える長身ということもあって、ショーツ姿も非常にスマートに見える。


03 サーフブランドで魅せる、見事な筋肉美


Chris Hemsworth[クリス・ヘムズワース]

そのリアムの兄で、同じく俳優のクリスも、プロ級の腕前をもつサーファー。忙しい今でも、暇を見つけては波乗りを楽しんでいるよう。子供の頃はリアムとの兄弟喧嘩が絶えなかったそうだが、今は長兄のルークを含めて非常に仲がいいことで知られている。そしてクリスといえば、見事にビルドアップされた肉体美。リアムに比べて、見た目の雰囲気もかなりイカツイでしょ? 海通いをする姿も、サーフブランドの黒アイテムを中心に、あくまでも硬派でシンプル。兄弟でこんなにスタイルが違うというのも、なかなか面白い!


04 アメカジスタイルで日常からサーフィンを楽しむ


Cody Simpson[コーディー・シンプソン]

ゴールドコーストで育ち、現在はLAに住んでいる若手人気シンガーのコーディー。海が似合う爽やかなサウンドと歌声が特徴で、ミュージックビデオでも仲間と波乗りを楽しんでいる姿を見ることができる。いわばコーディーにとって、サーフィンは日常そのもの。だから服装も特別なものではなく、リラックスしたアメカジが中心。気取らずシンプルなデニムスタイルでLAライフを満喫しているようだ。でも足元がウエスタンブーツだったりするのが、彼らしいアレンジ。美少年風のルックスとは裏腹に、男らしい一面も持ち合わせているのが彼の魅力といえそう。

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ