Safari Online | サファリオンライン

SPECIAL

〈アンブロ〉ならスポーティで洗練された雰囲気に!
アクティブな大人は”ロゴプリ”で主張する!

2018.04.09

大人カジュアルでもすっかり定番化したスポーツミックス。スポーティなアイテムを取り入れることで、軽快でスタイリッシュな印象が出せるのがいいところ。とはいえ、まるで小僧の”部活帰り”のようなことになっていないだろうか。この〈アンブロ〉のアイテムなら、ちゃんと洒落たスポーツミックスに仕上げてくれるはず!

〈アンブロ〉は大人の
スポーティミックスに最適!

〈アンブロ〉はイギリス発のスポーツブランド。イングランド代表サッカーチームの御用達となり、それで知ったという人も多いのでは? ”紳士の国”の生まれだけに、ほかのスポーツブランドと比べるとこのブランド、どこか大人らしく洗練された印象がある。そして、サッカー好き以外は”知る人ぞ知る”ブランドというのもファッション映えする点。だからこそ、これ見よがしな”スポーツミックス”にはならず、大人にとっては嬉しいブランドだといえるんじゃないだろうか。

style01
スポーティなロゴプリントTをインに


Tシャツ3300円(アンブロ/デサントジャパンお客様相談室)、その他はスタイリスト私物

クリーンなシャツと合わせて街にもにも映える!

では、どのように取り入れればいいのか、ということでまずはコチラから。いつも着ているTシャツを〈アンブロ〉 の”ロゴT”にしてみるっていうのが簡単な方法。ご覧のように、きちんと感のあるシャツのインナーでさりげなく”スポーティ”を漂わせると、街でのシーンにも似合いつつも軽やか。さらに、シャツとTシャツの色を同じトーンにすればすんなり馴染んでくれるはず。グラフィックアートのようなプリントが、さらにお洒落に見せてくれるのはご覧のとおり!


Tシャツ各3300円(以上アンブロ/デサントジャパンお客様相談室)
xebio online storeで購入する

style02
この春の羽織りはトラックジャケットで!


トラックジャケット7900円(アンブロ/デサントジャパンお客様相談室)、その他はスタイリスト私物

遊び心がありつつもモノトーンで都会的!

アウターにトラックジャケットを取り入れてみてはどうだろう。遊び心があって、アクティブ感は抜群。もちろん、着心地だって楽だし、ヤミツキになるかも。ただ、この手のジャケットは、スポーティな印象が強いぶん、お洒落感覚で着てるってことをアピールするのが大事。そんなときは”白”の効果を利用すべし。ホラ、このようにモノトーンでコーデすればスッキリ。野暮ったさなんて皆無でしょ? さらに、この〈アンブロ〉のトラックジャケットはサイドラインがポイント。無地では望めないさりげない存在感も注目すべき点!


トラックジャケット各7900円(以上アンブロ/デサントジャパンお客様相談室)
xebio online storeで購入する

style03
サイドシャンなラインパンツで軽快に!


トラックパンツ6900円(アンブロ/デサントジャパンお客様相談室)、その他はスタイリスト私物

Gジャン使いのコーデも脱・フツウ!

最後はトラックパンツ。最近じゃ、こうした裾リブのパンツは、すでにお馴染みのアイテム。アメカジな着こなしの”ヌケ感”出しに、大きく貢献してくれるのがありがたい。で、これをお洒落に着こなすには、デニムのGジャンと合わせるのがいい。デニムのラフな風合いとジャージ素材が持つテロっとした素材感が相まって、こなれた印象に。しかも、パンツのサイドラインがしっかり個性を演出。自転車に乗って近所へお出かけ、な~んてときに、こんな気取らないワンマイルスタイルなら街行く人の熱視線を浴びちゃうかも⁉

トラックパンツ各6900円(以上アンブロ/デサントジャパンお客様相談室)
xebio online storeで購入する

ちなみに、今回紹介したアイテムのロゴは、オリジナルのブランドロゴではなく、今の時代に合わせてアップデイトされたもの。つまり今どきのお洒落感覚たっぷりってこと。これなら手持ちのアイテムとも合わせやすいし、古臭い印象とは無縁。アクティブに外で過ごす休日は、こんな〈アンブロ〉のアイテムがあれば、旬な大人のスポーツミックスも思いのまま!

INFORMATION

●デサントジャパンお客様相談室
TEL:0120-46-0310

●ゼビオ商品の詳細はこちら
URL:https://ssx.xebio-online.com/ec/srDispSpecialPageDetail/SPageId/umbro?safari

 

写真=鎌田拳太郎、正重智生 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=堀 紘輔
photo : Kentaro Kamata、Tomoo Syojyu(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix)  hair&make-up : Kosuke Hori(+nine)

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ