Safari Online | サファリオンライン

SPECIAL

〈ディーゼル〉らしいユニークデザインに脱帽!
“だまし絵”スニーカーなら だまされてもいい気分!?

2018.04.29

よく履くスニーカーは、白や黒スニ、そしてスポーツメーカーの派手色ランシューあたりって人は多いだろう。でも、いまやスニーカーは洋服感覚で履くのもアリ。色や柄が自分のキャラに合っていれば、積極的に履きこなしてみるのも面白い。であれば、この〈ディーゼル〉のような、遊び心のあるスニーカーで差をつけてみてはどう?


“ディーゼル イマジニー”ハイカットスニーカー各1万2800円、ローカットスニーカー各1万1800円(以上ディーゼル/ディーゼル・ジャパン)

そんな遊び心を楽しむのにぴったりなのが、新しく登場したシリーズ“ディーゼル イマジニー”。よ~く見て。モノクロのアブストラクト柄、カモフラ柄、2色のパネル使いなど、パッと見ると使い勝手のよさそうなスニーカー。ところが! シューレースやグラフィックなど、なんとすべて“だまし絵”になっている! ホラ、もう一度よ~く見て。でしょ~?

さらに、ソール部分のアイコニックなメッセージをはじめ、自分でオリジナルナンバーをバックソールに書いたり、シリアルナンバー風にカスタマイズできる部分を、あえて空欄としてデザインしてあるのもユニーク!


ソールサイドをご覧あれ。このイタリア語で書かれたユーモアたっぷりな文字の意味、わかります⁉ “このシューズは200番めのものです”、“1000℃で洗濯してください”なんていう意味。コチラも、いつだって意表を突く〈ディーゼル〉らしいアイデアが伝わってくるってもの。世の中にスニーカーは数々あれど、こんなに遊び心のあるスニーカーって、なかなか見当たらないのでは?

Gas Station

Horror

 “想像力を超越し、自身を取り囲む現実を面白い角度から見てみよう”というのがこのキャンペーンのメッセージ。フランス人チーム、ポール&マーティンとイタリア人のディレクター エレーナ ペティッティ ディ ロレートとのコラボレーションによって制作された動画はGas StationとHorrorの2種類。“ディーゼル イマジニー”の世界観をショートムービーから触れてみて!

INFORMATION

●ディーゼル ジャパン
TEL:0120-55-1978
URL:https://www.diesel.co.jp/news/imaginee

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ