Safari Online | サファリオンライン

SPECIAL

ダメデニの最新着こなしをご紹介!
お洒落セレブはみ~んな“膝パックリ”!

2018.05.03

着こなしにワイルドな味付けをしてくれるダメージデニム。なかでも膝が大きく破れたデストロイ系デニムは、ちょっと’90年代の匂いも漂って、意外にお洒落度の高いアイテム。着こなしがシンプルになりがちな夏を迎えて、ますますその独特な存在感が気になるところだ。では、そんなダメージデニムをセレブたちはどう穿いているのだろうか。大きく分けると2通りの着こなし方が判明。ということで、さっそくそれぞれについて見ていこう。


01 Tイチ姿にワイルドなアクセントを!


Spencer Matthews[スペンサー・マシューズ]

まずはイギリスのリアリティ番組スター、スペンサーから。白Tにダメージ入りのグレーデニムという非常にシンプルな着こなし。それだけに、彼の鍛えられた肉体と、膝部分が大きく破れたデニムで、こなれ感のあるワイルドさに仕上がっている。このデニム、片膝以外はダメージ控えめで、意外にすっきりした印象。だからこそ、清潔感を失うことなく、ダメージがほどよい味付けになっている。大人が穿くなら、彼くらいのワイルドさがちょうどよさそう!


Brooklyn Beckham[ブルックリン・ベッカム]

続いては、ベッカムの長男ブルックリン。腰穿きしたデニムやアクセ使いなどに独自のお洒落センスが漂い、どこか若い頃の父親を彷彿とさせる。そんな彼も、膝が大きく破れたダメージデニムを愛用。シンプルな着こなしに、さりげにワイルドさがプラスされているのがわかる。足元はデニムカラーと同じブラックのブーツを合わせてすっきり見せることで、ストリート系の若造ファッションとうまく差別化している。


Joe Jonas[ジョー・ジョナス]

モノトーンコーデで都会的にまとめているのは、ミュージシャンのジョー。プリントTシャツと白スニがクリーンな印象。で、このまま普通のブラックデニムを合わせると、少々もの足りない感じになるところ。だから、そこにダメージ入りのデニムを取り入れてアクセントを作り、彼らしい男っぽさを表現しているというワケ。このさりげなさ、大人のダメデニコーデのお手本といえそう!


Younes Bendjima[ユーネス・ベンジマ]

コチラはアルジェリア生まれのモデル、ユーネス。彼は、両膝がパックリ割れたダメージデニムで、シンプルな白Tをワイルドにこなしている。サングラスは少し厳つい雰囲気だけれど、全体を見れば非常にクリーンでヘルシーだ。これも、デニムに遊びを効かせることで、一気にこなれ感がアップしているのがわかる。こんな着こなしなら、さっそくトライしやすいのでは?

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ