Safari Online | サファリオンライン

SPECIAL

〈ラコステ〉なら大人のカジュアルも軽快!
アクティブな男の休日姿はスポーティでも品格あり!

2017.10.24

フランスでブランド誕生以来、清潔感あるスポーティなアイテムを生み出し続けてきた〈ラコステ〉。アクティブな着こなしにはもちろん欠かせないが、今季はあえて上品なアイテムを合わせてギャップを楽しむと面白い。意外性のあるミックス技を駆使すれば、スポーティな着こなしも一気に今どきの表情に。新鮮さもグ〜ンとアップするはず!


上品コートでスウェットを
ゆるく見せないひと工夫!

スウェットパーカとパンツのリラックススタイルにはカジュアルアウターを選びがちだが、それを品格のあるチェスターコートにスイッチ。途端にコーデが引き締まり、街にも馴染む大人のスポーツミックスが完成!

ラコステ

ボリュームあるインナーのフードと細身のコートでメリハリのあるミックスコーデに。
コート5万9000円、パーカ1万7000円、スウェットパンツ1万2000円、バックパック2万2000円(以上ラコステ/ラコステ お客様センター)、サングラス1万5000円(ラコステ/マーション ジャパン)



右:シンプルなスウェットパーカは裏起毛で着心地のよさが自慢。フード裏が黒メッシュだったり、後ろ身頃にブランドマークのワニのワッペンが付いていたりとバックスタイルに遊び心あり。
バックロゴプルオーバーパーカ1万7000円
左:1枚仕立てで軽やかな着心地が嬉しいチェスターコート。薄手素材なので、パーカと重ねてもスマートな印象をキープできる。
ウールブロードクロスコート5万9000円(以上ラコステ/ラコステお客様センター)


素材と色で爽やかさを醸した
軽快感のあるトラッドコーデ

〈ラコステ〉らしいコントラストの効いたカラーブロックトップは、スウェット&鹿の子素材で着心地も爽やか。かっちりとしたピーコートでトラッドな雰囲気をプラスすれば、トップの表情を品格たっぷりに見せることができる。



右:着心地のいい裏起毛素材を、3色切り替えでアクティブな印象に仕上げたスウェットシャツ。リブのクルーネックやラグラン袖など、スポーティなディテールがポイント。
カラーブロックスウェットシャツ1万9000円
左:肉厚でしっかりとした仕立てながら、コンパクトなシルエットですっきりとした清潔感のある印象に。裏地や襟裏にグレーの生地をあえてあしらい、見えない部分にも洒落感を施している。
ブロードクロスジップポケットピーコート5万1000円(以上ラコステ/ラコステお客様センター)



コートで品出ししたら、ボトムはゆるめでも大人らしい印象はそのまま。
ネイビーパンツ1万9000円、ニット帽5500円、手に持ったストール1万3000円(以上ラコステ/ラコステ お客様センター)、メガネ1万6000円(ラコステ/マーション ジャパン)


男らしいアウターに
シックなニットで品格出し!

MA-1風のブルゾンはインナーに品格のあるアイテムを合わせ、ワイルドな雰囲気を大人の着こなしにアレンジ。たとえば、繊細な柄の入ったボルドーカラーのタートルネックニットなら、シックな表情が見えて大人の余裕もチラリ。



右:ウール×コットンの編み地の入ったタートルネックニット。落ち着いた印象のボルドーカラーに、袖口だけボーダー柄に編みこんで遊び心のあるアクセントにしている。
リブ編みタートルネックニット2万9000円
左:中綿入りのキルティング素材を裏地にあしらった、保温性も高めたMA-1風ブルゾン。ほどよい光沢感のあるブラウンのナイロン素材は、ダークトーンが増える冬のカジュアルの中で個性出しに効果的。
キルティングボンバージャケット3万3000円(以上ラコステ/ラコステお客様センター)



トップの冬らしい色みを生かしてシックに見せるなら、ボトムは黒のテイパードデニムでスタイリッシュに仕上げよう。
ブラックデニムパンツ1万5000円(ラコステ/ラコステ お客様センター)

冬に大活躍すること間違いなしの
アウターキャンペーン!


11月1日(水)までの期間、ラコステ渋谷店、日比谷店、京都店、三宮店、福岡天神店の5店舗でアウターキャンペーンを実施。今回紹介した商品を含めたアウターを購入すると、オリジナルトラベルポーチをプレゼント。数量限定でなくなり次第終了。この機会にお気に入りの1着を見つけに行ってみて! ※キッズ商品はキャンペーン対象外

INFORMATION

●ラコステお客様センター
TEL:0120-37-0202
URL:www.lacoste.jp

●マーション ジャパン
TEL:0120-356-733

雑誌『Safari』12月号 P240-241掲載

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

写真=鎌田拳太郎、池田佳史 スタイリング=浅井秀規 ヘア&メイク=寺本彬人 文=前田聡美 
photo : Kentaro Kamata(holy), Yoshifumi Ikeda(BOIL) styling : Hidenori Asai 
hair&make-up : Akito Teramoto(AVGVST) text : Satomi Maeda

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ