Safari Online | サファリオンライン

SPECIAL

アクティブな男の手元には〈アルピナ〉の1本を!
3つのスタイルで魅せる大人の腕時計!

2017.11.15


  アルパイナー
03 ALPINER





アクティブな男に似合うタフでモダンなスポーツウォッチ!
ブランド設立当初から“現代的なスイス製スポーツウォッチ”というコンセプトを強く意識していた〈アルピナ〉は、防水性を確保するためのいくつかの特許を取得。それらを用いて、1933年に“ブロックウアー”を開発する。その5年後に発表されたのが、初のスイス製スポーツウォッチ“アルピナ4”だった。耐磁性、耐衝撃性、防水性、ステンレススチールという4つの機能を備えたタイムピースは、当時としてはエポックメイキング。このスポーツウォッチは、登山から高山湖での潜水に至るまで、あらゆるアルペンスポーツでの使用を可能にした。そして2014年、“アルピナ4”のコンセプトをベースに、アルペンスポーツにふさわしい“アルパイナー4”シリーズを発表。“時計技術の最高峰を目指す登山家でありたい”という創業時の理念は、最新作にもしっかり反映されている。
 

アルパイナー4 オートマチック
ALPINER 4
AUTOMATIC




1938年に誕生した初のスイス製スポーツウォッチ、“アルピナ4”の性能と堅牢さを備えつつ、現代的なラグジュアリースポーツウォッチへと昇華させたモデル。視認性の高さを意識したシンプルなダイヤルデザインや、スポーツ計時が可能な60分回転ベゼルは、この時計のプロフェッショナルな仕様を強調している。
ケース径44 ㎜、自動巻き、SSケース、カーフレザーストラップ、10気圧防水。
15万円。



右:アルパイナー4 オートマチック
“アルパイナー4 オートマチック”のバリエーションとして展開するステンレススチールストラップのモデルなら、スーツスタイルでさりげなくタフな手元を演出できる。文字盤に採用されたグレイシャーブルーは、ブランドのシグネチャーであり、ジュネーブマニュファクチュールを象徴する色。
ケース径44 ㎜、自動巻き、SSケース&ブレス、10気圧防水。
16万2000円。

左:アルパイナー 4 オートマチック
ケース内側のベゼルとレザーストラップの裏に配された赤の差し色が、44㎜の迫力あるケースと相まって力強いコントラストを生み出す1本。こんな洗練されたデザインの中にも、耐磁性や耐衝撃性、防水性、38時間パワーリザーブなど、アウトドアで頼れるスペックを備えている。
ケース径44 ㎜、自動巻き、SSケース、カーフレザーストラップ、10気圧防水。
15万円。



1933年、〈アルピナ〉は最初のスポーツウォッチ“ブロックウアー”を発表。このモデルでは、ステンレススチールと革新的なリューズの特許を取得した。



1938年に“アルピナ4”が発売された当時の広告。モデル名に冠された数字は耐磁性、耐衝撃性、防水性、ステンレススチールの4機能を意味する。

AMBASSADOR




藤井 快 (ふじい こころ)
国内外の大会で数々の受賞歴を持つ、スポーツクライミング選手。現在はボルダリングを中心にコンペなどで活躍し、ワールドカップにも参戦。大会のみならず自然の岩場での高難度なクライミングにも励んでいる。「“アルパイナー4”は重厚なデザインから受ける印象とは違い、腕につけていないようなフィット感が気に入っています。今後は自分に限界を作らず、クライミングの道を切り開くために頑張ります」

取り扱い店舗はこちらから!

1 2 3

INFORMATION

●アルピナ相談室
TEL:0570-03-1883
facebook:@Alpina Watches Japan
Instagram:alpinawatchesjapan

SHOP LIST
●アヴィレックス 新宿
TEL:03-5367-2013

●アドナスト ミュージアム
TEL:03-5428-2458

●ハンドイントゥリーショールーム
TEL:03-3796-0996

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

写真=大嶽恵一 スタイリング=浅井秀規 ヘア&メイク=堀紘輔 構成&文=荻原嘉人
photo : Keichi Ohtake styling : Hidenori Asai
hair&make-up : Kousuke Hori(+nine) composition&text : Yoshito Ogiwara

BACK TO LIST
ページトップへ

ページトップへ