Safari Online

SEARCH

STAY&TRAVEL ステイ&トラベル

2018.09.15

次のロードトリップは“ハイウェイ 1”で! Vol.2
絶対にチェックするべき絶景スポットとは?

走っているだけで爽快な“ハイウェイ 1”だけど、その途中途中には立ち寄るべき絶景スポットがある。いざドライブへ出発前に、まずはそんな見どころをきちんと押さえておこう。


 

NEXT ビクスビー・クリーク・ブリッジ

2/4PAGE

 

絶景ポイント①
[ビクスビー・クリーク・ブリッジ]
Bixby Creek Bridge




景勝地ビッグ・サーにかかるこちらの大きな橋。建造されたのは今から80年以上前だが、今なお多くのローカルの交通の要所でもある。その美しいデザインゆえに、ポストカードや広告などに使われたことも数知れず。高さ85mの橋からはちょっとスリリングだけど壮大な景色を臨むことができる。高所恐怖症? ならまずは下の動画でその感動を疑似体験してみて。きっと、ドライブしたくなるはず!

場所:Bixby Creek Bridge, CA 93940
 

NEXT ハースト・キャッスル

3/4PAGE

絶景ポイント②
[ハースト・キャッスル]
Hearst Castle



ビッグ・サーからさらに2時間強南へクルマを走らせた、サン・シメオンの丘にそびえるこちらのお城。「カリフォルニアにお城なんてあるの?」という声も聞こえてきそうだけど、実はこれ、かの新聞王ハーストの豪華すぎる個人宅のひとつ。特に2つのプールは必見で、贅の限りをつくされたデザインは感動モノ。今は州の所有物となっていて、観光の際はビジターセンターのガイド付きツアーに申し込むのがオススメ。その近くには“ハースト・ランチ・ワイナリー”もあるから、お土産のカリフォルニアワイン選びにも!

場所:750 Hearst Castle Rd, San Simeon, CA 93452
URL:hearstcastle.org/
 

NEXT モロ・ロック

4/4PAGE

 

絶景スポット③
[モロ・ロック]
Morro Rock




こちらの大きな1枚岩。いったいなんだと思いますか? これ、実は2300万年前の火山噴火でできた、標高177mの岩頸(地下火道内のマグマが硬化してできた形成物が侵食によって地表にあらわれたもの)。モロ・ベイというのどかなビーチタウンに突如として佇むこの巨大岩は、まさに迫力抜群で、カリフォルニアの自然の力を感じることができるはず。ちなみに隣のビーチはサーフスポットになっているので、壮大なモロ・ロックをバックに波乗り、なんていかが?

場所:Morro Bay, CA 93442

上記で紹介した以外にも、“ハイウェイ1”沿いには魅力的なポイントがたくさん。たとえばロードトリップ中1泊するのにうってつけの街、サン・ルイス・オビスポ。
ちょうど中間地点に位置するこの街は、過去に”アメリカでもっとも幸せな街”に選ばれたこともある場所。ここでは個性的な食やワインがあり、レトロな街並みも楽しむことができる。
そんな普段はなかなか知れない場所を通ることができるのも“ハイウェイ1”の魅力。
さあ、次の旅の目的、もう決まったんじゃない?

NEXT : 80台以上の名車が“ハイウェイ1”を駆け抜けたイベントとは⁉

協力=カリフォルニア観光局、サン・ルイス・オビスポ CAL 観光局、モロ・ベイ観光局 special thanks : VISIT CALIFORNIA , SLO CAL, Morro Bay Tourism
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!
PR
2018.11.24

〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!
ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!

海風やビル風が寒くなると、アウターが手放せない。だからといって、インナーで手を抜くのはいただけない。真冬でもアウターを脱ぐシーンは多いし、インナーでアウターのよさを引き出すこともできる。そんなとき頼りになるのが、〈ヴァンズ〉のロゴスウェッ…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ