FEATURE*


Salvatore Ferragamo

足元を魅せるのはいつも
〈サルヴァトーレ フェラガモ〉。

旅とスニーカーは
遊び心があるほど楽しい!?


旅慣れている人は、“相棒”の選び方も心得ているもの。なかでも経験値の違いが出るのが靴。足元を見られず、それでいて遊び心のあるものを選んでいる。〈サルヴァトーレ フェラガモ〉のスニーカーがまさにそれだ。


右:しなやかなカーフ仕立てと思いきや、パテントレザーを効かせたバックスタイルが新鮮。仕立て自体に高級感があるからこそ、シャークソールのような靴底の遊び心が生きてくる。6万4000円 中:エンボス状に編んだファブリックが、足全体を優しく包みこんでくれるスリッポン。全体をダークトーンで統一した配色で、カジュアルすぎない印象に仕上げた。5万9000円 左:側面にマットな質感のヌバックを採用し、センターをきめ細かいカーフで切り替えた異素材ミックス。ともすれば味気なく見えるグレーを、ひときわ印象的な表情に一変させた。スニーカー6万4000円、ボストンバッグ24万円(以上サルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパン)



“旅の恥はかき捨て”とはよくいうが、いい年の大人の場合はそうもいかない。宿泊先はもとより、食事に行く場所もそれなりの店に なるわけだから、足元を見られるような格好はできないもの。しかし、フットワークの軽さが重視される旅先で、高級なドレスシューズを履き続けるわけにもいかない。

では、〈サルヴァトーレ フェラガモ〉の新作スニーカーなんてどうだろう。“キューブ”と名付けられたこの新コレクションの特徴は、クサビのようなキュービックエレメントがあしらわれたラバーソール。素材や仕立てからにじむ高級感だけでも勝負できるスニーカーに、あえてエッジの効いたディテールを加えてしまうところが、誰が見てもラグジュアリーブランドらしい遊びに映るはずだ。

しかも、同シリーズのスニーカーの強みはそれだけではない。前足部の周囲に張り巡らされた突起が靴底の最も圧力がかかる部分をサポートしてくれるので、すこぶる歩きやすいのだ。もちろん、高品質なシューズを手掛けているブランドだけあって、スニーカーといえども履き心地は極めて良好。ラスト自体も足形に自然と馴染むうえ、素材も心地よいものを厳選している。こんなスニーカーで旅先の街を颯爽と歩いていれば、旅慣れた大人に見えるのは間違いないだろう。



[INQUIRY]


フェラガモ・ジャパン 0120-202-170
www.ferragamo.com

写真=野口貴司 スタイリング=中川原 寛 文=遠藤 匠 構成=大嶋慧子

2018-03-13