FEATURE*


上品でスマートな旅バッグがあれば

リゾートファッションも見違える。


長期の旅にトロリーケースは便利。でも、夏は薄手の服が多いから荷物もかさばることもないはず。そんなときは大きめバッグの出番。トロリーでは望めない着こなしとの合わせも楽しいし、なにしろ軽快。特にリゾートでは上品でカジュアルなバッグを選べば、場にふさわしいお洒落が楽しめる。




GIORGIO ARMANI

ロゴのあしらいひとつで
楽園モードにギアチェンジ。


ジョルジオ・アルマーニが別荘を構える、地中海のバカンス島・パンテレリア。多忙を極める彼が、その島にエスケイプするとき持っていきたいバッグとしてデザインされたのが、このトートバッグだそう。コットンキャンバスボディは、ビーチ遊びやピクニックの道具を詰めこんでもへこたれない、堅牢な作りが自慢。ボディで主張するのは、ゆるやかなタッチのハンドライティングで描かれた彼のサインだ。肩の力が抜けたテイストがバカンス気分を盛り上げてくれる。

肩からかけられる2WAY仕様。ストラップは上質な布製。使いこむと、エイジング効果により旅慣れ感もアピールできそう。
バッグW63×H42×D25cm。24万円、ジャケット27万円、ポロカラーTシャツ6万5000円、パンツ10万3000円、エスパドリーユ5万9000円、帽子3万3000円(以上ジョルジオアルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン)、腕時計15万5000円(エンポリオ アルマーニ スイスメイド/ジョルジオ アルマーニ ジャパン)


[INQUIRY]


ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070





FENDI

手ぶらになったときでも
大人らしさは忘れずに。


“旅の恥はかき捨て”といっても、リュックの選びを間違えて若造っぽく見られるのは避けたいところ。そこで手にしたいのが、〈フェンディ〉の新作。ウェビングベルトに織りこまれているのは、今シーズン復活を遂げた“FF”のロゴ。’60年代に考案された大人世代には懐かしいこのアイコンが、リュックであることが信じ難いくらいリッチな佇まいを演出してくれる。ちなみにこのリュック、コンバーチブルの助手席に無造作に置いたりしても抜群に映えるようだ。

財布を一瞬で取り出せるフロントポケットのほか、サイドの2つのメッシュポケットなど、実用面も申し分ないデザイン。ロゴが描かれたボトムのレザーパーツをはじめ、随所にイタリアの職人業が宿っている。
リュックW38×H51×D20cm。28万7000円、スウェードシャツ37万3000円、Tシャツ7万8000円、白デニムパンツ10万3000円、サングラス3万8000円、財布7万2000円(以上フェンディ/フェンディ ジャパン)


[INQUIRY]


フェンディ ジャパン 03-3514-6187





LOEWE

リゾート映えするバッグが
開放感たっぷりな気分に。


真っ直ぐな日差しが、まるで旅人を歓迎してくれるかのように降り注ぐリゾート。そんな開放的な土地でバカンスを過ごすのであれば、底抜けに明るい配色のバッグを持つのも悪くない。〈ロエベ〉が手掛けたこのサンシャインカラーのダッフルなんて、最高じゃないだろうか。気楽に持てるキャンバスボディも魅力だが、スライダーから延びたレザーがゆらゆらと揺れる様子もなんだか楽しげ。海色のボーダーT姿に持てば、夏の地中海を旅しているような気分になる!?

シンチストラップを側面に走らせた、クラシック色の強いデザイン。ハンドルやボトムは、高級感がありつつも耐久性に富むカーフレザー仕立て。バッグの前面には、これみよがしにならないサジ加減で、ブランドを象徴するアナグラムのエンボス加工が施されている。
ダッフルバッグW67×H38×D34cm。26万円、カットソー参考商品、デニムパンツ参考商品、横に置いたニット12万円(以上ロエベ/ロエベ ジャパン カスタマーサービス)、その他はスタイリスト私物


[INQUIRY]


ロエベ ジャパン カスタマーサービス 03-6215-6116





BALLY

レトロなスポーツ風味で
アイランドホッピング!


旅にルールなんてない。だから、容量さえ目的に叶えば、旅の着こなしや行動に合わせてバッグを選んだほうがいい。たとえばリゾートを巡るフットワークの軽い旅なら、スポーティなバッグを選ぶなんてのはどうだろう。〈バリー〉の新作のようにレトロで雰囲気のあるタイプはまさにうってつけ。’70年代のテニスバッグのようなデザインを、純白のカーフで仕立てた佇まいはリッチな印象。涼しげな白アイテムが大活躍するリゾートファッションにもよく似合う。

ブランドを象徴する“バリーストライプ”で彩られたショルダーストラップは、お馴染みの赤×白ではなく、涼しげなブルーをあしらったのもバカンス向き。両サイドにあるラウンドジップ の大型ポケットは、開閉がしやすくパスポートなどの収納にも便利。
ボストンバッグW49.5×H27×D20cm。18万9000円、タートルニット9万4000円、パンツ9万4000円(以上バリー/バリー 銀座店)、その他はスタイリスト私物


[INQUIRY]


バリー 銀座店 03-6264-5471

写真=野口貴司 スタイリング=中川原 寛 ヘア&メイク=松本 恵 文=遠藤 匠 構成=大嶋慧子

2018-05-31