FEATURE*


シワになりにくく、驚くほど快適。

出張先で便利な
もうひとつのスーツ。


仕立てのよいスーツは男を輝かせてくれるもの。そんな良質な1着に、快適さをもたらす機能性があれば、旅の相棒として願ったり叶ったり。ポイントは信頼できる仕立てと素材選び。少しでもストレスや煩わしさから逃れたい出張では、そんなスーツこそ頼れる存在になる。旅には旅のスーツがある。

 




GIORGIO ARMANI

スリムながら動きやすい
ストレッチカシミヤ仕立て。


細身のスーツはスタイリッシュだけど少し動きづらい。そんなイメージを打ち破ってくれたのが、〈ジョルジオ アルマーニ〉の1着。ごく薄く肩パッドの入ったストレートショルダーに加え、着丈がやや短めのコンパクトなシルエットは極めて都会的。ところが実際に袖を通してみると、ストレッチカシミヤ仕立ての伸縮する革新素材がカラダを優しく包んでくれる。座ったり腕を上げたりといった操作もスムースこのうえない。〈ジョルジオ アルマーニ〉のスーツは疲れないという評判は嘘ではない。

ストレッチカシミヤ特有のしなやかさを生かす、軽やかなハーフキャンバス仕立て。贅沢にしてとても実用的だ。スーツ53万円、シャツ5万8000円、Vネックニット13万5000円、ポケットチーフ1万6000円、バッグ19万3000円(以上ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン)、腕時計15万5000円(エンポリオ アルマーニ スイスメイド/ジョルジオ アルマーニ ジャパン)、その他はスタイリスト私物


  • カシミヤ特有の滑らかな風合いを残しながら、伸縮性を加味したファブリックを採用。伸びてもすぐに戻るキックバック力があるので、長時間着てもヒジやヒザにシワがつきにくい


[INQUIRY]


ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070





Z ZEGNA

次世代型のフランネルは
上質ながらイージーケア。


着心地と見た目の両面で、温かみをもたらしてくれるフランネルスーツ。これをかつてないほど軽やかな着心地に仕上げたのが、"テック メリノ"という高機能素材で仕立てた〈ジー ゼニア〉の新作。メリノウールに特殊な仕上げを施したこの素材は、保温性とともに通気性の高さも自慢。さらりとした肌触りを保ちながら、ウエア内の温度を一定に保つ効果も期待できる。しかも付属の洗濯用ケースを使えば、自宅の洗濯機で洗えてしまう。メンテナンスが楽な点は、出張続きの多忙な男には嬉しい限り。

イタリアのスーツらしいゆるやかなショルダーラインを描きながらも、肩山をキリッとさせたシルエット。"テック メリノ"素材は軽快で耐久性が高く、伸縮性もある。旅の相棒には欠かせないスーツといえそうだ。スーツ19万9000円、ニット6万2000円(以上ジー ゼニア/ゼニア カスタマーサービス)、トランク14万9000円、上に置いたバッグ46万円、サングラス4万1000円(以上エルメネジルド ゼニア/ゼニア カスタマーサービス)


  • 洗濯専用ケースに入れて30℃以下の水を使えば、品質を損なうことなく汚れをさっぱり洗い流せる。洗濯後は、そのままでも着られるが、軽くアイロンをかけることも可能だ


[INQUIRY]


ゼニア カスタマーサービス 03-5114-5300





BRIONI

肩の力を抜いて着こなせる
ジャージ素材の柔らかスーツ。


品格を保ちながらも、とびきりリラックスして見えるグレースーツの着こなし。その秘密は、動きを妨げないウールジャージ素材にある。しかも、その仕立ては〈ブリオーニ〉のハンドテーラーリングを駆使し、軽やかな着心地に。だから、スーツであることが嘘のように気楽に着られる。ここまで柔らかい素材を使って構築的なシルエットを描けるのは、仕立て技術が高い証といえるだろう。こんなスーツなら、オフタイムの街歩きでも着てみたくなるというもの。襟を立てて颯爽と歩く姿は街の風景にもなる。

ブランドを代表するスーツをベースに、ラぺル幅を少し広くしゴージ位置を低く設定。エレガントで落ち着いた雰囲気を作り出した。シルエットはゆったりめ。大人の余裕あふれる姿を描き出す。ジャケット28万円、パンツ14万8000円、スウェットシャツ14万8000円、中に着たニットTシャツ6万円、ブーツ参考商品、手に持ったコート42万円(以上ブリオーニ/ブリオーニ ジャパン)、その他はスタイリスト私物


  • ウールジャージ自体はやや厚手で肌触りも柔らか。背抜きにすることでジャージ素材特有の軽やかな着用感を高め た。美しいシルエットには、前身頃の裏側に施した見返しも貢献


[INQUIRY]


ブリオーニ ジャパン 03-6264-6422





DUNHILL

多忙な出張中も精悍さを
保てるモヘア混スーツ。


どんなに美しいスーツを着ていても、シワが寄っていたら魅力は半減。また、これからの季節は、寒さに弱いスーツではビジネスマンの戦力としては頼りない。その点、この〈ダンヒル〉の1着はひと味違う。ウールにモヘアを混紡したボディは、軽量ながらカラダがじんわり温まるのが特徴。しかも、生地自体にしっかりとした張りがあるので、見苦しいシワに悩まされることもない。出張用のスーツとしても申し分ないだろう。英国スーツらしい、シャープで大人好みのフォルムも好印象。きっと手離せなくなる。

少しナローなラペルからモダンな感覚が窺える。肩や胸まわりの立体的で構築的なシルエットは、〈ダンヒル〉らしい美点。カジュアルなシャツを合わせても都会的に見えるのは、そんなスーツの魅力があればこそ。スーツ44万円、ニットポロ7万8000円、ベルト3万2000円、ポケットチーフ1万5000円、手に持ったブルゾン20万円、バッグ29 万1000円(以上ダンヒル)、メガネ8万3000円(ダンヒル/デリーゴジャパン)


  • ウールモヘアは、張りとコシがあるだけでなく通気性が高い。ほどよいストレッチが効いている点も旅スーツとしてはありがたい。表面にはほんのり光沢があり高級感もたっぷり


[INQUIRY]


ダンヒル 03-4335-1755
デリーゴジャパン 03-6661-9266

写真=野口貴司 スタイリング=中川原 寛 ヘア& メイク=松本 恵 文=遠藤 匠 構成=大嶋慧子

2018-09-14