Safari Online

SEARCH

WATCHES ウォッチ

2018.09.22 PR

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉で手元から格上のオーラを放つ!
大人のオフに似合うのはレトロモダンな品格時計!

遊びを含め様々な経験を重ねた大人ほど、“クラシック”が持つ魅力に惹かれていくもの。つまり、物事の普遍的な価値がわかってくるということだけど、それは時計も然り。たとえば、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の新コレクション、“フィフティーシックス”を見て唸るとしたら、大人の証。レトロモダンな見た目で中身も確か。大人の楽しいひとときにも華を添えてくれるはずだ。

1956年の名作に着想を得た
“フィフティーシックス”!



1755年創業のスイス時計の名門である〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉。そんな泣く子も黙るマニュファクチュールから登場した新コレクションが”フィフティーシックス”だ。数字を表すこの名前の由来は、コレクションの発想のもとになった時計“リファレンス6073”が1956年に登場したことから。丸型ゴールドケースの3針時計だが、ブランドのシンボル“マルタ十字”の4枝をアレンジしたラグを備え、手巻きが主流の当時にマニュファクチュール初の自動巻きムーブメントを搭載。現在でもその独創性は高く評価されている。そして、この“フィフティーシックス”は、そんな“リファレンス6073”のスピリットやコード、’50年代の活気に満ちあふれた時代背景をも受け継ぐもの。クラシックを理解する大人には、まさにたまらないコレクションといえそうだ。 

NEXT SCENE 01

2/5PAGE

 

ヴィンテージカー好きは
時計も味な見た目にこだわる!


ヴィンテージカーの魅力を知る大人は、時計も当然機械式。人が丁寧に作り上げたもの、そしてその温もりある見た目はクルマも時計も変わらない。“フィフティーシックス”のデイ/デイトは時分秒針のほか3本の針がダイヤル上にある多針時計。クルマの計器と似た雰囲気があり、メカ好きにはたまらない。これをつけて、さっそくドライブへ。ステアリングに手を置いた瞬間、男のロマンに浸るひとときがやってくる。

ボア襟ジャケットを纏えば
まさにヴィンテージな気分が加速⁉


ボア襟レザージャケット59万5000円、Tシャツ4万4000円、デニムパンツ6万9000円、サングラス5万2000円(以上エルメネジルド ゼニア/ゼニア カスタマーサービス)

ドライブにはゆったりとできる着こなしが必須。だけど、クルマがそれなりなら、まわりから視線を浴びることも考えたい。ボア襟が男らしいジャケットはヴィンテージな雰囲気もあり、クルマとの相性もよし。そして、そんな着こなしをさりげなく格上げるのが“フィフティーシックス”。ケースがゴールドでもワル目立ちしないのは、レトロモダンなダイヤルとケースのおかげ。上品さも薫り立つ。

[ヴァシュロン・コンスタンタン
フィフティーシックス・デイ/デイト]
VACHERON CONSTANTIN
Fiftysix day-date

 

ケース径40㎜、自動巻き、SSケース、アリゲーターストラップ(フォールディングバックル付き)。
190万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン)

ケース径40㎜、自動巻き、18 K PGケース、18 K PGピンバックル付きアリゲーターストラップ。
355万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン)

 

ハンサム顔で魅せるのは
クラシカルなデイデイト表示!


3時位置に日付、6時位置にパワーリザーブ、9時位置に曜日を表示。多針を備えたメカニカルな見た目は男心をくすぐる。日差しにキラキラと輝くアプライトインデックスと時分針は18 K PG、SSケースモデルはWG製。精緻を極めた美しい仕上げにもうっとりするはず。 

NEXT SCENE 02

3/5PAGE

 

アナログ感覚が新鮮だから
週末はレコードショップへ!


“フィフティーシックス”の名前のもとになった1956年は、まさにモダンジャズが隆盛を極めたとき。様々な才能が開花し、音楽好きはレコードを聴きまくった。そんな熱狂を感じるのはレコードを手に取る週末。手元には“フィフティーシックス”のオートマティックをチョイス。シンプルな3針時計に見えるが飾らない見た目と中身には、〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の変わることのない時計作りへの情熱が詰まっている。

週末のリラックスタイムは
上質なニットで大人の余裕を楽しむ


襟付きニットシャツ12万円、デニムシャツ4万6000円、タートルネックニット5万9000円、デニムパンツ4万1000円、サングラス6万円(以上ダンヒル)

秋はニットの季節。そのソフトな印象は、ゆったりと過ごしたい大人の週末に寄り添ってくれる。ゴールドケースの時計も大人の余裕を醸し出すアイテム。しかも“フィフティーシックス”オートマティックは、デザインを主張しすぎない奥ゆかしさがある。品格の点はほかを凌ぐ。

エレガントな時計があれば
なにげない所作も美しい!



レコードに針を落とす瞬間さえエレガントに見えるのは、手元の時計のせいかも。リュウズがケースの窪みに収まっているから見た目にすっきり。さらに2つの仕上げを使い分けてある文字盤により、無彩色のグレーの表情も豊かに見える。都会的で落ち着いた佇まいは“フィフティーシックス”ならではの美点だ。

[ヴァシュロン・コンスタンタン
フィフティーシックス・セルフワインディング]
VACHERON CONSTANTIN
Fiftysix self-winding

 

ケース径40㎜、自動巻き、18 K PGケース、18 K PGピンバックル付きアリゲーターストラップ。
213万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン)

ケース径40㎜、自動巻き、SSケース、フォールディングバックル付きアリゲーターストラップ。
128万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン)

 

緻密な技巧の合わせ技により
3針時計も表情豊かで見飽きない!


文字盤中央は上品な乳白色が美しいオパーリン仕上げ、外周はサンバースト加工を施しメリハリ感で魅せる“フィフティーシックス”。SSケースモデルのアプライトインデックスと針はWG製。細部に高級感が宿る。

A:三角形のデザインが見えるラグ部分。これはマルタ十字の4枝から着想を得てあしらわれたもの。“リファレンス6073”から受け継ぐデザインだ B:オパーリン仕上げの文字盤は外側にサンバースト加工を施し表情豊かに C:フラットなボックス型サファイヤクリスタル風防はレトロな雰囲気たっぷり D:3針モデルには新ムーブメントを導入。ケースバックから見えるのは22 Kゴールド製ローター。中央にあるマルタ十字が誇らしい 

NEXT SCENE 03

4/5PAGE

プレイに没頭する週末は
複雑時計で身も心も引き締める!


レコード店に立ち寄った後は自慢のギターを背にスタジオへ。試聴したジャズに刺激を受けて、今度は自分がプレイする番だ。選んだ時計は“フィフティーシックス”のコンプリートカレンダー。ここ一番の日につけると気分が上がる。こちらもシンプルだけど中身は複雑時計。月齢がわかるムーンフェーズは、ひと目でロマンチックな時計好きとわかるディテール。122年に一度の修正で済むという高精度を知れば、ますます手放せない。 

カバーオールも上質ニットなら
カジュアルな中に品格が漂う!


ニットのカバーオール31万円、ケーブル編みクルーネックニット13万円、5ポケットパンツ5万8000円(以上マロ/三崎商事)、その他はスタイリスト私物

たとえ気の置けない音楽仲間と会うときでも、着こなしに気を抜かないのは大人の流儀。普段どおりの上質なカジュアルで臨みたい。カバーオールはワークウエアの代表格。でも素材が上質なニットになると話は別。大人の休日にふさわしい羽織りものになる。茶系ならゴールドの時計とも馴染みがよく、シックな大人の魅力にあふれる。

[ヴァシュロン・コンスタンタン
フィフティーシックス・コンプリートカレンダー]
VACHERON CONSTANTIN
Fiftysix complete calendar


見どころはコンプリートカレンダーを
シンプルにまとめたデザインの妙!


ブルーの夜空に浮かぶのは18 Kゴールド製の月。そんなムーンフェーズを主役に、12時位置には曜日と月を表示する四角い小窓があしらわれる。日付はゴールド製のセンター針による指針式を採用。外周にあるアラビア数字を指し、視認性も良好だ。
ケース径40㎜、自動巻き、18 K PGケース、18 K PGピンバックル付きアリゲーターストラップ。
391万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン) 

NEXT SCENE 04

5/5PAGE

都会の夜にふさわしいのは
一目置かれる洗練グレー時計!


1日の疲れを癒すのはお気に入りのミュージックバー。大型スピーカーで、浴びるように大音量を楽しむ。これもまた楽しいひとときだ。“フィフティーシックス”のコンプリートカレンダーにはグレーの文字盤もありストラップもダークグレー。定番のグレージャケットに合わせるならこのタイプ。バーの落ち着いた雰囲気にこのペアリングがマッチする。都会の夜を楽しむとき、やはりモノトーンの時計は欠かせない。

遊びのセットアップは
ソフトな素材使いで快適に!


ジャケット28万円、タートルネックニット10万6000円、パンツ14万8000円(以上ブリオーニ/ブリオーニ ジャパン)、その他はスタイリスト私物

クラシックなデザインの時計でも、色がグレーなら都会的な着こなしにぴったり。モダンさと落ち着いた雰囲気の両得ができ、夜のバーにもすんなり馴染む。そんな時計に合わせたジャケットは、実は素材がストレッチ。だから頬杖をついてもストレスはナシ。お堅い印象があるセットアップでも素材がソフトであればリラックスできる。

[ヴァシュロン・コンスタンタン
フィフティーシックス・コンプリートカレンダー]
VACHERON CONSTANTIN
Fiftysix complete calendar



ケース径40㎜、自動巻き、SSケース、フォールディングバックル付きアリゲーターストラップ。
250万円(以上ヴァシュロン・コンスタンタン)

〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉の
新広告キャンペーンがスタート!

創業当時より伝統と理念を守り続けながら、常に探究心と情熱を持ち、前進し続けてきた〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉。そんなスイスの名門時計ブランドが、9月に新たな広告イメージを発表した。


“ONE OF NOT MANY”(少数精鋭の一員)をテーマに掲げたこのキャンペーン。そこでは、世界的なアーティストとのコラボレーションを実現している。で、今回ご紹介した時計“フィフティーシックス”とコラボレーションしたのは、ミュージシャンのベンジャミン・クレメンタイン。幼少期の複雑な生い立ちを経て独学でクラシックを学んだ彼は、近年稀に見る独創的なアーティスト。さらにこのキャンペーンでは、“パトリモニー”のコレクションをまとったフランスのデザイナー、オラ・イト、そして“オーバーシーズ”と価値観を共有するベテラン写真家であり冒険家のコーリー・リチャーズともコラボを実現。3者3様、革新と独創性に満ちあふれた若きアーティストとのコラボレーション。今後の〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉から目が離せない!

Information

●ヴァシュロン・コンスタンタン
TEL:0120-63-1755

SHOP LIST
●ゼニア カスタマーサービス
TEL:03-5114-5300

●ダンヒル
TEL:03-4335-1755

●ブリオーニ ジャパン
TEL:03-6264-6422

●三崎商事
TEL:03-5775-1211

雑誌『Safari』11月号 P124-129掲載

※サイト内で紹介している商品はすべて税抜き価格です。

写真=大嶽恵一、仲山宏樹 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=松本 恵
photo : Keiichi Ohtake, Hiroki Nakayama(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) hair&make-up : Megumi Matsumoto(es*QUISSE)
卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す
PR
2018.11.30

卓越した匠の技で魅せる〈カンパノラ〉
たとえビジネスシーンでも手元には天空への夢を宿す

時計は時刻を知る道具というだけでなく、その人のスタイルを語るもの。多忙な日々の中、ふと手元を見るだけで宇宙への憧れを喚起させる。“時を愉しむ”をテーマに作られた〈カンパノラ〉は、そんな幸福な瞬間をもたらしてくれる。まさに、そこには自分だけ…

TAGS:   Watches
〈フレデリック・コンスタント〉美しいダイヤルに遊び心と品格あり
PR
2018.11.30

〈フレデリック・コンスタント〉
美しいダイヤルに遊び心と品格あり

ビジネスでのドレスコードが変わりつつある今、時計もそれに合わせて選択肢が広がってきている。そこでおすすめしたいのが〈フレデリック・コンスタント〉の“クラシック カレ オートマチック ハートビート”。シックな中にもモダニティ薫る、新しい時計…

TAGS:   Watches
アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!
PR
2018.11.24

アクティブな週末に似合う〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
ダウンがショート丈なら 冬のカジュアルも軽やか!

寒さをしのぐためにいろいろ着こんでしまい、装い印象がもっさりしがちなこの季節。でも、ご心配なく。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作アウターなら、そんなリスクをお洒落に回避できる。ブルゾン感覚の短丈なので、ルックスに加えて身も心も…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!
PR
2018.11.24

〈ヴァンズ〉の新作でこなれた週末スタイルを!
ロゴスウェットがあればいつでも西海岸気分!

海風やビル風が寒くなると、アウターが手放せない。だからといって、インナーで手を抜くのはいただけない。真冬でもアウターを脱ぐシーンは多いし、インナーでアウターのよさを引き出すこともできる。そんなとき頼りになるのが、〈ヴァンズ〉のロゴスウェッ…

TAGS:   Fashion
Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!
PR
2018.11.24

Moto GPレーサー中上貴晶さんの日常を支える〈ブライトリング〉の1本!
一流アスリートは休日でも時計選びに妥協なし!

二輪ロードレースの最高峰のMoto GPに昇格を果たし、世界各国を転戦している中上貴晶さん。名実ともにトップライダーの仲間入りを果たした彼の手元には、ずっと憧れを抱き続けてきた〈ブライトリング〉の腕時計が輝く。この大人の風格と格式あるタイ…

TAGS:   Watches Sports
手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!
PR
2018.11.24

手元で存在感を発揮する〈エドックス〉の海時計!
骨太なダイバーズで冬のカジュアルを男っぽく!

これからの季節は、どうしてもアウターのボリューム感が増してくるので、端正な時計はバランスが悪い。海を愛する大人なら、こんなときこそケースが大きくて骨太なダイバーズを選びたい。〈エドックス〉の“クロノオフショア1”なら、手元のインパクトも絶…

TAGS:   Watches
西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!
PR
2018.11.24

西海岸生まれの〈リカルド・ビバリーヒルズ〉が日本初上陸!
アクティブな男の旅の相棒はタフで軽快なラゲッジ!

気の向くままに世界を旅する男は好奇心が強く、行動的。だから、ラゲッジだってタフでなければ相棒役は務まらない。必要なのは、〈リカルド・ビバリーヒルズ〉のトロリーバッグのような質実剛健さと高級感、旅慣れた大人も納得の機能性。旅先の景色にすっと…

TAGS:   Fashion
〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!
PR
2018.11.24

〈アトランティックスターズ〉の日本限定でさりげにお目立ち!?
パーティ気分も盛り上がるメタリックなスゴいヤツ!

年末年始はイベントが目白押しだが、気心の知れた仲間内のパーティだったら肩肘の張らない着こなしで臨みたいもの。たとえばジャケットスタイルでも、Tシャツやデニムを合わせる程度がちょうどいい。そこにパーティらしさをプラスするなら、〈アトランティ…

TAGS:   Fashion
カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!大人のペアアクセはさりげな色違いで!
PR
2018.11.24

カップルコーデの仕上げにぴったりな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
大人のペアアクセはさりげな色違いで!

女性がもらって嬉しいプレゼントといえば、“日常使いもできるアクセ"という声が圧倒的。でも、せっかくならお揃いのアクセを身につけて2人の絆を深めたい。そんな思いを持っている人も多いはず。だったら、〈シンパシー・オブ・ソウル〉のペアアクセがい…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ